50代ファッション初心者のためのSALE攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SALE期間が過ぎてショップが晩夏、初秋物で彩られている。一回ここでSALEについて総括したいと思う。

50代男性はファッションSALEについてどのくらい知っているだろうか? SALEに行ったことのない人も失敗してしまった人もここに書いてあることを読んで今後に役立てて欲しい。


SALE期間には段階がある

ショッピングモール、百貨店、セレクトショップなどが告知しているSALE期間は、曖昧なことだと思っていただきたい。

店舗により開催期間がズレていることや、店舗運営者の都合でSALEと書けないこともあるだけで、あくまで名目上の開催日なのだ。

またプレセールとかシークレットセールと言われるお得意様対象のセールがある。特典としてはセール品を早く買えるというものだ。

通常の客よりもちょっとだけお得感があるように感じる。だか、間違えないでいただきたいのは、値引き率は同じなので、ただ早いというだけである。

こういう顧客、お得意様という段階に従ってセールの期間が違ったりと少しだけではあるが差をつけている。


あのラグジュアリーブランドもSALEになる!

知っている人は少ないようだが、ラグジュアリーブランドでもSALEがある。ただルイヴィトンだけはSALEをしないようだ。

ラグジュアリーブランドのセールは主に服やシーズン物が中心だ。バッグや小物はSALE対象にならないことが多い。

エルメスはお得意様宛に案内が来る。会場が指定してあり、本人プラス一人の入場となる。

シャネルは路面店でたまにSALEをする。私が遭遇したのは表参道のシャネル。服がSALEになっていた。約40%OFF。正直驚いた。

エルメスの場合は並ぶことを覚悟したほうがいい。二子玉川店ではショップではなく、SALEは別会場で行われる。ご婦人たちが長い列を作って開場前から混んでいる。

エルメスの代表的なアイテム、バッグはSALE対象外であるものが多い。

その分と言っては何だが、服や靴が並ぶ。靴などはシーズン遅れだけれど、もちろんクオリティは高いものだ。

エルメスの場合、百貨店で購入すると、その店舗からSALEの案内が来る。購入を重ねるとエルメス本部からお誘い来る。さまざまな特典があり、ファッションショーが見られたり、アイテムの先行予約が可能だったりする。

ラグジュアリーブランドに興味のある方は、続けて高額商品を購入することをお勧めする。普段味わえない非日常を見ることができるかもしれない。


ネット利用者を利用したSALE品の買い方

話しをラグジュアリーブランドから離れよう。
最近はネットのSALEも見逃せない。オンラインショップのSALEに参加するにはまず、アカウントを取る必要がある。

アカウントを取ることで、あなたのメールアドレスにSALE情報が送られて来る。ネット限定品など利用者にはお得だ。

ネットでのSALEは通常SALEより早い場合がある。それはブランドやメーカーがオンラインショップを直接運営しているからである。

SALE品だからと言ってあれもこれも手を出すのは危険だ。違った見方をすると、お得意様と言っても、たかが人より早くSALE品を買えるだけのこと。

値引き率は変わらないことが多い。狙っている商品がなければ優待の意味はない。なるべく無駄な買い物を避けていきたいものである。


ラグジュアリーブランドのSALE情報

エルメス  お得意様のみ

シャネル  路面店、お得意様

ルイヴィトン  情報なし(知っている方がいたら教えて欲しい)

その他ラグジュアリーブランドの多くはSALEを行なっている。百貨店、路面店をチェックして欲しい。


まとめ

50代ファッション初心者はなるべくSALEに頼らない方がいい。基本的ファッションのルールがわからないうちに安いからといって手を出すことは避けたい。

もし、SALE品を狙いたいならば、同じブランドで買い続けてお得意様になっておくことである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*