2019年 9月 の投稿一覧

50代、60代が守るべき5つのファッションルールとは?

ファッションにはルールがある。ああしたらいい、こうしたらいけないという5つのルールだ。

これがわかっているといないでは雲泥の差である。

ファッションは何でも着れればいいというものではない。

アイテムを組み合わせてみることで形が完成する。

われわれはこの先も自分で服を着ることができなくなるまでこの行為は続く。

せっかくなので、服を着る楽しさが実感できたら、面倒な服選びも楽になるだろう。

そこで、服を着こなすための最低限のルールを紹介しよう。

当たり前と思われることでもそれをキッチリできている人は少ない。

ルール1
適正サイズの服を着る。
多くの人が間違っているサイズ選び。50代、60代はどちらかというと大きめのサイズの服を選びがちだ。全身ダボダボの服を着ている。

端正な着こなしはサイズが適正であるかどうかにかかっている。

f:id:maxxkun:20190921192625p:image
寸分狂わないサイズ。きれいに体を包み込んでいる。

ルール2
購入する場所を選ぶ。
服を購入するには百貨店、ショッピングモール、セレクトショップ、専門店、ネットなどがある。

われわれが進んで購入するものはどこに行ったらあるのかを知っておく必要がある。まったく的外れなところ行っても、50代、60代のファッションは出来上がらない。

f:id:maxxkun:20190921192701j:image
f:id:maxxkun:20190921192654j:image
f:id:maxxkun:20190921192651j:image

ルール3
奇抜な服を選ばない。
クラシックと言っては古いものと思われがてだが、ここでのクラシックとは伝統に則ったものという意味合いで使いたい。

違う言い方をすると、オーセンティックでる。だから、見かけが 凝ったものではなく、極めてシンプルなものでいい。

f:id:maxxkun:20190921192713j:image
オーセンティックなフライのシャツ

ルール4
実際に服を着てみること。試着。
オーダー服ならいざ知らず、既成の服はあなたの寸法通りに作られてはいない。だから、試着をして体に合う服を見つけることだ。

メーカー、ブランドによってあなたに合うものは違ってくる。AというブランドではMサイズだったのに、BというブランドではLだったということはよくあることだ。

ルール5
着こなしの基本は清潔感があるかどうかだ。 
服は自分だけのものと思ってはいけない。着ることで他人に見られているからである。他人を目の前にするのだから、汚くては話にならない。最低でも清潔に見えるようにすべきだ。

50代、60代が参考にできるNHKキャスターの着こなし術

ファッションはどこからでも学ぶことができる。電車の中、繁華街、ショッピングモール、そしてテレビの中。

昨今、NHKが批判の対象になっているが、社としてのNHKはさておき、番組の中に登場するキャスターやゲスト俳優などのファッションは見るべきものがある。

NHKのニュースウォッチ9を久しぶりに観た。いつもは女性キャスターの桑子さんに目がいってしまうのだが、この日は違った(たまたま桑子さんがお休みだからか?)。

男性キャスターの有馬嘉男さんのストライプスーツ姿に格好良さを感じた。

スーツだけ見ると何の変哲もない大ぶりなストライプ柄のスーツだが、シャツ、グレイの柄ネクタイ、グレイのポケットチーフの組み合わせが絶妙なバランスだった。

そして、もう一人、スポーツキャスターの一橋忠之さんも同じように格好いい着こなしをしていた。

ネイビーのネッブのスーツに白シャツ、ネクタイ、白のポケットチーフ。こちらも完璧なコーディネートだった。まったく隙がない。基本的な着こなしのすべてが揃っている。

両キャスターの締めるネクタイはディンプル(ネクタイの結び目の下につくる窪みのこと)がきれいにできていて締め方も緩くない。

写真はイメージです。

かたや民放はどうかというと、これはどうかなという着こなしが多い。民放の方がファッションに気を遣ってそうだが、そんなことはない。
ネクタイの締め方は緩いし、色合わせもなっていない。

些細なことかもしれないが、画面からでもここまでは伝ってしまうのだ。

相手の目線は顔、上半身を見る。テレビ画面のキャスターたちもデスクを前にして、ほとんど上半身が映る。

だから、相手と近い距離で面と向かうということはどれだけ緊張すへき瞬間か推して知るべしだ。

ファッションが苦手な50代、60代には、ちょっと難しいかもしれないが、なるべく近いうちにこんなコーディネートができるようになってほしい。

写真はイメージです。

彼らのファッションのツボを押さえたコーディネートは、多くを学べる絶好の教科書である。

50代、60代は、他人に自慢するために服を着るのではない

この年齢になると、持っているものの自慢はできなくなる。そういうことが恥ずかしいと感じてもおかしくない。

車や時計などの高価なものほど人に見せたい衝動に駆られるのは自然なことなんだと思う。しかしそれは40代までに済ませておきたい。

高価な車や時計を持っていることを批判しているのではない。そういうものを持っているならば、衣食住すべてにおいて均等に、バランス良く、相応の家だったり、インテリアだったり、持ち歩けない不動産も立派でカッコよくありたい。

パネル仕立ての家に高級車はどうかと思う。

ライフスタイルは服だけに限らず、生きていく上でその人が必要と思っているものすべてを含めていう。

家、インテリア、絵画、車、時計、服など衣食住すべてにおいて、価値を統一した方がいい。

f:id:maxxkun:20190915215327j:image
f:id:maxxkun:20190915215352p:image


服だけ突飛なブランド物。フェラーリなどの高級車。高額な時計。

こういうモノを当たり前に他人に見せびらかす人はカッコいいか?

お金持ちなのはわかる。でも、それ以上でもそれ以下でもない。

得てしてこういう人のファッションは酷いことが多い。

超高額な時計とブランドファッションで固められた人はおしゃれに見えない。

あなたははそういう道を歩まないようにすべきだ。

時計と同じようにファッションにも気を使う。車にも気を使う。家のインテリアにも気を使う。

高価なモノで揃えるのは難しいけれど、すべてがバランス良く保たれている。

こういうことを常に心がけていたいものだ。

高価な服を着ていてもカッコよく、おしゃれに見えないのはわかっていただけたと思う。

おしゃれは決して高額な服を着ることではない。

相応のファッションをご自身で確立することが肝要である。

50代、60代のファッションは細部(ディテール)を無視していい

おしゃれは細部に宿る。
ファッションはディテールが肝心だ。

この2つの文章は同じことを言っているのだか、ファッション通には良く知られた言葉である。

着こなしに、ファッションに細かいところまで気を抜いてはいけないことを暗示している。

足元の靴は良く見られている。シャツの袖口がジャケットの袖口よりも5ミリから1センチ出ているなど、多くの決まりごとがあり、そのディテールに拘るのが本当のおしゃれなのだという。

f:id:maxxkun:20190914191605j:image
シャツの袖口の出方を見ていただきたい。

こういうのはおしゃれの達人たちの間で言われていることなので、ファッションに悩んでいたり、苦手な人が考えることではない。

しかし、ファッションがイマイチな人ほどディテールに拘り過ぎていることもある。

例えばポケットチーフ。絶対なくてはならないものではないが、拘りがあるらしく。おしゃれのワンポイントにしている。

それよりもスーツの着こなしがイマイチで、自分自身それに気づいていないのが問題なのだ。

f:id:maxxkun:20190914191706j:image
全体のバランスが着こなしのコツだ。

ファッションに悩んだり、苦手意識を持っている人は気づきがある分救われる。こういう人は正しいレールに乗せれば、上達が早い。

逆にファッションがわかっているつもりの人は、頭が凝り固まっているので、なかなか難しい。必要不可欠なアイテムを考えないで、末梢のモノに手を出してしまう。

では、50代、60代は、細部、ディテールを無視して何を考えればいいのか?

それは全体のバランスである。真っ当な装いは全体のバランスだ。

50代、60代はおしゃれが細部に宿るのではなく、全体のバランスとの上に成り立っていると考えてほしい。

ファッションを難しく考えないでほしい。ディテールに拘ることなく、シンプルにコーディネートをすればいいだけだ。

細かいアイテムはさて置き、メインのアイテムをとどう着こなすか。これがすべてである。

50代、60代にとってファッションの入口はどこにあるのか?

年齢を考えてみると、ファッションの取っ掛かりとしての入口がどこでもいいわけではない。

30代、40代ならば高価なバッグや時計、財布などを買うことからファッションを齧ったことだろう。

しかし、この年齢で、ファッションを学ぶ第一歩を踏み出す人にブランド物のバッグや財布、時計はいらない。後回しでいい。

これらはファッションの必要性から見ると序列は低いのだ。

何から揃えればいいのか?

まず、ファッションのカテゴリーとして、スーツに代表されるビジネス向けと、カジュアルな装いに分けて考えみよう。

順列に従って書いていくと、 

ビジネス向け装い。

1.春夏物のスーツ。
1.秋冬物のスーツ。

f:id:maxxkun:20190912233941j:image
定番のネイビースーツ。ここが入口だ。

春秋冬の3シーズンスーツは、使い勝手がいいと思われるかもしれないが、結構難しいのだ。

だから、出来れば上の括りでスーツを揃えたい。

2.革靴
意外に思った人がいるだろうか?  50代、60代には古ぼけた汚れのついた靴はご法度だ。順列とともに出来るだけお金をかけて揃えたいアイテムである。

ビジネスシューズで必須なアイテム、黒のストレートチップ。

3.ベルト
これも意外だろう。スーツの場合、シャツはパンツ中に入れるので、ベルトが見える。体の中央に位置するベルトは思っているよりも目立つ。靴に合わせた色が必須だ。

靴に色を合わせて黒。

4.シャツ
無地の白とサックスは揃えたい。首周りで選ぶと袖丈が長くなる。そんな時は必ず補正すること。

f:id:maxxkun:20190912235042j:image
白シャツは永遠の定番。
f:id:maxxkun:20190912235045j:image
シャツに変化をつけたいならば、サックスがいい。

5.ネクタイ
春物、秋冬物、通年物の区別をつけること。寒い冬に明るい発色の良いネクタイはNGだ。

ネクタイは春夏物(上)、秋冬物(下)があるり

6.アウター

コート

7.バッグ

8.時計


カジュアルな装い
1.春夏物
カジュアルシャツ、ポロシャツ、Tシャツ。
1.秋冬物
クルーニット、Vニット、タートル。

f:id:maxxkun:20190912233251j:image
ラウンドネックのニット。


2.パンツ(春夏物、秋冬物)
デニム、ストレッチトラウザーズ。

4.ジャケット
春夏物
サマーウールやモヘア混などの軽く薄い生地を使用したもの。背抜き。
秋冬物
重厚感のある生地。ウール、カシミヤ、シルクなどの3者混。

f:id:maxxkun:20190912233853j:image
ウール100%のヘリンボーンジャケット。同系色ほボトムスと合わせてシックに。

5.靴
スニーカー、ローファー。

f:id:maxxkun:20190912234136j:image
カジュアルの王道アイテム、スニーカー。


6.アウター

ダウンジャケット、ダウンベスト。

f:id:maxxkun:20190912233513j:image
スポーティ過ぎないダウンジャケットは、スーツにも合う。

7.バッグ

8.時計

このようになる。50代、60代のわれわれはこれから多くのアイテムを揃えることはない。限られたモノを着こなしていく。

だから、30代や40代とはファッションの入口が違って当たり前だ。

われわれの年齢にはそれなりのファッションの入口があるのだ。

そろそろジャケットの出番かな。50代、60代が選ぶジャケットとは?

台風一過の後、結構暑くなった。36℃は堪える。

早く秋らしくなってくれるといいんだが。クールビズが終わり近づき、これからは本格的な羽織物の出番。

50代、60代が着る羽織物とはどんなものかを考えてみたい。

羽織物には、カーディガン、ジャケット、ブルゾン、ジャンパーなどがある。

中でも50代、60代はジャケットに注目したい。

この時期に買うジャケットはまだ 寒さが堪えるようではないので、厚手の生地のジャケットよりも長い期間使用できるものを選びたい。

イージーカジュアルな定番コーディネート。ボトムスはデニムを合わせた。

ちょっと寒くなれば、中にセーターやカーディガン、ベストを合わせることもできる。

ジャケットを着ることで着こなしの幅が広がることは前にも書いた。

ジャケット+パンツのいわゆるジャケパンスタイルは、特に50代、60代におススメだ。

まずはネイビーのジャケットから着こなしていただきたい。

ボトムスに同色のパンツを合わせたコーディネート。パンツはスリムなストレッチが効いたもの。

着方は、遥か以前アイビールックやアメカジが流行った時の紺ブレの要領だ。

ブレザーはどんな時代にも不変と言えるアイテムなので、押さえておいて間違いない。

ネイビージャケット、紺ブレから始めて、色のバリエーション、柄のバリエーションへと進めればいい。

ただしファッションが不得意だと思う人は、ボトムスを替えて変化をつける。

ボトムスに変化を加えたコーディネート。ジャケットがネイビーならパンツはグレイが鉄板だ。

いきなりあれもこれもとジャケットを変えるよりも、ハードルを低くくして定番ジャケットのネイビー、紺ブレを使う。

プライベートで活躍するジャケパンスタイル。ファッションを楽しむためにも是非マスターしておきたい着こなしだ。

ファッションが劇的に変わるのはテレビの中だけである

f:id:maxxkun:20190908192207j:image

お父さんを格好良く変身させるテレビ番組を見た。とても面白く見させてもらった。お父さんもご家族も満面の笑み。ファッションで笑顔になるという私の考えていることと同じだ。

しかし、番組が終してから、あの家族のこれからを考えると少し不安もある。

ファッションは劇的に変わった。格好いいお父さんになった。それからは?

ファッションは1日だけではない。生きている間ずっと続く。明日と明後日も。

彼らの明日の着るものはどうなるのか?

番組を批判しているのではない。テレビたからエンターテイメントであるべきだ。企画や演出が上手いのだ。

登場した彼らを思うと、ちょっと胸が痛い。
2、3日すれば元のファッションに戻っているからだ。

ファッションは劇的に変えられるが、長続きしない。

なぜならその場限りの服を与えられただけだから。服を自分なりに着こなしてはいないのだ。ファッションのベースとなる考え方を学んでいないので当然だろう。

前にも書いたが、ファッションは一歩一歩が大切である。いきなりセンスが付くわけではないし、おしゃれになることもない。

目の前の絵面に騙されてはいけない。ファッションは、最後は自分自身で組み立てるものである。

他人が用意した服を着ることではない。あなたはマネキン人形ではないのだから。

本当に本当にファッションを変えたければ、
地道に膨大な数の試着をしていく覚悟が必要だ。

その中から第三者の意見を上手く取り入れていく。他者目線が大切なのは言うまでもない。

ただ気をつけなくてはいけないのは、他人の言うことを頭から信じ過ぎないこと。

自分のファッションのことだから。

50代、60代は実用性+ファッション性がある眼鏡をしよう

年齢とともに目が悪くなる。老眼である。好き嫌いに関わらず、老眼になると必然的に眼鏡が必要になってくる。

眼鏡がない生活は考えられなくなる.

そんな眼鏡、どんな物をしている?
コスパのいい眼鏡もあるし、フレームとレンズで十何万するものもある。

値段はさておき、眼鏡は必須。せっかくだから、実用性だけではなくて、かけた時におしゃれに格好良く見えた方がいい思う。

多くの人、約8割方の人は眼鏡をファッション性を加味して選んでいない。実用あるのみだ。それはもったいない。

眼鏡をかけることで野暮ったくなる。ファッション性から言うと、眼鏡とあなたの顔の不一致が起こっている状態だ。

眼鏡をかけることで、普段のあなたのイメージを良くする演出ができるのだ。

眼鏡の種類、あなたの顔とのマッチングによって、もう一人のあなたを作ってみても面白いと思う。

眼鏡をかけているだけで野暮ったいと思われていた時代は過去のもの。

50代、60代の大人が進んで眼鏡をかけてフッショナブルになる。なれる。

簡単に眼鏡の持つイメージを紹介しよう。

f:id:maxxkun:20190907200929j:image

セルフレーム(素材はプラスチック。色や柄など豊富な加工がしやすい)。柔らかい印象。おどけた印象も演出できる。温かい。

メタルフレーム(金属製のフレーム)。シャープな印象。クール。

フレームだけの分け方でも、こんなにイメージが違ってくるのだ。普段のあなたのをイメチェンするにはとてもよいものだと思う。

f:id:maxxkun:20190907201019j:image

眼鏡も他のアイテム同様に使い方次第で多くのメリットがあるのだ。

実用も必要、ファッション性も必要。両方を兼ね備えた眼鏡を探してみて欲しい。

50代、60代にとって必要な服と好きな服、興味のない服について

あなたは必要な服を持っているだろうか?そもそも必要な服さささ描きさささかとは何?

答えられる人はいるだろうか。

若い頃に比べて、50代、60代という年齢のわれわれは必要な服が多くなる。

ちょっと変だと思った方、正解でもある。   普通ならある程度の年齢になると、身の回りのものは少なくて済むと思われるからだ。

ここが重要なのだが、必要な服は増える。一方で必要のない服はガクンと減る。   

だから、必要な服だけで満たされるのだ。

そこには好きとか嫌いとかの入る余地はない。好きな服はあるだろう。

しかし、好きな服を持っていても、これからも使うかというと、?である。

好きの服以外は興味のない服だ。これは簡単にひっくり返ったりする。何十年も気に入って着ていた服が突然興味がなくなることだってある。

好きな服だけで囲まれていた今までのファッションはどうだったか?  

他人に褒められていただろうか。ファッションに自信がなくて悩んでいたのではないか。そんな状態で買った好きな服は果たしてどう見えるのか?

好きな服は独りよがりである。好きな服だけでまとめた着こなしに違和感があるから、このブログを読んでいるのでは?

好きな服が多い人は必要な服は限りなく少ない。これからは必要な服を揃えていかなくてはならない。

そして、冒頭の説が正しいことがわかってもらえたのでは。必要な服は多くなるのだ。

50代、60代のおしゃれとダサいの境界線とは?

この歳になるまでファッションを気にしていない人も多いはず。

または若い頃はファッションに夢中になっていたが、年を取るごとに意識しなくなっていった人もいるだろう。

年齢に関係なく、正直言ってファッションをマスターするのはそう簡単なことではない。

意固地になったり、独善的だったりすることで、受け入れる間口が狭くなっいるのが原因だろう。心の広さがないのだ。

年をとって感性が鈍ったということではないし、センスの問題でもない。

ファッションが不得意だということに自分で気づいている人は覚えがいい。しかし、厄介なのは、不得意であることダサいことに気づいてない人である。

服を着こなせる着こなせないに関係なく、好きな服はある。好きな着こなしもある。ただ独りよがりなので、おしゃれとは程遠い。人の助言もち聞かない。当然ダサいままだ。

これからファッションをマスターしようという人のおしゃれとダサいの境界線は素直さがあるかないかだ。

意固地にならず素直に 、独りよがりにならず他人の助言を聞き入れられることが大切である。

ファッションは他の物事と同じように、一気にマスターできる人は稀だ。ほとんどの人は少しずつ階段を上って行くしかない。

繰り返す。年齢ではない。ファッションについて素直になれるかならないかで 、境界線を越えおしゃれになるか、ダサくなるかである。