50代、中年太りを克服するファッションはあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


50代のファッションは何処で何を買うがを考えること

50代中年から壮年と言われる世代は、体に脂肪が付いて太ってしまうことが多い。側から見てみっともいい体型とは言えない。おしなべて内蔵脂肪が付いたメタボ体型になっている。

こんな体型の人がどうしたらおしゃれに格好良く服を着こなせるのか。これも以前から言っている通り、まずは購入するショップを選ぶことから始めよう。

中年太りの人でもサイズが合うショップは少ない。XL以上の専門店もあるがそこにはおしゃれなアイテムというより、サイズを合わせることが優先されることが多い。


インポート物には大きなサイズがある

では、おしゃれで格好いい着こなしに対応しているものは何なのか?

ボトムスではテーパードラインのものをお勧めしたい。腰回りにゆとりのあるタック入り。これは出ているウエスト周りを少しでもカバーするためにいい。

比較的インポート物はサイズが大きいことがある。すべてがそうとは限らないが、LLやXLに対応している。

ボトムスなどはサイズがブランドによって様々である。同じウエスト50サイズでも履けるものと履けないブランドがあるし、形によっても大きさが違うものもある。

だから、同じブランドのアイテムでも試着することが肝心だ。同じタイプの大きさが同じ形も同じで、のせている生地が違うだけで履き心地は違ってくる。

上に挙げたサイズ50は、ボトムスのイタリアサイズ表記。50だと日本でのサイズではLサイズで腹囲が約90センチ。52ではXL、約94センチである。

詳細はこちらのサイズ表が役立つ。

また、セレクトショップの中で比較的大きなサイズが充実しているのはユナイテッドアローズ。サイズ54までカバーしているアイテムもある。頼りになる。


トップスはどうやって合わせたらいいのか。

トップスのシャツは腹囲と首回りに注意する。腹囲は座った時にボタンが外れそうにならないものを選ぶ。ネクタイを締めないのであれば、首回り、ネックは閉まらなくてもいい。腹囲を中心に選ぶことだ。

今は伸縮性のあるニットシャツが出ている。場面によってこんなものを活用するのも手だ。

Tシャツはピッタリだと出っ張った腹が目立つ。例外としてTシャツだけは少しゆとりのあるものにした方が良い。   

スーツやジャケットである。大き過ぎても見映えが悪いし、ピタピタだも太さを強調し過ぎる。合わせ方は肩幅で合わせてみる。袖や着丈は長さを調整できる。

大体太っている人は前身頃が閉まらない。ここはこれで許そう。肩で合わせて、袖丈、着丈を調整するのがいい。 

袖丈や着丈が短い場合は長くするのが困難なので見送る。


無理してすべてを隠す必要はない

総じて言えるのは、太っていることをすべて隠すのではなく、端正な着こなしをする方がが格好良く、相手に好印象を持ってもられる。隠し過ぎると50代が目指す大人のファッションから遠ざかってしまう恐れがある。

ゆとりのある服を着れば、多少なりとも体の線は隠れる。しかし、50代の年齢を考えるとリラックスしたシルエットが逆にだらしなく見えてしまうこともある。

30代、40代ならいろいろなファッションを取り入れても格好がつく。しかし、50代からファッションを見直すにはブレないことも肝心なのだ。

窮屈に感じるかもしれないが、基本をマスターしなければ先に進めない。あっちもこっちと言っていては今までと変わらないファッションに陥るだけだ。

太ってしまったからダメだと諦めず、そうした自分をファッションでよく見せることに努めて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*