【重要】夏のトップスをきちんと着こなすにはどうすればいいのか?

アイテム
 

50代男性にとって、夏のトップスをきちんと着こなすにはどうすればいいでしょうか?

ダサくなるのは簡単です。
夏のカジュアル服を着ている90%以上の中高年が野暮ったいオヤジ、ジジイファッションになってしまっています。 夏物トップスをきちんと着るのは結構、難易度が高いのです。

なぜなのでしょう。
理由は三つあります。

一つめは加齢による体型の変化

50代になって30代の体重を維持している人はどのくらいいるでしょう。 大概は太ってしまうか痩せてしまうか。両極端になっていきます。 太っちょの人。痩せっぽちの人。どちらも着るものを考えると悩みますね。

二つめはファッションへのこだわりがなくなったこと

若い頃、ファッション雑誌を読み漁っていた人でさえ、中高年になるに従い、ファッションはライフスタイルの下位になってしまいました。
ファッションへの関心・興味がほとんどなくなってしまったのです。

三つめの理由は、夏服は限られたアイテムしかないので、着こなしでの誤魔化しが効かないから

秋冬ファッションに比べ、お洒落に着こなすのにはちょっとした知識とテクニックが必要です。それでは、50代の大人が恥ずかしくない夏服の着こなし方とは何なのかを考えていきましょう。

流行のファッションを追わない。ちょっとでもファッションにこだわってみる→シンプルな服、クラシカルな定番服を着る→上品な魅力溢れる大人の着こなしができる。

大人のファッションには「上品さ」が必要不可欠です。
高価な服だけでコーディネートしても、決して上品さには現れません。(ここがファッションの摩訶不思議なところ、面白さでもあるのですが…。)

ブランド物を着ることとファッションセンスはまったく無関係です。

では、どのようにしたらファッションセンスが身に付くのでしょうか?
まず自己勝手流をやめること。

ハイブランドの服やファストファッション(ユニクロ、GU、無印良品など)の服を好き勝手に着るだけならば、センスはまったく必要ありません。

少しでもダサくならないようにするには、自己流をシフトチェンジして、ファッションの基本を学ぶことです。

テクニック①大人のTシャツの着こなし方
夏の定番アイテム、Tシャツ。
若かりし頃、派手なプリントのTシャツを着ていました。流石に今も同じようなものを着るのにはちょっと、憚りますね。

大人のTシャツは、若者のそれと同じにはいきません。着るのはやはり無地のTシャツ。

色も抑えめに白、黒、ネイビーなどベーシックなモノに留めましょう。

テクニック②ニットT、ニットポロを着る
アイテムはTシャツだけではありません。

 

いや、これらとは別の上品さが出せるアイテムがあります。
それがニットです。。一枚で着てもよし、上にジャケットを羽織るのもよし。
ただ良いことづくしではありません。
デメリットはお手入れが難。家での洗濯ができないこと。

でも、肌に直接触れるものだから、こまめにクリーニングをしておきたい。
上品なお洒落をするには、これくらいの手間は惜しまないことです。

テクニック③Tシャツに一つアイテムを追加する
Tシャツはタックインかアウトか?
Tシャツの裾をパンツの中に入れるか出すので、着こなしがガラッと変わります。

これ正解はないのですが、ルールというか、あるセオリーに従って着こなすことをおすすめします。

ほぼわれわれの年齢の人は、Tシャツをタックインしただけの着こなしではダサくなります。

しかし、タックインでも、お洒落に見せる方法もなきにしもあらず。
どうするかというと、Tシャツの上にジャケット、もしくはシャツを合わせます。
隠すというよりも、その部分を目立たなくさせるのです。

Tシャツオンリーでタックインしてしまうと、下腹部の出っぱりが目立って、見た目美しくない。

テクニック④Tシャツの裾を出したなら、裾丈の長さに注意する
次にパンツから裾を出す着こなしでは、トップスの裾丈がポイントになります。

Tシャツ、ポロシャツはジャストサイズかちょっとゆるめものを選びます。
今流行りのビッグTサイズを着るのは下の世代に任せておきましょう。

シャツはスリムになるほど、バランス的にも裾丈は短くなっていきます。

裾丈は、ジャストサイズのトップスで、パンツのベルト位置から5センチくらいの長さがベストです。
お尻が隠れるほど長いと上下のバランスが決まらず、ダサく見えてしまいます。

テクニック⑤カジュアルシャツはゆったり目に
Tシャツやポロシャツはジャストサイズをおすすめしましたが、逆にカジュアルシャツ(シャツブラウス)は、ちょい緩めがポイントです。

ゆったりとした着心地は、通気性の良さが清涼感を与えてくれます。

特にリネン(麻)シャツは夏のトップスの代表選手。特有のシワと軽やかさが清涼感を漂わせてくれます。

Tシャツ
クルーネックTシャツ、VネックTシャツ、ニットTシャツ

ポロシャツ
鹿子ポロ、ニットポロ、コットンポロ

カジュアルシャツ
ボタンダウンシャツ、カプリシャツ、バインドカラーシャツ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました