2019年 7月 の投稿一覧

50代ファッション初心者のためのSALE攻略法

SALE期間が過ぎてショップが晩夏、初秋物で彩られている。一回ここでSALEについて総括したいと思う。

50代男性はファッションSALEについてどのくらい知っているだろうか? SALEに行ったことのない人も失敗してしまった人もここに書いてあることを読んで今後に役立てて欲しい。


SALE期間には段階がある

ショッピングモール、百貨店、セレクトショップなどが告知しているSALE期間は、曖昧なことだと思っていただきたい。

店舗により開催期間がズレていることや、店舗運営者の都合でSALEと書けないこともあるだけで、あくまで名目上の開催日なのだ。

またプレセールとかシークレットセールと言われるお得意様対象のセールがある。特典としてはセール品を早く買えるというものだ。

通常の客よりもちょっとだけお得感があるように感じる。だか、間違えないでいただきたいのは、値引き率は同じなので、ただ早いというだけである。

こういう顧客、お得意様という段階に従ってセールの期間が違ったりと少しだけではあるが差をつけている。


あのラグジュアリーブランドもSALEになる!

知っている人は少ないようだが、ラグジュアリーブランドでもSALEがある。ただルイヴィトンだけはSALEをしないようだ。

ラグジュアリーブランドのセールは主に服やシーズン物が中心だ。バッグや小物はSALE対象にならないことが多い。

エルメスはお得意様宛に案内が来る。会場が指定してあり、本人プラス一人の入場となる。

シャネルは路面店でたまにSALEをする。私が遭遇したのは表参道のシャネル。服がSALEになっていた。約40%OFF。正直驚いた。

エルメスの場合は並ぶことを覚悟したほうがいい。二子玉川店ではショップではなく、SALEは別会場で行われる。ご婦人たちが長い列を作って開場前から混んでいる。

エルメスの代表的なアイテム、バッグはSALE対象外であるものが多い。

その分と言っては何だが、服や靴が並ぶ。靴などはシーズン遅れだけれど、もちろんクオリティは高いものだ。

エルメスの場合、百貨店で購入すると、その店舗からSALEの案内が来る。購入を重ねるとエルメス本部からお誘い来る。さまざまな特典があり、ファッションショーが見られたり、アイテムの先行予約が可能だったりする。

ラグジュアリーブランドに興味のある方は、続けて高額商品を購入することをお勧めする。普段味わえない非日常を見ることができるかもしれない。


ネット利用者を利用したSALE品の買い方

話しをラグジュアリーブランドから離れよう。
最近はネットのSALEも見逃せない。オンラインショップのSALEに参加するにはまず、アカウントを取る必要がある。

アカウントを取ることで、あなたのメールアドレスにSALE情報が送られて来る。ネット限定品など利用者にはお得だ。

ネットでのSALEは通常SALEより早い場合がある。それはブランドやメーカーがオンラインショップを直接運営しているからである。

SALE品だからと言ってあれもこれも手を出すのは危険だ。違った見方をすると、お得意様と言っても、たかが人より早くSALE品を買えるだけのこと。

値引き率は変わらないことが多い。狙っている商品がなければ優待の意味はない。なるべく無駄な買い物を避けていきたいものである。


ラグジュアリーブランドのSALE情報

エルメス  お得意様のみ

シャネル  路面店、お得意様

ルイヴィトン  情報なし(知っている方がいたら教えて欲しい)

その他ラグジュアリーブランドの多くはSALEを行なっている。百貨店、路面店をチェックして欲しい。


まとめ

50代ファッション初心者はなるべくSALEに頼らない方がいい。基本的ファッションのルールがわからないうちに安いからといって手を出すことは避けたい。

もし、SALE品を狙いたいならば、同じブランドで買い続けてお得意様になっておくことである。

50代のファッションにはブランド物が邪魔になる⁉︎


ブランドを持つということはどういうことか?

ブランドには秘められた魔力が潜んでいるらしい。持つことによって必要以上に自分を大きく見せられると勘違いさせてしまうからである。

また、横並びいうわれわれ日本人の特性と合致して、ブランドは持つことで他人とは違いがないと納得できる安心感が得られる。

もう一つは、高額な物を持っている自分に酔い、他人にブランド物を持っていることを誇示したいという心理が働くのである。

もし、ブランドと付き合うならば、まずブランド物の本当の質や良さをわかってからにしたい。

断っておくが、高かろう悪かろうではなく、いい物もある。一概にブランド物すべてを否定するわけではない。


われわれが持つべきブランドは何か?

しかし、われわれ50代が持つには、ロゴを全面に押し出した最近のブランド物は恥ずかし過ぎる。この感覚がないと困るのだが。

見た目にわかってしまうブランド物とは訣別したほうがいい。

では、どんなブランドを持てばいいのか?それはブランド名を表に出していないブランドである。その代表格が専業メーカーだ。

シャツの専業メーカーは一つのブランドとして確固たる地位を確立している。靴もしかりネクタイしかりである。

これらのメーカーは高い品質を誇り、高級ブランドメーカーのアイテムを作っていたりする。

私たちはこのようなブランド名や名前を全面に打ち出していないけれど、物を作るということにはっきりしたポリシーがあるブランドを選ぶべきだ。

誰でもがわかるブランドとよりも、おしゃれな人にはわかるブランドがいい。これらは他人に誇示したりしないが、持っていることで高揚感が生まれる。

いい物を持つことは悪ではない。それは私たちの生活にハリを与えなくれるものだからである。

高価なものになるかもしれないが、本物に接することはわれわれの審美眼を養ってくれるのだ。

シャツ

シャルべ

シャルべ

フライ

ジャケット

イザイア

タリアトーレ

クロケット&ジョーンズ

エドワードグリーン

エドワードグリーン

ネクタイ

マリネッラ

マリネッラ

ドレイクス

スーツ

ボリオリ

ボリオリ

50代が求めるファッションとは何が正しいのか?

コーディネートを考えているだろうか?

ファッションは正解はあってないようなものだ。あってなようなものというくらいだから、正解があることも事実なのである。

皆さんはファッションを自分本位に考えていないだろうか。色の組み合わせ方や全体のシルエットを考えて、デニムとシャツを合わせているか。ポロシャツを着ているか。どうだろう。

いちいちこんなことまで考えて服を着るなんて大袈裟過ぎる?

しかし、ファッションの正しいコーディネートは、この面倒ことをいちいちを考えて、実行することなのである。

たぶん皆さんがやっていることは、ファッション雑誌をマネてみるとか。ネットでコーディネートの画像を探して参考にするとかくらいなのではないだろうか。

そんなことすらやっていない50代のあなたは、せいぜいその日の気分でなんなく服を決めている。

さらに酷いのは考えがないこと。
毎日の装いを考えるなんて煩わしい。

結果どうなっているか。とても悲惨なコーディネートになっているのがオチだ。着ている本人に自覚がないのが本当に怖いことである。


ファッションの基本は煩わしいと覚悟する

だから、前のブログには9割の人のファッションが変だと書いた。上のようなことが日常的に行われているのなら、満更ウソではない。

50代に特化したこのブログは9割の中から抜けて出して、おしゃれに格好良くなりたいと思っている人向けにファッションのあれこれを提案している。

コーディネートの煩わしさから解放されるには、逆に基本の煩わしさを通らなけれならない。

シンプルなコーディネート

この過程を疎かにすると、また自分本位のわけのわからないコーディネートになってしまうだろう。

ファッションを選別することを覚えよう

どのようにしたら正しいファッションのコーディネートができるのだろうか。

何回も言っている通りに適正なサイズの服を着ること。色数は増やさず3色以内に収めること。柄物は避けること。最低でもこの3つは実行して欲しい。

さらに言うと、シャツと靴はオーセンティックな物を選ぶ。シャツは色が付いたボタンの物や、靴を選ぶなら先端が尖っていて上を向いている物は避ける。

有り得ないシャツ

これらを着ているおしゃれ人ははいないからである。まったく我々が目指しているおしゃれとは異質な人が着るものだ。間違えないだ欲しい。

正しいファッションとは、長い間をかけて受け継がられて来たものである。われわれ日本人の洋装に対するものとは歴史の差があまりは違うのだ。

後の2つを加えてこれら5つを守るだけでおしゃれの基本をマスターできるだろう。

ファッションは選ぶものよりも選ばないものを理解する方が良いのだ。選ばないでいいものは大量にある。選ばなくていい物を判断する目を養おう。

3色使いのコーディネート,

50代、ファッションイメージを確立することとは?


ファッションはあなたが何者であるかを語ることができる

50代からのファッションを考えた場合、オフタイムでは自分本位な着こなしもさることながら、オンタイムでは自分のポジションを自覚すべきだ。

皆、様々なポジションに就いている。経営者、士業、医師、幹部社員、個人事業主。あなたのことを相手に伝えるためにはイメージを明確にしておいた方がいい。

あなたの持ちたいイメージをファッションを通して具現化する。例えば、若い女性にモテたい。もっと事業を拡大したい。そんなことでも構わない。

ファッションを用いて自己イメージを浸透させた例として、ユーグレナの出雲充社長がいる。常に緑色のネクタイで、ユーグレナのイメージをそのままを体現し、アピールした。


50代のファッションにジャケットは必要不可欠だ

私の場合、オーセンティックなスタイルの中にも爽やかを加えたい。だから好んで使う色は青、ブルー系だ。ネイビーではなく青色である。

言っておくがパーソナルカラー診断で決めたわけではない。長い間のファッション経験を通じての積み重ねから生まれたものだ。

スタイルは「スマートカジュアル」と言われるカテゴリーに属する装い。これも色と同じで結果としてこうなった。

余談だが、スマートカジュアルとはドレスコートの一つで、簡単に言うとジャケット+パンツのジャケパンスタイルのことである。

50代ならばジャケットは必要不可欠なアイテム。ブルゾン、コート、カーディガンなどの羽織物はカジュアルな場面には向いているが、ちょっとした宴席やパーティには向かない。ジャケットは何着か揃えておきたい。

経営者はこう。士業の人はスーツ。あなたのいるポジションから一般的にイメージされるファッションが絶対とは限らない。

あえて言えば、士業の人がジャケパンスタイルでもいいのである。でも、一回きりではダメだ。継続することであなたのイメージが相手に明確に伝わる。ここが大事である。先程の出雲社長がそうであるように。

ファッションイメージがてきたらブレずに継続すること

間違っても、おしゃれをするのだからと言って、あれもこれもと手を出してしまうのは厳禁。

世の中にはたくさんの物が溢れかえっている。さあファッショナブルになろうと、ブランド物に走る人もいるだろう。

ブランド物は分かりやすい。持っていることでステイタスを感じることができる。というのは遥かに昔のことだが。

本人的にはブランド物を持つことで他人に対して何かをアピールしたいと考えているらしい。だが、今は高校生でもブランド物を持つ時代。ブランド物を持っていても必ずしもステイタスの表現にはならない。言うなら自己満足でしかない。

自己満足に陥っていては先に進めない。問題は考え方が逆なのだ。物ありきではなく、自分が抱いているイメージをどうファッションで表現するかだ。

ファッションイメージができたら、ブレることなく継続である。続けることによって、あなたが何者であるかを明確に相手の脳裏に焼き付けられるのだ。

50代、中年太りを克服するファッションはあるのか?


50代のファッションは何処で何を買うがを考えること

50代中年から壮年と言われる世代は、体に脂肪が付いて太ってしまうことが多い。側から見てみっともいい体型とは言えない。おしなべて内蔵脂肪が付いたメタボ体型になっている。

こんな体型の人がどうしたらおしゃれに格好良く服を着こなせるのか。これも以前から言っている通り、まずは購入するショップを選ぶことから始めよう。

中年太りの人でもサイズが合うショップは少ない。XL以上の専門店もあるがそこにはおしゃれなアイテムというより、サイズを合わせることが優先されることが多い。


インポート物には大きなサイズがある

では、おしゃれで格好いい着こなしに対応しているものは何なのか?

ボトムスではテーパードラインのものをお勧めしたい。腰回りにゆとりのあるタック入り。これは出ているウエスト周りを少しでもカバーするためにいい。

比較的インポート物はサイズが大きいことがある。すべてがそうとは限らないが、LLやXLに対応している。

ボトムスなどはサイズがブランドによって様々である。同じウエスト50サイズでも履けるものと履けないブランドがあるし、形によっても大きさが違うものもある。

だから、同じブランドのアイテムでも試着することが肝心だ。同じタイプの大きさが同じ形も同じで、のせている生地が違うだけで履き心地は違ってくる。

上に挙げたサイズ50は、ボトムスのイタリアサイズ表記。50だと日本でのサイズではLサイズで腹囲が約90センチ。52ではXL、約94センチである。

詳細はこちらのサイズ表が役立つ。

また、セレクトショップの中で比較的大きなサイズが充実しているのはユナイテッドアローズ。サイズ54までカバーしているアイテムもある。頼りになる。


トップスはどうやって合わせたらいいのか。

トップスのシャツは腹囲と首回りに注意する。腹囲は座った時にボタンが外れそうにならないものを選ぶ。ネクタイを締めないのであれば、首回り、ネックは閉まらなくてもいい。腹囲を中心に選ぶことだ。

今は伸縮性のあるニットシャツが出ている。場面によってこんなものを活用するのも手だ。

Tシャツはピッタリだと出っ張った腹が目立つ。例外としてTシャツだけは少しゆとりのあるものにした方が良い。   

スーツやジャケットである。大き過ぎても見映えが悪いし、ピタピタだも太さを強調し過ぎる。合わせ方は肩幅で合わせてみる。袖や着丈は長さを調整できる。

大体太っている人は前身頃が閉まらない。ここはこれで許そう。肩で合わせて、袖丈、着丈を調整するのがいい。 

袖丈や着丈が短い場合は長くするのが困難なので見送る。


無理してすべてを隠す必要はない

総じて言えるのは、太っていることをすべて隠すのではなく、端正な着こなしをする方がが格好良く、相手に好印象を持ってもられる。隠し過ぎると50代が目指す大人のファッションから遠ざかってしまう恐れがある。

ゆとりのある服を着れば、多少なりとも体の線は隠れる。しかし、50代の年齢を考えるとリラックスしたシルエットが逆にだらしなく見えてしまうこともある。

30代、40代ならいろいろなファッションを取り入れても格好がつく。しかし、50代からファッションを見直すにはブレないことも肝心なのだ。

窮屈に感じるかもしれないが、基本をマスターしなければ先に進めない。あっちもこっちと言っていては今までと変わらないファッションに陥るだけだ。

太ってしまったからダメだと諦めず、そうした自分をファッションでよく見せることに努めて欲しい。

50代、ファッション初心者にとって百貨店とは何か?


百貨店で服を買うこととは?

オフタイムの普段着からオンタイムのスーツまで多彩なアイテムが揃う百貨店は、50代の男性にとって利用価値があるのか?

ファッションに興味を持っている人とそうでなかった人とで、百貨店の価値はグンと違ってくる。

皆さんの中にも百貨店利用者はいるだろう。だが、50代になってから外見をどうにかしたいと思った人には、百貨店はハードルが高いと言わざるを得ない。

50代のファッション初心者ややり直し派は、百貨店での買い物には向かないと思ってもらっていい。百貨店での買い物はもっと後、女性に「おしゃれになったね」と言われるようになってからでも十分間に合う。

百貨店を批判しているわけではない。百貨店はとても面白い場所だ。ついつい衝動に駆られて買ってしまう。買わされてしまう。そんな誘惑と後悔が交錯している場所である。

松屋銀座

販売員は売ることのエキスパートである

男性の服、紳士服売り場には女性の販売員もいる。女性でも男性でも販売員は売ることのプロ、エキスパートなので、一旦捕まると買わなくてはいけないような雰囲気にさせられてしまい、逃げ出せなくなる。

たが、これは決して押し付けではない。一瞬でもあなたは納得して決めことだから。

こんなエキスパートがいるところに、満足に自分の服を選ぶことのできない、赤ん坊のようなあなたが太刀打ちできるはずがないのである。

GINZA SIX

百貨店の魅力(多くの商品) が初心者にはあだになっている

百貨というくらいモノが溢れている。もちろん百貨店の主力商品である服はいろんなブランドやメーカーが入っている。

たくさんの服があることで、初心者であるあなたは、どこから探していいのか、どこに目的のものがあるのかさえわからない。

ファミリーで買い物に来て、疲れ果てた男性をよく見かける。若い人もいるが、50代のあなたは休憩場所や止めた車の中で寝ているのがオチだ。

ブランド品を買いに行くという明確な目的があれば別だが、そうではなく自分に似合うパンツが欲しいと漠然と頭に浮かんだ物を求めるのは難しい。

どのブランドがどんな服を揃えているかもわからないあなたは困惑するだけだろう。
いい大人が広い百貨店の中で迷子になるのは恥ずかしいことだ。

西武池袋店

販売員のなかでおしゃれな人はいるのか?

多くの場合、販売員の着ている服は女性が百貨店の制服、男性はスーツである。これだと彼らの着こなしやセンスがわかりづらいからおしゃれ度が掴めない。

外見はその人となりを現す。百貨店の販売員の中におしゃれな人を見つけることは簡単ではない。

だから、安心して服を購入するのに不安がよぎるのだ。

例えば、制服やスーツでおしゃれ度が判断できなければ、その人の髪型や靴を見ればいい。頭のてっぺんから足元まで気を使っているかどうか。髪の毛がボサボサだったり、靴が汚れていたり、革が擦れていたりしたらアウトだ。おしゃれは細部に宿るのである。

日本橋高島屋

百貨店ではウインドウショッピングをするために利用する

少しでもファッションに接しておきたいと思うならば、百貨店のウィンドウショッピングが向いている。

それこそ様々な服を見ることで、良いものを見るが養われる。しかし、覚えておきたいことは、有名ブランドの服でも着ることに困難なものがあるという事実だ。

過剰なデザイン、カラーなどの奇抜な物は避けていく。残るのは一見あまりにも平凡で退屈なシンプルすぎる服。

これらが50代の大人が着る服である。50代が目指すのは何も目立つためのファッションではない。着心地がよくシンプルだけど、オーラを発するような服である。一旦袖を通すと着た人が格好良く見える服。そんな服を探すのだ。

ISETAN MEN’S

ファッションの総本山。日本初メンズオンリーの館を作った。ここに行けばすべてのファッションアイテムが揃との伝説がある。しかし、50代のファッション初心者には鬼門である。あまりにアイテム数が多すぎて迷子になる。まるで迷路みたいだ。

阪急MENS TOKYO

西からやってきた黒船。瞬く間に銀座の顔となった。ISETAN MENSと双璧を成す存在に。ここもISETAN MENSと同様、迷子率が高い。どちらが好きかは好みの分かれるところ。

西武そごう

その昔、西武百貨店はファッションをリードしていた。今もその名残はあるが、高級ブランドが主である。上記の二つよりも見応えに欠ける。

高島屋

本体の百貨店はお上手を言ってもセンスがいいとは言えない。ここの魅力はショッピングセンターにある。ここでは触れない。たぶん典型的な百貨店の姿なのだろう。

松屋銀座

隣のGINZA SIXの客足の流れに乗った感がある。松屋の存在は催し物だ。恒例のメンズ祭「男市」が有名である。

松坂屋

GINZA SIXの成功で百貨店を卒業した感がある。もちろん地元名古屋では百貨店としてまだまだ健在だ。

50代、ファッション以外にもエチケットを気にすべし。

50代にもなると加齢からくる様々なことが起こる。肉体的に衰えて来るわけだからしようがないことだが、他人に迷惑のかかるようなことは避けたい。

50代だから気をつけたい体の匂い

例えば体臭。お食事前ではないならば、香水の一吹きくらいしてもいいと思う。というよりももっと積極的に香水を活用してはいかがだろうか。

ここで間違って、芳香消臭スプレーをつけてはいけない。あの匂いはとても刺激が強く相手を不快な気分にさせてしまう可能性がある。

匂いと香りの区別をしておく。また、香水でも甘ったるい香りのものは避けたほうがいい。あなたが好きでも一般的には受け入れる幅が狭くなるからである。

香水を体に付ける場所は諸説があるけれど、私の場合は片方の手の甲や二の腕に軽く一吹きだけである。付けた香水を反対側の手に移すように付ける。ただそれだけ。

自分の肌に合った商品を選ぶ

香水を付けるには体がきれいなことが前提である。結構デリケートな皮膚らしく、いろいろなボディソープを試ししてみたが、カサカサになったり、ヒリヒリしたりとなかなか選ぶのに苦労した。

今は「ミューズメン」というかなりコスパの良いボディソープに巡り合った。たぶん今TVコマーシャルが放映されているはずだ。泡立ちはそんなでもないが、メンズのボディソープにしては洗い上がりがしっとりしている。皮膚が弱い人は試してみる価値はあると思う。

第一印象は顔で判断される

次に気になるエチケットは顔周り。口臭、テカリ、伸びた鼻毛。口臭を防ぐには歯磨きだけでなく、歯の間の汚れを取るための糸ようじや歯間ブラシを使うことである。結構歯の間には食べかすがあり、嫌な臭いを発していることがあるから注意しよう。

顔のテカリは男性の悩みでもある。女性に比べて皮脂が多く出るからケアしておきたい。私もいろいろなメーカーのものを試したが、決定打はない。こればかりはまめに顔を洗うか拭く以外ないらしい。だからと言って、顔のケアを怠ってはいけない。

毎日の洗顔。肌がカサつく人は保湿化粧水などを使う。それでもだめなら保湿ジェルやクリームなどがある。

クラランスの保湿ジェル


歳を重ねても心も体も若々しくありたい

アンチエイジングと話題になっているそうだが、歳を重ねていても若々しくいられるのは良いことだと思う。

それは肉体的なことだけでなく、心も元気な方がいい。ファッションは少なからず気持ちを若返らせる力がある。  

ただアンチエイジングに囚われすぎるのは気をつけたい。若返ればすべてが解決するわけではないからだ。アンチエイジングは一つの方法だと思って取り入れたほうがいい。

男性でもムダ毛処理はしていきたい

夏になると女性たちはムダ毛が気になるらしい。広告を見ればわかる。ほとんどの女性はムダ毛の処理をしていると思われる。

対して男性はどうか。少しずつ浸透してきてはいるが、私の回りてはあまり聞かない。しかし、パナソニックが発売した男性用のムダ毛処理トリマーは発売当初品切れ店が続出したとか。

さて、男性が気をつけるべき体毛は実は鼻毛である。どんな美男子でも鼻毛が伸びていたら一発でアウトだ。洗顔の後にちょっと鼻をホの覗くだけでいい。どうだろう。伸びていれば切る。

という私も購入してしまった。なにせ足元の体毛が濃いのでショートパンツを履くのに抵抗があった。この商品の評価は別として、時代が変わった子だなと思った。

こちらもいいアイテムが出ている。電動シェーバーのような鼻毛専用のものがある。これと専用のハサミがあれば鼻毛のグルーミングは完璧だ。

エチケットの話をまとめてみた。気づいている人もそうでない人も、今一度自分の年齢を考えて恥ずかしくない外見に整えてほしい。


加齢臭に気をつける。


フレグランスの活用。


歯磨き、糸ようじ、歯間ブラシの使用。


洗顔後の肌のケア。


アンチエイジングについて。


体毛、鼻毛の処理。

これらは最低限のエチケット。ファッションを考えると同じくらい大切なことである。自分を労りながら後の年数を積極的に過ごす。ファッションは生活の一部と思って取り組むと楽しさが湧いてくる。
たかが服、されど服。