50代、60代のおしゃれとダサいの境界線とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この歳になるまでファッションを気にしていない人も多いはず。

または若い頃はファッションに夢中になっていたが、年を取るごとに意識しなくなっていった人もいるだろう。

年齢に関係なく、正直言ってファッションをマスターするのはそう簡単なことではない。

意固地になったり、独善的だったりすることで、受け入れる間口が狭くなっいるのが原因だろう。心の広さがないのだ。

年をとって感性が鈍ったということではないし、センスの問題でもない。

ファッションが不得意だということに自分で気づいている人は覚えがいい。しかし、厄介なのは、不得意であることダサいことに気づいてない人である。

服を着こなせる着こなせないに関係なく、好きな服はある。好きな着こなしもある。ただ独りよがりなので、おしゃれとは程遠い。人の助言もち聞かない。当然ダサいままだ。

これからファッションをマスターしようという人のおしゃれとダサいの境界線は素直さがあるかないかだ。

意固地にならず素直に 、独りよがりにならず他人の助言を聞き入れられることが大切である。

ファッションは他の物事と同じように、一気にマスターできる人は稀だ。ほとんどの人は少しずつ階段を上って行くしかない。

繰り返す。年齢ではない。ファッションについて素直になれるかならないかで 、境界線を越えおしゃれになるか、ダサくなるかである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*