50代が求めるファッションとは何が正しいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コーディネートを考えているだろうか?

ファッションは正解はあってないようなものだ。あってなようなものというくらいだから、正解があることも事実なのである。

皆さんはファッションを自分本位に考えていないだろうか。色の組み合わせ方や全体のシルエットを考えて、デニムとシャツを合わせているか。ポロシャツを着ているか。どうだろう。

いちいちこんなことまで考えて服を着るなんて大袈裟過ぎる?

しかし、ファッションの正しいコーディネートは、この面倒ことをいちいちを考えて、実行することなのである。

たぶん皆さんがやっていることは、ファッション雑誌をマネてみるとか。ネットでコーディネートの画像を探して参考にするとかくらいなのではないだろうか。

そんなことすらやっていない50代のあなたは、せいぜいその日の気分でなんなく服を決めている。

さらに酷いのは考えがないこと。
毎日の装いを考えるなんて煩わしい。

結果どうなっているか。とても悲惨なコーディネートになっているのがオチだ。着ている本人に自覚がないのが本当に怖いことである。


ファッションの基本は煩わしいと覚悟する

だから、前のブログには9割の人のファッションが変だと書いた。上のようなことが日常的に行われているのなら、満更ウソではない。

50代に特化したこのブログは9割の中から抜けて出して、おしゃれに格好良くなりたいと思っている人向けにファッションのあれこれを提案している。

コーディネートの煩わしさから解放されるには、逆に基本の煩わしさを通らなけれならない。

シンプルなコーディネート

この過程を疎かにすると、また自分本位のわけのわからないコーディネートになってしまうだろう。

ファッションを選別することを覚えよう

どのようにしたら正しいファッションのコーディネートができるのだろうか。

何回も言っている通りに適正なサイズの服を着ること。色数は増やさず3色以内に収めること。柄物は避けること。最低でもこの3つは実行して欲しい。

さらに言うと、シャツと靴はオーセンティックな物を選ぶ。シャツは色が付いたボタンの物や、靴を選ぶなら先端が尖っていて上を向いている物は避ける。

有り得ないシャツ

これらを着ているおしゃれ人ははいないからである。まったく我々が目指しているおしゃれとは異質な人が着るものだ。間違えないだ欲しい。

正しいファッションとは、長い間をかけて受け継がられて来たものである。われわれ日本人の洋装に対するものとは歴史の差があまりは違うのだ。

後の2つを加えてこれら5つを守るだけでおしゃれの基本をマスターできるだろう。

ファッションは選ぶものよりも選ばないものを理解する方が良いのだ。選ばないでいいものは大量にある。選ばなくていい物を判断する目を養おう。

3色使いのコーディネート,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*