50代、ファッション初心者にとって百貨店とは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


百貨店で服を買うこととは?

オフタイムの普段着からオンタイムのスーツまで多彩なアイテムが揃う百貨店は、50代の男性にとって利用価値があるのか?

ファッションに興味を持っている人とそうでなかった人とで、百貨店の価値はグンと違ってくる。

皆さんの中にも百貨店利用者はいるだろう。だが、50代になってから外見をどうにかしたいと思った人には、百貨店はハードルが高いと言わざるを得ない。

50代のファッション初心者ややり直し派は、百貨店での買い物には向かないと思ってもらっていい。百貨店での買い物はもっと後、女性に「おしゃれになったね」と言われるようになってからでも十分間に合う。

百貨店を批判しているわけではない。百貨店はとても面白い場所だ。ついつい衝動に駆られて買ってしまう。買わされてしまう。そんな誘惑と後悔が交錯している場所である。

松屋銀座

販売員は売ることのエキスパートである

男性の服、紳士服売り場には女性の販売員もいる。女性でも男性でも販売員は売ることのプロ、エキスパートなので、一旦捕まると買わなくてはいけないような雰囲気にさせられてしまい、逃げ出せなくなる。

たが、これは決して押し付けではない。一瞬でもあなたは納得して決めことだから。

こんなエキスパートがいるところに、満足に自分の服を選ぶことのできない、赤ん坊のようなあなたが太刀打ちできるはずがないのである。

GINZA SIX

百貨店の魅力(多くの商品) が初心者にはあだになっている

百貨というくらいモノが溢れている。もちろん百貨店の主力商品である服はいろんなブランドやメーカーが入っている。

たくさんの服があることで、初心者であるあなたは、どこから探していいのか、どこに目的のものがあるのかさえわからない。

ファミリーで買い物に来て、疲れ果てた男性をよく見かける。若い人もいるが、50代のあなたは休憩場所や止めた車の中で寝ているのがオチだ。

ブランド品を買いに行くという明確な目的があれば別だが、そうではなく自分に似合うパンツが欲しいと漠然と頭に浮かんだ物を求めるのは難しい。

どのブランドがどんな服を揃えているかもわからないあなたは困惑するだけだろう。
いい大人が広い百貨店の中で迷子になるのは恥ずかしいことだ。

西武池袋店

販売員のなかでおしゃれな人はいるのか?

多くの場合、販売員の着ている服は女性が百貨店の制服、男性はスーツである。これだと彼らの着こなしやセンスがわかりづらいからおしゃれ度が掴めない。

外見はその人となりを現す。百貨店の販売員の中におしゃれな人を見つけることは簡単ではない。

だから、安心して服を購入するのに不安がよぎるのだ。

例えば、制服やスーツでおしゃれ度が判断できなければ、その人の髪型や靴を見ればいい。頭のてっぺんから足元まで気を使っているかどうか。髪の毛がボサボサだったり、靴が汚れていたり、革が擦れていたりしたらアウトだ。おしゃれは細部に宿るのである。

日本橋高島屋

百貨店ではウインドウショッピングをするために利用する

少しでもファッションに接しておきたいと思うならば、百貨店のウィンドウショッピングが向いている。

それこそ様々な服を見ることで、良いものを見るが養われる。しかし、覚えておきたいことは、有名ブランドの服でも着ることに困難なものがあるという事実だ。

過剰なデザイン、カラーなどの奇抜な物は避けていく。残るのは一見あまりにも平凡で退屈なシンプルすぎる服。

これらが50代の大人が着る服である。50代が目指すのは何も目立つためのファッションではない。着心地がよくシンプルだけど、オーラを発するような服である。一旦袖を通すと着た人が格好良く見える服。そんな服を探すのだ。

ISETAN MEN’S

ファッションの総本山。日本初メンズオンリーの館を作った。ここに行けばすべてのファッションアイテムが揃との伝説がある。しかし、50代のファッション初心者には鬼門である。あまりにアイテム数が多すぎて迷子になる。まるで迷路みたいだ。

阪急MENS TOKYO

西からやってきた黒船。瞬く間に銀座の顔となった。ISETAN MENSと双璧を成す存在に。ここもISETAN MENSと同様、迷子率が高い。どちらが好きかは好みの分かれるところ。

西武そごう

その昔、西武百貨店はファッションをリードしていた。今もその名残はあるが、高級ブランドが主である。上記の二つよりも見応えに欠ける。

高島屋

本体の百貨店はお上手を言ってもセンスがいいとは言えない。ここの魅力はショッピングセンターにある。ここでは触れない。たぶん典型的な百貨店の姿なのだろう。

松屋銀座

隣のGINZA SIXの客足の流れに乗った感がある。松屋の存在は催し物だ。恒例のメンズ祭「男市」が有名である。

松坂屋

GINZA SIXの成功で百貨店を卒業した感がある。もちろん地元名古屋では百貨店としてまだまだ健在だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*