50代、60代の大人は、シャツの上にはジャケット以外、何を着たらいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

シャツの上にはジャケット。
ジャケットを羽織ることはすぐに思い浮かぶ。


私が兼ねてから50代、60代はジャケットを多用することを推奨してきた。


ただジャケットだけでは心許ない。他のアイテムでシャツに合わせられるものはないか?


秋物には結構シャツに合わせられるアイテムがある。ニットだ。


セーター、カーディガン、ベスト。
この3種はマストアイテムである。


セーターはハイゲージかミドルゲージを、カーディガンはハイゲージまたはローゲージもありだ。


季節によってハイゲージ、ミドルゲージ、ローゲージと使い分けたり、アウターを着るならば中はハイゲージ、ミドルゲージとなる。


間違ってもアウターの下にローゲージのニットを合わせてはならない。ローゲージのニットはその上に何も羽織らないのが基本だ。

f:id:maxxkun:20191013183045j:image

基本的な着こなしは写真の通り。シャツの上に着る。ここでのポイントは、ニットの袖口からシャツを覗かせること。


ジャケットやスーツと同じである。袖口からシャツの袖を5ミリから1センチ覗かせていた。


ここはカジュアルな装いなので、もう少しシャツの袖を覗かせてもいいだろう。

f:id:maxxkun:20191013183130j:image

また裾口からシャツを見せるとカジュアル感が増す。これがハズシとか、着崩すということだ。


首元、袖口、裾口のシャツの出方のバランスがいい。さらにシャツの白にスニーカーの白を選ぶことによって、カジュアルな着方の中にも上品さがある。


正統的着こなし方を知った上で、ラフに着る。ここまで出来れば、着こなしの幅は一気に広がってくる。


今日の着こなしポイント
シャツの上に何を着る?

◉ジャケット代わりにニットを着る

◉ローゲージニットの上には何も羽織らない。

◉ハイゲージ、ミドルゲージの上にはアウターを羽織れる。

◉ニットの袖口からシャツの袖を出す

◉よりラフな着方は袖口だけでなく、裾口からもシャツを出す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*