50代60代はこのネクタイ以外するな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

百貨店でも紳士服専門店でもいろんな柄のネクタイが並んでいる。


しかし、この中の8割は使えないと思っていい。使えないというのはネクタイが変だからだけではなく、おしゃれ初心者、50代60代には向かないということも含んでいる。


シャツ同様、ネクタイも日本独自の広がりを見せている。


良くあるのはキャラクターをプリントしたもの。いいオヤジは絶対にしてはいけないものだ。


今日も50過ぎのオヤジがゾウが散りばめられたネクタイをしていた。ジョークなら許せるが、本人が至って真面目なほどヤバい。


あと気をつけたいネクタイはエルメスのもの。
ネクタイだけで見ているときれいで美しいと感じるが、これスーツと合わせるとなると難しいのだ。おしゃれ上級者向き。


これをダボダボのスーツに何気なく合わせてしまっている人たちは多い。


失敗コーディネートの出来上がりだ。


ネクタイにもスーツに合わせやすいものとそうではないものがある。


エルメスのネクタイはその特徴的な柄が締める人を選んでしまう。


プレゼントに受け取ったことのある人も、もっとおしゃれ上手になってからにして、今はやめておいた方がいい。


さて、ネクタイの基本的ものは何か?

f:id:maxxkun:20191109224511j:image
レジメンタルタイ


小紋タイ


f:id:maxxkun:20191109222856j:image
ソリッドタイ


f:id:maxxkun:20191109222900j:image
ペイズリータイ


f:id:maxxkun:20191109222910p:image
ニットタイ


中でも上3つは定番と思っていい。
まずはこれらを揃えること。


色はネイビー系、茶系は必須。
あとはスーツなりジャケットに合う色を選ぶ。


ここで間違っても女性に選んで貰ってはいけない。なぜなら女性はネクタイそのものが良ければと思って、ジャケットなどとのコーディネートを考えないからである。


しかもそれ以上にネクタイの知識がないから危険である。


折角の親切が仇になる。 


わからなければ、ショップスタッフに聞くや。その時、合わせるスーツ、ジャケットは着て行くのが常識だ。


なぜなら、何に合わせるかでネクタイの選び方が違ってくるからである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*