50代自分のファッションを見直す方法!

PR

 

 

他人の振り見て我が振りなおせ!

他人のファッション(格好)には煩い人が多いのですが、自分だけは例外だと思っています。
他人のことはとやかく言う。変だと言う。
「本当に変なのはあなただ!」と言いたいのをグッと堪えてしまいます。
今までのフィールドワークから50代のファッションの傾向は、若い世代に限らず、まだ依然としてブランド信仰が強いようです。
例えば、大きなブランドロゴが入った服。見ればすぐにわかるハイブランドのバッグ。そしてファッションだけに限らず、誰もが知っている高級時計や高級車。

なぜここまでブランドを愛するようになってしまったのか?

それはブランド物を身につけることよって、認知してもらいたいという承認欲求の表れなのかなと思います。
他人に見せるためにブランド物を持つ。だから誰もがわかる大きなロゴやデザインが必要なのです。
 

お洒落な人はハイブランドに拘っていない

もちろんハイブランドの中にも優れたものはたくさんあります。すべてを否定するものではないのですが、お洒落な人は、ハイブランドに対する姿勢がそのものが違うのです。
あたかもブランドを誇示するようなロゴが入っている服やバッグには目もくれず、ファッションの多様性に目を向けています。
ブランド好きを公言している人は大きな勘違いをしています。何かというと、お洒落=ブランド物という図式になっていることです。お洒落になるにはブランド物を身に付けることだと思ってしまっているのです。
不幸なことにハイブランドの服を着ていても、高級バッグや時計を付けていても、高級車に乗っていても、お洒落でない人は五万といます。
どんなに高価な服でも、服に着られてしまってはダメ。服を自分なりの尺度で着ること、着倒すくらいの気概がなくてはお洒落な人にはなれません。お洒落な人になるのは結構強いハートが必要でハードルが高いのです。
また、お洒落な人はモノ選びにおいても工夫があります。
認知度が低いマイナーなブランドであっても、いいと思ったら飛びついて行きます。そのマイナーなブランドも数年も経てば、有名な〇〇ブランドに変貌を遂げていることも稀ではないのです。
先見の明があることもお洒落には欠かせないセンスと言えます。

お洒落になりたってホント⁉︎

ここまで見てきたのは、少なからずファッションに興味があり、お洒落になりたい!という意志が強い人のこと。
しかし、いろんな人がいてとても厄介なのは、お洒落になりたいと思っているけど、ほとんど皆無に近いくらいファッションを知ろうとしない人です。
こんな人はファッションを軽々しく捉えています。ちょっとファッションのYouTubeを見ただけで、「いいこと言ってるな」なんて言ってしまい、マネをするわけでもなく、ただ合点がいったと思うくらい。
本人はどう思っているのはわかりませんが、そんな人はちょっとヤバいくらいにファッションを語るには縁遠い人です。
我々は若くはない。本気で清潔感を保つとか、エチケットのある装いをしないと、小汚く見られてしまいます。
「若々しい」と言われても、所詮、社交辞令で単にお世辞だったりするのです。そんな言葉を鵜呑みにしないことです。
若い下の世代からしてみれば、我々60代も50代も40代も十把一絡げに見えますから。
 

ファッションセンスとは何かを真剣に考える

ここで初心に返えり、ファッションセンスとは何か?を考えていきます。
予めファッションセンスを持っている人はほんの少数です。誰もが初めから持っているものではありません。
ファッションの天才ではない我々はセンスは磨いていくしかないのです。ファッションにおけるセンスとは、選択眼、コーディネート力、俯瞰力をこの3つ持っていることです。
選択眼
どのアイテムを選ぶか。先ほど書いたようにマイナーなブランドでも選ぶことができる力を持っていることです。巷にある情報に左右されずに自分なりの尺度でファッションを選ぶ力。
コーディネート力
組み合わせ力。どのアイテムをどうやって組み合わせるとお洒落になるかを理解できている力。
俯瞰力
頭の天辺からつま先までコーディネートされたファッションを上から左右から全体を見ることができる力。パーツだけ良く見えても全身が歪んでいたらお洒落には見えないのです。
 

ファッションセンスの磨き方とは?

ファッション誌やYouTubeを見てもセンスを身に付けるには限界があります。頭の中で考えていても所詮机上の空論。ファッションセンスは実践から養われるものです。ファッションを学び実践して行けばセンスは後からついてきます。
選択眼の磨き方:間違いのないアイテムを選ぶには、間違いのないところ(ショップ)での選択から始まります。50代60代に相応しいアイテムが置いてあるショップはそんなに多くはないので、決め打ちできます。
コーディネート力の磨き方:選んだアイテムを組み合わせる。色、素材を見極めます。アイテムを見て触って感触を確かめます。そして何はさておき着てみること。試着をして服のサイズ感や着心地を感じることです。
俯瞰力の磨き方:最大の難関。自分のコーディネート、ファッションを少しでも客観視=俯瞰するには自分を映す鏡が必要です。そんな簡単なこと?と思っても、姿見に映る自分の姿を見るだけで、徐々に俯瞰力が養われ、不思議とファッションセンスが身に付いきます。

コメント