50代、ファッションイメージを確立することとは?


ファッションはあなたが何者であるかを語ることができる

50代からのファッションを考えた場合、オフタイムでは自分本位な着こなしもさることながら、オンタイムでは自分のポジションを自覚すべきだ。

皆、様々なポジションに就いている。経営者、士業、医師、幹部社員、個人事業主。あなたのことを相手に伝えるためにはイメージを明確にしておいた方がいい。

あなたの持ちたいイメージをファッションを通して具現化する。例えば、若い女性にモテたい。もっと事業を拡大したい。そんなことでも構わない。

ファッションを用いて自己イメージを浸透させた例として、ユーグレナの出雲充社長がいる。常に緑色のネクタイで、ユーグレナのイメージをそのままを体現し、アピールした。


50代のファッションにジャケットは必要不可欠だ

私の場合、オーセンティックなスタイルの中にも爽やかを加えたい。だから好んで使う色は青、ブルー系だ。ネイビーではなく青色である。

言っておくがパーソナルカラー診断で決めたわけではない。長い間のファッション経験を通じての積み重ねから生まれたものだ。

スタイルは「スマートカジュアル」と言われるカテゴリーに属する装い。これも色と同じで結果としてこうなった。

余談だが、スマートカジュアルとはドレスコートの一つで、簡単に言うとジャケット+パンツのジャケパンスタイルのことである。

50代ならばジャケットは必要不可欠なアイテム。ブルゾン、コート、カーディガンなどの羽織物はカジュアルな場面には向いているが、ちょっとした宴席やパーティには向かない。ジャケットは何着か揃えておきたい。

経営者はこう。士業の人はスーツ。あなたのいるポジションから一般的にイメージされるファッションが絶対とは限らない。

あえて言えば、士業の人がジャケパンスタイルでもいいのである。でも、一回きりではダメだ。継続することであなたのイメージが相手に明確に伝わる。ここが大事である。先程の出雲社長がそうであるように。

ファッションイメージがてきたらブレずに継続すること

間違っても、おしゃれをするのだからと言って、あれもこれもと手を出してしまうのは厳禁。

世の中にはたくさんの物が溢れかえっている。さあファッショナブルになろうと、ブランド物に走る人もいるだろう。

ブランド物は分かりやすい。持っていることでステイタスを感じることができる。というのは遥かに昔のことだが。

本人的にはブランド物を持つことで他人に対して何かをアピールしたいと考えているらしい。だが、今は高校生でもブランド物を持つ時代。ブランド物を持っていても必ずしもステイタスの表現にはならない。言うなら自己満足でしかない。

自己満足に陥っていては先に進めない。問題は考え方が逆なのだ。物ありきではなく、自分が抱いているイメージをどうファッションで表現するかだ。

ファッションイメージができたら、ブレることなく継続である。続けることによって、あなたが何者であるかを明確に相手の脳裏に焼き付けられるのだ。

50代、中年太りを克服するファッションはあるのか?


50代のファッションは何処で何を買うがを考えること

50代中年から壮年と言われる世代は、体に脂肪が付いて太ってしまうことが多い。側から見てみっともいい体型とは言えない。おしなべて内蔵脂肪が付いたメタボ体型になっている。

こんな体型の人がどうしたらおしゃれに格好良く服を着こなせるのか。これも以前から言っている通り、まずは購入するショップを選ぶことから始めよう。

中年太りの人でもサイズが合うショップは少ない。XL以上の専門店もあるがそこにはおしゃれなアイテムというより、サイズを合わせることが優先されることが多い。


インポート物には大きなサイズがある

では、おしゃれで格好いい着こなしに対応しているものは何なのか?

ボトムスではテーパードラインのものをお勧めしたい。腰回りにゆとりのあるタック入り。これは出ているウエスト周りを少しでもカバーするためにいい。

比較的インポート物はサイズが大きいことがある。すべてがそうとは限らないが、LLやXLに対応している。

ボトムスなどはサイズがブランドによって様々である。同じウエスト50サイズでも履けるものと履けないブランドがあるし、形によっても大きさが違うものもある。

だから、同じブランドのアイテムでも試着することが肝心だ。同じタイプの大きさが同じ形も同じで、のせている生地が違うだけで履き心地は違ってくる。

上に挙げたサイズ50は、ボトムスのイタリアサイズ表記。50だと日本でのサイズではLサイズで腹囲が約90センチ。52ではXL、約94センチである。

詳細はこちらのサイズ表が役立つ。

また、セレクトショップの中で比較的大きなサイズが充実しているのはユナイテッドアローズ。サイズ54までカバーしているアイテムもある。頼りになる。


トップスはどうやって合わせたらいいのか。

トップスのシャツは腹囲と首回りに注意する。腹囲は座った時にボタンが外れそうにならないものを選ぶ。ネクタイを締めないのであれば、首回り、ネックは閉まらなくてもいい。腹囲を中心に選ぶことだ。

今は伸縮性のあるニットシャツが出ている。場面によってこんなものを活用するのも手だ。

Tシャツはピッタリだと出っ張った腹が目立つ。例外としてTシャツだけは少しゆとりのあるものにした方が良い。   

スーツやジャケットである。大き過ぎても見映えが悪いし、ピタピタだも太さを強調し過ぎる。合わせ方は肩幅で合わせてみる。袖や着丈は長さを調整できる。

大体太っている人は前身頃が閉まらない。ここはこれで許そう。肩で合わせて、袖丈、着丈を調整するのがいい。 

袖丈や着丈が短い場合は長くするのが困難なので見送る。


無理してすべてを隠す必要はない

総じて言えるのは、太っていることをすべて隠すのではなく、端正な着こなしをする方がが格好良く、相手に好印象を持ってもられる。隠し過ぎると50代が目指す大人のファッションから遠ざかってしまう恐れがある。

ゆとりのある服を着れば、多少なりとも体の線は隠れる。しかし、50代の年齢を考えるとリラックスしたシルエットが逆にだらしなく見えてしまうこともある。

30代、40代ならいろいろなファッションを取り入れても格好がつく。しかし、50代からファッションを見直すにはブレないことも肝心なのだ。

窮屈に感じるかもしれないが、基本をマスターしなければ先に進めない。あっちもこっちと言っていては今までと変わらないファッションに陥るだけだ。

太ってしまったからダメだと諦めず、そうした自分をファッションでよく見せることに努めて欲しい。

50代、ファッション初心者にとって百貨店とは何か?


百貨店で服を買うこととは?

オフタイムの普段着からオンタイムのスーツまで多彩なアイテムが揃う百貨店は、50代の男性にとって利用価値があるのか?

ファッションに興味を持っている人とそうでなかった人とで、百貨店の価値はグンと違ってくる。

皆さんの中にも百貨店利用者はいるだろう。だが、50代になってから外見をどうにかしたいと思った人には、百貨店はハードルが高いと言わざるを得ない。

50代のファッション初心者ややり直し派は、百貨店での買い物には向かないと思ってもらっていい。百貨店での買い物はもっと後、女性に「おしゃれになったね」と言われるようになってからでも十分間に合う。

百貨店を批判しているわけではない。百貨店はとても面白い場所だ。ついつい衝動に駆られて買ってしまう。買わされてしまう。そんな誘惑と後悔が交錯している場所である。

松屋銀座

販売員は売ることのエキスパートである

男性の服、紳士服売り場には女性の販売員もいる。女性でも男性でも販売員は売ることのプロ、エキスパートなので、一旦捕まると買わなくてはいけないような雰囲気にさせられてしまい、逃げ出せなくなる。

たが、これは決して押し付けではない。一瞬でもあなたは納得して決めことだから。

こんなエキスパートがいるところに、満足に自分の服を選ぶことのできない、赤ん坊のようなあなたが太刀打ちできるはずがないのである。

GINZA SIX

百貨店の魅力(多くの商品) が初心者にはあだになっている

百貨というくらいモノが溢れている。もちろん百貨店の主力商品である服はいろんなブランドやメーカーが入っている。

たくさんの服があることで、初心者であるあなたは、どこから探していいのか、どこに目的のものがあるのかさえわからない。

ファミリーで買い物に来て、疲れ果てた男性をよく見かける。若い人もいるが、50代のあなたは休憩場所や止めた車の中で寝ているのがオチだ。

ブランド品を買いに行くという明確な目的があれば別だが、そうではなく自分に似合うパンツが欲しいと漠然と頭に浮かんだ物を求めるのは難しい。

どのブランドがどんな服を揃えているかもわからないあなたは困惑するだけだろう。
いい大人が広い百貨店の中で迷子になるのは恥ずかしいことだ。

西武池袋店

販売員のなかでおしゃれな人はいるのか?

多くの場合、販売員の着ている服は女性が百貨店の制服、男性はスーツである。これだと彼らの着こなしやセンスがわかりづらいからおしゃれ度が掴めない。

外見はその人となりを現す。百貨店の販売員の中におしゃれな人を見つけることは簡単ではない。

だから、安心して服を購入するのに不安がよぎるのだ。

例えば、制服やスーツでおしゃれ度が判断できなければ、その人の髪型や靴を見ればいい。頭のてっぺんから足元まで気を使っているかどうか。髪の毛がボサボサだったり、靴が汚れていたり、革が擦れていたりしたらアウトだ。おしゃれは細部に宿るのである。

日本橋高島屋

百貨店ではウインドウショッピングをするために利用する

少しでもファッションに接しておきたいと思うならば、百貨店のウィンドウショッピングが向いている。

それこそ様々な服を見ることで、良いものを見るが養われる。しかし、覚えておきたいことは、有名ブランドの服でも着ることに困難なものがあるという事実だ。

過剰なデザイン、カラーなどの奇抜な物は避けていく。残るのは一見あまりにも平凡で退屈なシンプルすぎる服。

これらが50代の大人が着る服である。50代が目指すのは何も目立つためのファッションではない。着心地がよくシンプルだけど、オーラを発するような服である。一旦袖を通すと着た人が格好良く見える服。そんな服を探すのだ。

ISETAN MEN’S

ファッションの総本山。日本初メンズオンリーの館を作った。ここに行けばすべてのファッションアイテムが揃との伝説がある。しかし、50代のファッション初心者には鬼門である。あまりにアイテム数が多すぎて迷子になる。まるで迷路みたいだ。

阪急MENS TOKYO

西からやってきた黒船。瞬く間に銀座の顔となった。ISETAN MENSと双璧を成す存在に。ここもISETAN MENSと同様、迷子率が高い。どちらが好きかは好みの分かれるところ。

西武そごう

その昔、西武百貨店はファッションをリードしていた。今もその名残はあるが、高級ブランドが主である。上記の二つよりも見応えに欠ける。

高島屋

本体の百貨店はお上手を言ってもセンスがいいとは言えない。ここの魅力はショッピングセンターにある。ここでは触れない。たぶん典型的な百貨店の姿なのだろう。

松屋銀座

隣のGINZA SIXの客足の流れに乗った感がある。松屋の存在は催し物だ。恒例のメンズ祭「男市」が有名である。

松坂屋

GINZA SIXの成功で百貨店を卒業した感がある。もちろん地元名古屋では百貨店としてまだまだ健在だ。

50代、ファッション以外にもエチケットを気にすべし。

50代にもなると加齢からくる様々なことが起こる。肉体的に衰えて来るわけだからしようがないことだが、他人に迷惑のかかるようなことは避けたい。

50代だから気をつけたい体の匂い

例えば体臭。お食事前ではないならば、香水の一吹きくらいしてもいいと思う。というよりももっと積極的に香水を活用してはいかがだろうか。

ここで間違って、芳香消臭スプレーをつけてはいけない。あの匂いはとても刺激が強く相手を不快な気分にさせてしまう可能性がある。

匂いと香りの区別をしておく。また、香水でも甘ったるい香りのものは避けたほうがいい。あなたが好きでも一般的には受け入れる幅が狭くなるからである。

香水を体に付ける場所は諸説があるけれど、私の場合は片方の手の甲や二の腕に軽く一吹きだけである。付けた香水を反対側の手に移すように付ける。ただそれだけ。

自分の肌に合った商品を選ぶ

香水を付けるには体がきれいなことが前提である。結構デリケートな皮膚らしく、いろいろなボディソープを試ししてみたが、カサカサになったり、ヒリヒリしたりとなかなか選ぶのに苦労した。

今は「ミューズメン」というかなりコスパの良いボディソープに巡り合った。たぶん今TVコマーシャルが放映されているはずだ。泡立ちはそんなでもないが、メンズのボディソープにしては洗い上がりがしっとりしている。皮膚が弱い人は試してみる価値はあると思う。

第一印象は顔で判断される

次に気になるエチケットは顔周り。口臭、テカリ、伸びた鼻毛。口臭を防ぐには歯磨きだけでなく、歯の間の汚れを取るための糸ようじや歯間ブラシを使うことである。結構歯の間には食べかすがあり、嫌な臭いを発していることがあるから注意しよう。

顔のテカリは男性の悩みでもある。女性に比べて皮脂が多く出るからケアしておきたい。私もいろいろなメーカーのものを試したが、決定打はない。こればかりはまめに顔を洗うか拭く以外ないらしい。だからと言って、顔のケアを怠ってはいけない。

毎日の洗顔。肌がカサつく人は保湿化粧水などを使う。それでもだめなら保湿ジェルやクリームなどがある。

クラランスの保湿ジェル


歳を重ねても心も体も若々しくありたい

アンチエイジングと話題になっているそうだが、歳を重ねていても若々しくいられるのは良いことだと思う。

それは肉体的なことだけでなく、心も元気な方がいい。ファッションは少なからず気持ちを若返らせる力がある。  

ただアンチエイジングに囚われすぎるのは気をつけたい。若返ればすべてが解決するわけではないからだ。アンチエイジングは一つの方法だと思って取り入れたほうがいい。

男性でもムダ毛処理はしていきたい

夏になると女性たちはムダ毛が気になるらしい。広告を見ればわかる。ほとんどの女性はムダ毛の処理をしていると思われる。

対して男性はどうか。少しずつ浸透してきてはいるが、私の回りてはあまり聞かない。しかし、パナソニックが発売した男性用のムダ毛処理トリマーは発売当初品切れ店が続出したとか。

さて、男性が気をつけるべき体毛は実は鼻毛である。どんな美男子でも鼻毛が伸びていたら一発でアウトだ。洗顔の後にちょっと鼻をホの覗くだけでいい。どうだろう。伸びていれば切る。

という私も購入してしまった。なにせ足元の体毛が濃いのでショートパンツを履くのに抵抗があった。この商品の評価は別として、時代が変わった子だなと思った。

こちらもいいアイテムが出ている。電動シェーバーのような鼻毛専用のものがある。これと専用のハサミがあれば鼻毛のグルーミングは完璧だ。

エチケットの話をまとめてみた。気づいている人もそうでない人も、今一度自分の年齢を考えて恥ずかしくない外見に整えてほしい。


加齢臭に気をつける。


フレグランスの活用。


歯磨き、糸ようじ、歯間ブラシの使用。


洗顔後の肌のケア。


アンチエイジングについて。


体毛、鼻毛の処理。

これらは最低限のエチケット。ファッションを考えると同じくらい大切なことである。自分を労りながら後の年数を積極的に過ごす。ファッションは生活の一部と思って取り組むと楽しさが湧いてくる。
たかが服、されど服。

50代男性の9割がファッションを間違えている

50代男性、現実を知ることを避けてはいけない

このタイトルの裏を返せば、50代男性のたった1割の人だけがまともなファッションでいるということだ。

ほとんどの人がファッションを勘違いし、間違ったり、変だったり、ダサかったりする。

何でこんなことになってしまったのか?理由は簡単だ。ファッションについて何も習っていないからである。

教えてもらっていないのだから、皆が自分勝手、または独学で得た「こうだろうなあ」「ああだろうな」という感覚だけで、服を選んだり、着こなしたりしている。

学ぶための雑誌や今ではネットでも方法はたくさんあると思う。

間違いだらけのファッションになってしまうのはなぜか?

しかし、前にも書いたが基本が出来ていない、基礎的な知識がないからなのだ。

基本的なファッションの知識。選ぶアイテムや着こなしのコツを覚えれば間違うことはない。
至ってシンプルなことである。間違いを修正すればいいのだから。

趣味嗜好をどう取り入れるのか?

ファッションの基礎を築くならば、嗜好や趣味を考えてはいけない。極論すると、個人的な好き嫌いを言っている場合ではない。

それが出来るようになるのはもっと後。まずは9割の中から抜け出すことを優先すべきだ。他人から「おしゃれですね」と言われるようになってからでも決して遅くはない。

まずは基本的なアイテムを手に入れ、組み合わせ(コーディネート)を考える。これもある規則を覚えれば簡単だ。ほとんどコーディネートで悩むことはなくなる。

反論が出そうである。そんな画一的なファッションだと没個性で、似通ったものにならないか?

なるかもしれない。でもその着こなしがおしゃれなならば、ここは目をつぶってもいい。第一義は、間違った9割のファッションから抜け出し、あなたがセンス良くおしゃれになることである。

どのような方法で9割の間違ったファッションから抜け出せばいいのか?

まず買う場所を変えるだけで、大人のおしゃれへの一歩を踏み出せることができる。
皆さんにはあまり馴染みがないかもしれないが、50代が買うべき店は「セレクトショップ」である。「セレクト」という名が付いているだけに簡単に言うと「選ばれたもの」を集めた洋服屋と思っていただければいい。

このセレクトショップを利用することによって「余分なもの」「変なもの」を買う機会がぐんと少なくなる。それが最大のメリットだ。

代表的なセレクトショップは下記の通りである。

ビームス(BEAMS)

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

トゥモローランド(TOMORROW LAND)

シップス(SHIPS)

エストネーション(ESTNATION)

バーニーズニューヨーク(Barneys Newyork)

このあたりを押さえておくといい。50代の男性が着ても変にならないファッションと出会うことができる。

ただこれらのセレクトショップは価格面では既存のスーツ専門店やカジュアル衣料量販店には敵わない。品質は心配ないが、価格は高いのだ。

一式セレクトショップで揃えるのが難しければ、もう少し価格の低い店で購入すればいい。

セレクトショップ以外でもリーズナブルなアイテムは揃う

例えばシャツ。セレクトショップのオリジナルは1万円前後するが、鎌倉シャツならば税込7,452円ネクタイは6,372円だ。パンツはナノユニバースで1万円以下で購入できる。

探せば何とかなるものだ。50代だから全身ユニクロじゃちょっと寂しいし、逆にブランド物だけだと成金趣味的で痛い。

間違えないファッションを手に入れるために、まずは購入するお店を見直すことから始めてはいかがだろうか。

そして、なぜ百貨店をおすすめしないのか、その理由。セレクトショップ攻略法などは後日ブログをアップする。期待していただきたい。

まとめ

50代男性の9割が間違ったファッションをしている。

間違った9割から脱出するにはファッションの基本を学ぶこと。

50代はセレクトショップを最大限利用する。

探せばセレクトショップ以外にも優良店はある。

見逃しがちなパンツの選び方5つのルールとは?


大人のパンツは「テーパードライン」で。


前回のブログではシャツの5つのポイントを紹介した。シャツの次はボトムス(パンツ)選びである。結構見落としてしまうこのアイテム。パンツに凝っている人はいるだろうか?


例えばジーンズ。ジーンズ通な人はたくさんいる。しかし、ジーンズ以外のパンツにも詳しい人はあまり見かけない。


ジーンズの他にウールパンツ、コットンパンツの計3種類を使いこなせれば、パンツの着こなしは完璧になる。


いろんな形がある中で、私が推奨しているのが「テーパードライン」のパンツだ。「テーパード」と言っても聞き慣れない人もいるだろう。
シルエットは腰周り、太ももあたりはさほど細くなく、膝下から足首にかけて細くなっいるものをいう。


俗に「美脚パンツ」とも言われている。一見スキニーと間違いやすいが、腰回りはわりとゆったりしていて、ウエストの大きなわれわれでも頼れる形だ。


パンツを購入する時、「テーパードタイプ」と言えば販売員はわかってくれる(わからない販売員のいる店では購入しないことが前提である)。


多様化するジーンズ。どれを選ぶか。

50代になってもジーンズを履いている人もいる。少し前なら歳をとるとジーンズを履かなくなっていた。今は当たり前に履いている(ユニクロの影響が大きいか)。


しかし、それでもジーンズアレルギーのある人もいるだろう。そんな人もこの機会だからこそチャレンジして欲しい。


ジーンズはただ履ければいいというものではない。ブランド、メーカーによって用いるデニム生地、形は様々である。


選ぶものさえ間違わなければジーンズの着こなしは超簡単だ。われわれは若くはないので、ダボダボのシルエットやスキニー(超ピタピタ)、または極端なダメージのあるものは似合わない。これを履くのは30代までだ。


50代が履くパンツは清潔感や上品さがあった方がいい。ジーンズでもテーパードラインのものを選ぶべきだ。

リジットデニムは上品さが漂う。


クールビズの主役はウールパン

ウールパンツは役に立つ。スーツのボトムスと同じような作りをしている。言い方を変えるとスーツから独立したパンツとも言えるだろう。


だからシャツにウールパンツだけでもオンタイムの装いは成り得る。オンタイムでのクールビズでは、上着を脱いでシャツ+パンツの場合、ウールパンツが相応しい。


ウールパンツの基本的な色味はグレーで決まりだ。グレーの濃淡で使い分けると何パターンも活かせる。グレーのウールパンツはビジネスシーンでは最強である。


最近ではピップ周りをゆったりさせたタック入りパンツや腰回りにアジャスターが付いたものまでありバリエーションが増えている。

チャコールグレーのウールパンツ。オンタイムには欠かせないアイテムだ。


軽快さを出すならばコットンパンツ

カジュアルコーディネートの中で欠かすことのできないのがコットンパンツ。


ウールパンツと違い、白、ベージュ、カーキ、茶などの色味があり、使い分けることができる。


ウールパンツとジーンズの中間に位置するカジュアルさが特徴である。


カジュアルと言っても、センタープリーツ(クリース)の入ったパンツならドレッシー装いに仕上げることができる。

こんな色のパンツを合わせられたらおしゃれ度アップ。

夏の王者、白パンツを手に入れよう!

白パンツ。50代が履くには抵抗感がある人もいると思う。未だかつて白いパンツを履いたことのない人は恥ずかしかったり、こそばゆく感じてしまうだろう。

でもここは勇気を持ってトライして欲しい。
この白パンツのコーディネートをマスターすれば、夏パンツの基本コーディネートの半分は抑えたことになる。今からでも遅くない。

早速手に入れて白パンツを履きこなしてみよう。

きれいめの白パンツは夏の定番。


まとめ

パンツの形はテーパードラインが最適。


ジーンズ、ウールパンツ、コットンパンツの3種類を履き分ける。


白パンツは夏の定番と言っていい。


クールビズはウールパンツで決める。


コットンパンツはクリース入りを選ぶ。


追記

ボトムスについてはしょりながら説明してみた。細かいこと(パンツの裾丈の長さ、裾上げの仕方など)をいうとまだまだ書き足りない部分もある。


しかし、基本的なパンツの選び方は書いたつもりだ。あとは皆さんがお店に行って、試着してみることである。


テーパードのパンツを履いた時に違和感を感じるかもしれない。当然のことだ。今まで履いたことのないシルエットのパンツなのだから。


この変な感じを通り越すと、鏡に映った自分の脚が長くてきれいに見えてくるから不思議だ。こういった感覚を大切にして欲しい。


もうこの時点であなたは一歩おしゃれの階段を上がっている。粋なオヤジを目指すにはこうして一歩一歩の積み重ねが大切なのだ。


嫌がらずに基本を身につけていこう!

50代ファッションのゴールは、男性から「おしゃれだなぁ」と褒められることである



男性ファッションについて、女性は軽い気持ちで「おしゃれね」と言う。

タイトルに誤った表記があると思った人がいるのでは?  

「同性」ではなく「女性」からおしゃれと褒められることの間違いではないかと。

普通、女性に「おしゃれだ」と褒められることが男性にとって嬉しいはず。

でも違うのだ。女性は度々嘘をつく。嘘ということ語弊があるかもしれないが、お上手を言う。本音を隠す。

本音で言ってないのだから、その気になってはいけない。女性の言葉には注意が必要である。下手に煽てられて勘違いすることのないように。

よくある話に、洋服売り場の女性スタッフから「お似合いですね」と言われて、わからないまま洋服を買ってしまったというな経験のある人もいるだろう。

少なからず販売スタッフは、嘘でもお上手でも言って売れれば勝ちなのである。
またにそうではない信頼できる販売員もいるにはいるけど…。

女性はあなたのファッションが「変」とは言わない


おしゃれな女性、おしゃれがわかる女性は相手に向かって「おしゃれ」だとは言わない。暗黙の了解でお互いにわかるからだ。

逆に誰もあなたのファッションが「変です」とも言ってくれない。ほとんどの女性はこんな酷いことを口に出して言わない。言ったら自分がどんなふうに思われるか知っている。

優しい人でありたいから、つい「おしゃれですね」と褒めてしまう。

こんな不毛なやり取りから解放されるには本当におしゃれになるしかないのである。


おしゃれ度は同性からの褒め言葉で決まる

では、なぜ同性(男性)からの褒め言葉が出ることを目指すのか。

男性はお上手を言い難い。根が正直なので、ついおしゃれな人を見ると、「おしゃれですね」と口に出てしまう。それほど正直なのだ。

だから、正直な人の言うことは信じた方がいい。

自分の方から「俺のファッションどうかな?」と質問してみればいい。きっと的確な答えが返ってくるだろう。
「ダサあね」と。
ということで、われわれが目指すゴールは、正直な同性(男性)からおしゃれと褒められることである。


50代ファッション改造計画は慌てず焦らず


30代40代のファッションは、洋服をビジネスのツールとして戦略的に使う必要性があった。端正に外見を整えて相手に好印象を与えることだった。


しかし、50代のファッションは違う。軸足を少しプライベートファッションの側にシフトしていこう。


バリバリ仕事をしてきた実感のある人も、まだまだこれからだという人もプライベートを充実させるためにもファッションに気を使って欲しい。


どこで買ったか記憶のない服や何年も着ていない服を処分して、新たにワードローブを作る。
ケチって手持ちの服との着まわしなどを考えてはいけない。いくら頑張ってもおしゃれな着こなしにはならないので、無駄な努力はしないことだ。


手持ちのスーツは何着かあるけれど。


もし気にいるスーツがなければ、一着だけ新調してみるといい。最後に購入するスーツだと思って多少値が張ってもいいじゃないか。

間違えないスーツの選び方をすればいい。スーツを選ぶには前にも話したように、サイズ感が重要だ。

そしてドレスシャツを着て試着に臨むこと。ぴったりのサイズ感のスーツが選びやすくなる。

一方オーダースーツならば、信頼できる仕立て屋を探すことだ。リーズナブルだからと言ってすぐに飛びつかないように注意して、じっくり行こう。

※オーダースーツについては後日詳しく書きたいので、ここではこのくらいにする。

50代のファッションはプライベートなおしゃれがメインになる

普段着って何を着てるだろう。例えば、家着、近所着、町着、おしゃれ着の段階別に考えるとどうだろうか?


えっ、近所着って何? 町着とおしゃれ着は違うの?疑問があるだろうが、これは私の個人的なプライベートファッションの分類である。


家着…家の中だけでいるもの。スエットやパーカー、パジャマ。


近所着…コンビニ、スーパーストアなどに行く時に着る服。


町着…近くのショッピングモールに行く時に着る服。


おしゃれ着…都会(例えば六本木、青山、銀座など)
のようなイメージで分けている。


この中で他人の目に触れるのは、近所着〜おしゃれ着である。家着はほとんどない。


プライベートなファッションを充実させるにはこの3つ、この際、近所着は外してもいいだろう。町着とおしゃれ着、この2つのファッションをブラッシュアップすればいい。


先ほど触れたけれど、今持っているワードローブをある程度処分しなければ先には進まない。

一歩を踏み出せば、成果は後からついてくる 
今更(50代にもなって)、ファッションを整える意味なんてないんじやない? と思う人もいるだろう。


何歳になってもファッションを、おしゃれを楽しむことはできる。ファッションが決まれば外に出たくなる。おしゃれになれば注目を浴びる。自信がつく。人と会いたくなる。だから老けにくい。


アンチエイジングは何も美容だけに限ったことではない。ファッションにだってできるのだ。

まとめ


女性の「おしゃれですね」には気をつけよう


同性から「おしゃれだなぁ」と言われることがゴールである。


50代のファッション改造計画はワードローブの整理から。


お気に入りのスーツがなければオーダーしてお仕立てする。


50代のおしゃれはプライベートファッションがメインになる。

50代がシャツについて知っておきたい5つのポイントとは?


ちょっとした知識があればシャツ選びが変わる

アイテムの中で一番はじめにシャツを取り上げよう。ビジネスシーンの着こなしはシャツから。基本的な知識を学んで、着こなしのヒントを探る。

ジャストサイズのシャツが決まれば、上着は選びやすくなる。シャツに合わせたサイズの上着を選べばいいからだ。

シャツの素材を知っておくと選ぶときの困らない。少しだけでも知識があれば選び方も違ってくる。

シャツには素材、形、作り方などで様々なものがある。素材(生地)の代表格には綿(コットン)だ。いわゆる普通ワイシャツと言われているものの多くはこの生地である。

最近はシワになりにくいからと化繊が使われたりするが、シャツ生地の王道ははコットンである。

中でもブロード織はビジネスパーソンには不可欠なものだ。知らぬ間に使っていたシャツがこういうものかと改めて知ることも大切である。

また夏の代表選手と言えばリネン(麻)シャツである。リネンはコットンのシャツと違って、シワを風合いとして活かすもの。シワになるのは当たり前なので、いちいちアイロンをかけなくてもいい。

ビジネスユースというよりもプライベートでカジュアルに着こなしたい。一枚でもジャケットの下に合わせてもコーディネートできる。

そして最近流行りなのが、ストレッチを効かせたニットシャツ。コットンと化繊(ポリエステル)の混紡で、ハリ感はあるがニット特有のしっとり感もあるというもの。

このシャツの特徴はシワになりにくく、アイロン仕上げがほとんどいらないということ。手間いらずなシャツと言える。100%コットンでも形態安定の加工をしたものもある。これもノンアイロンだ。

シャツの5つの襟型を覚えておこう

シャツの種類を素材別に見てきた。今度は形を見て行こう。

シャツの特徴は襟の形に現れる。最も一般的な襟型はレギュラーカラーと言われるもので、襟の剣が長い。結構昔からある形で、今ではちょっと古臭く感じられることもある。

ワイドスプレッドカラーは100〜120度の角度がある。

そして、一番のお勧めはレギュラーカラーとワイドスプレッドカラーの中間、セミワイドスプレッドカラーだ。襟の角度は90〜100度。
左右の襟が一直線(180度)になるものをホリゾンタルカラーという。

50代の人にはまた、馴染みが少ないと思われるが、レギュラーカラーが多い中、セミワイドスプレッドが徐々に浸透してきている。ネクタイを締めた時、一番きれいに決まる私はと思う。

最後にボタンダウン。カジュアルなシャツとして、アメリカのアイビーリーグから誕生した。カジュアルな装いに欠かすことのできないシャツと言える。

レギュラーカラー、セミワイドスプレッドカラー、ワイドスプレッドカラー、ホリゾンタルカラー、ボタンダウンの5つの形を紹介した。あくまで知識は知識として持っていて損はない。
これから以降が大切だ。

どんな場面でどのシャツを着るのか?

シャツについての基本的知識は学んだ。これからが実践となる。基本的な合わせ方をシチュエーション別に見ていこう。

コットン100%(綿)のシャツはビジネスユースで多く使われている。綿シャツはプレスまたはアイロン仕立てのときはシワもなくきれいだ。

ビジネスユースだけにスーツを着た時に用いられている。先程も書いたが、襟型はセミワイドスプレッド。ネクタイを締めた時に格好良く決まる。色は白かサックスを選べばいい。

ネクタイ着用の時はセミワイドスプレッドのシャツと覚えておこう。

また場合よってはセミワイドスプレッドではなく、レギュラーカラーの方がいい場面もある。冠婚葬祭だ。付け加えて言うと葬祭の時にはネクタイのディンプル(結び目下の窪み)は入れないのが常識である。

ワイドスプレッドカラーのシャツはネクタイはもちろん、ノータイで第1ボタンを外して着ることもできる。

ホリゾンタルカラーは無地だけでなく、色、柄、素材などが豊富にある。シャツ一枚でも着られる。

これからだと麻シャツがいい。シワ感が洒落ていて、コーディネート次第でファッション中級者の着こなしができる。

化繊を用いた混紡のシャツも多くなった。特にシワになりにくいニットシャツがある。綿+ポリエステルなどのニットシャツだと伸縮性があり、着心地が楽チンだ。なぜかこちらのシャツは形態安定シャツとは言わずにノンアイロンシャツと言っている。

さて、おおまかにシャツについて見てきたが、クールビズのシーズンになり、暑さ対策が必要である。半袖シャツはシャツの王道から外れているのだが、日本の気候を考えるとイヤとは言ってられない。

長袖シャツは王道だが、半袖シャツも襟型で選ぶとそんなに見栄えは悪くない。猛暑が近づくこれからは無理せず、半袖シャツを用いよう。

ちょっとした知識があれば選び方が変わる

シャツは作りによって着心地が違うのか?
作りと価格はある程度比例していて、手が込んでいるものほど高価である。もちろん使われる素材も例外ではない。でも50代からのファッション初心者は、作りをそれほど意識する必要はない

例えば、2,980と1万円のシャツの作られる工程は違うし、着心地の違いにも現れる。しかし、1万円と3万円のシャツの違いはわからないはずだ。それでもいい。

1万円以下でもとてもクオリティの高いシャツはたくさんある。

白シャツを着ているだけなのに、なぜダサいおじさんと思われてしまうのか?

簡単なことだ。シャツの下のインナーが透けて見えてしまうからである。

ランニングだろうがTシャツだろうが、白シャツに白を合わせると透けるのだ。多くの人がそんなことに気づいていない。

白シャツの下は必ず肌の色と同じベージュにすべきだ。肌色、ベージュというと余計におじさんぽくなってしまうと心配する人もいるだろう。

肌に肌色に重ねてもインナーが透けて見えることはない。ユニクロのAIRリズムやSEEKなどからシャツに響かなインナーが出ている。

まとめ

さて、ほとんど意識してこなかったシャツをフォーカスしてみた。他のアイテムを活かすシャツの重要性が理解できたと思う。


①スーツやジャケットを購入する時は必ずジャストサイズのシャツを着ていく。

⓶シャツの襟型5パターン。ネクタイ着用時にはセミワイドスプレッド。

③シャツのTPOを覚えよう。

④1万円以下でもいいシャツはある。

⓹シャツのインナーはベージュ、肌色。

50代ファッションおしゃれになるための5つの基本とは?

サイズ感とは何か?

あなたの着ている服は動きやすいだろうか?

サイズ感、サイジングという言葉を知っているだろうか?もちろん、知らなくても問題はない。この言葉(言葉の概念)はとても大切なのでこれから詳しく説明していく。


例えば、スーツの上着が重いと感じたり、動いていると背が抜けたりすることはないだろうか?


また、手のひらの半分を隠してしまう袖丈。お尻をすっぽり覆ってしまう着丈。
これらが一つでも該当すれば、大きすぎるサイズの服を着ていることになる。これを先程の言葉を使うと、サイズ感が違うとなる。

簡単な例をいくつが出してみた。詳しく書くともっといろんなことが言えるのだが、ここでは割愛する。先に進もう。では、大きすぎるサイズの服を着ていると、他人にどう見られるだろうか?

服に着られている印象を持たれる。着ている人が貧相に見えてしまう。清潔感がなく見える。仕事ができそうに見えない。年より老けて見える。ほとんどいいことがない。

それ以上に深刻なことである。自意識過剰で他人の視線ばかり気にしているわけではないが、他人は思ったよりあなたを見ている。そのことを気づくべきだ。

勘違いして欲しくないのは、ゆとりがあってリラックスした服と、サイズが大きすぎる服を混同しないこと。最近はゆとりのあるビッグサイズの服も出てきている。トレンドに従っていれば、こういう服もありだが、50代からはトレンドを意識しすぎる必要はない。

どうすれば大きいサイズの服から解放されるのか?

大きめの服のことや体に合ってしていない服のことを、「サイズ感が合わない」ということは先程も書いた。
大切なポイントはサイズ感があっている服を着ることである。これだけで着こなしの7割方が完成したと言っても言い過ぎではない。


人にもよるが、このサイズ感を自分で意識できるようになるまでが最初のステップだ。
自分に合ったサイズを探すにはいろいろな服を着て試していくしかない。


既製服(吊るしの服、スーツ、ジャケットなどの完成品)の場合、着てみないと、どれが自分に合っているかわからない。


こんなことが起こる。同じMサイズ(サイズ46)というAメーカーのスーツとBというメーカーのスーツでは大きさや着心地が違うことは大いにあり得るのだ。


「自分は昔からMサイズなので、Mサイズならどれでも合うはず」という思い込みを一度捨ててもらいたい。


実際に試着することによって、サイズは変わってくるし、もしかしたら自分が思い込んでいたサイズ自体が間違っているかもしれない。


若い頃に比べ、一般に50代になると体の変化は著しい。タフな運動でもしていなければ、加齢と共に体が緩んできたりする。30代の時と同じ体型だと思ってしまうと、サイズ選びを間違うことになる。


とにかく試着を繰り返すこと。これは服選び鉄則である。

どこで買うかはとても大切なことである

皆さんはどこで服を買っているのだろう。

服選びを自分だけでしている人はあまりいないのではないだろうか。いかがか?

もう一歩進めて、自分で選んで買っているが、目的意識を持っている方はいるだろうか。

続きを読む

50代、人生を楽しむファッションがあってもいいじゃないか

50代ファッションは我儘でいい。ちょっと派手だがこんなコーディネートもありだ。

センスは後から付いて来る。

ファッションというと、「センスがいい」かどうかということが言われる。
あの人センスいいね。その逆はあの人ダサいね。
センスについて多くを語るつもりはないが、生まれ持ったセンスがいい人はいると思う。
しかし、その他大勢の人はそんなことはない。
センスあるないの分岐点はどこか? 興味の対象となっていることや、学ぶことでセンスは磨かれていくと私は思っている。

80年代〜90年代ファッションの変遷

学生時代にポパイという画期的雑誌が誕生した。他の男性ファッション誌と違っていたのは、モノに纏わる背景や蘊蓄を語っていたことである。
アメリカナイズされたモノをどうやってセンス良く着こなすか。男子学生がファッションを身近に感じた時代でもある。50代の我々はこんな時を過ごし、その後に来るバブルも経験している。

続きを読む