50代、60代は、他人に自慢するために服を着るのではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この年齢になると、持っているものの自慢はできなくなる。そういうことが恥ずかしいと感じてもおかしくない。

車や時計などの高価なものほど人に見せたい衝動に駆られるのは自然なことなんだと思う。しかしそれは40代までに済ませておきたい。

高価な車や時計を持っていることを批判しているのではない。そういうものを持っているならば、衣食住すべてにおいて均等に、バランス良く、相応の家だったり、インテリアだったり、持ち歩けない不動産も立派でカッコよくありたい。

パネル仕立ての家に高級車はどうかと思う。

ライフスタイルは服だけに限らず、生きていく上でその人が必要と思っているものすべてを含めていう。

家、インテリア、絵画、車、時計、服など衣食住すべてにおいて、価値を統一した方がいい。

f:id:maxxkun:20190915215327j:image
f:id:maxxkun:20190915215352p:image


服だけ突飛なブランド物。フェラーリなどの高級車。高額な時計。

こういうモノを当たり前に他人に見せびらかす人はカッコいいか?

お金持ちなのはわかる。でも、それ以上でもそれ以下でもない。

得てしてこういう人のファッションは酷いことが多い。

超高額な時計とブランドファッションで固められた人はおしゃれに見えない。

あなたははそういう道を歩まないようにすべきだ。

時計と同じようにファッションにも気を使う。車にも気を使う。家のインテリアにも気を使う。

高価なモノで揃えるのは難しいけれど、すべてがバランス良く保たれている。

こういうことを常に心がけていたいものだ。

高価な服を着ていてもカッコよく、おしゃれに見えないのはわかっていただけたと思う。

おしゃれは決して高額な服を着ることではない。

相応のファッションをご自身で確立することが肝要である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*