50代、髪型(メンズヘアスタイル)について考えてみます

ファッションの基本
 

年齢とともに悩みが多くなった髪の毛。50代のヘアスタイルはどうしたらいい?

 
若いうちから薄い人。年齢を重ねて少しずつなくなっていった人。
 
髪の毛のことは何だか気になるという人のためにファッション的なアプローチでお答えします。
 
 
記事のまとめ
・髪型(ヘアスタイル)がファッションとの関係について
・ファッションとヘアスタイルの合わせ方のコツ
・50代にとってのおしゃれな髪型(ヘアスタイル)、似合う髪型にする方法
・知らないと損するヘアケアについて
 
 
実際に髪の毛の多さ少さには関係なく、センス良くおしゃれに見える人がします。
 
髪が薄くても、禿げていても自信を持っていける大人に変わります。
 

髪型がファッションと密接な関係であること

①ファッションを良くしても髪型が決まっていないと、すべてが台無しになります
②顔の形から髪型をつくります
③自分のスタイルに合った髪型を考えるべきです
④流行の奇抜なヘアスタイルはNG。50代は大人の落ち着いた髪型にします

①ファッションを良くしても髪型(ヘアスタイル)が決まらないと、すべてが台無しになります

髪は顔全体の三分の一以上を占めています。他人が顔を見た時に髪型も目に入ります。
 
そのパーツが整えられていなかったら、センスが悪いと判断されてしまうからです。
 
初対面にもかかわらず、相手が寝癖のついた髪型をしていたらどうでしょう。
 
ビジネスでの商談、プライベートでのお食事の機会など、あらゆるシーンでヘアスタイルには気を配らなくてはなりません。
 
だから、髪型(ヘアスタイル)が決まれば、カッコいいスタイルが出来上がるのです。

②顔の形から髪型をつくります

面長の人と丸顔の人では似合う髪型が違ってくるからです。
 
例えば、面長の人はショートヘアよりもミディアムヘアのほうが似合います。
 
逆に丸顔の人は髪を短くして顔全体の面積を減らします。
 
顔の形を意識して、好きな髪型にするのではなく、似合う髪型にするべきです。
 
 

③自分のスタイルに合った髪型を考えるべきです

第一にわれわれイケてるはハンサムな男ではない。ここを忘れないことです。
 
モデルさんのようにどんな髪型をしても似合うことはないので、自分の顔に合っている髪型をにしなくてはなりません。
 
イタリア人の仕立て屋さんはとてもおしゃれです。
 
 
ハンサムでもないし、体型だってぽっちゃり。
 
髪の毛は薄くて禿げていしてもカッコいいのは、自分のスタイルを持っているからです。
 
大切なのは清潔感あるヘアスタイルなのです。

④流行の奇抜なヘアスタイルはNG。50代は大人の落ち着いた髪型にします

年齢を加味して髪型を考えないとイタい髪型(ヘアスタイル)になります。
 
ミュージシャン、アーティストではないので、流行の髪型、カラーは必要ありません。
 
一般人のわれわれは、流行よりもシンプルなモノコトを大切にしていきましょう。

 

まとめ

ファッションをつくるにはヘアスタイルがとても重要です。

服をきっちり決めたからと言って、気を抜いてはいけません。

年齢を重ねていくに従って好感度がアップする髪型がおしゃれの秘訣となります。

ファッションとヘアスタイルの合わせ方のコツ

①50代に似合うのはショートヘアからミディアムショートまで

第一に清潔感があることが大切。50代のヘアスタイルは、耳が隠れるくらいまでは許容範囲かと。
 
だからミディアムヘアよりも長い髪型は、ビジネスパーソンで言えば、クリエイティブな仕事をしている人向きだと思ってください。ミュージシャン、俳優さんならOK。
 
このような方たちはわれわれが考えている以上のケアをしているから大丈夫なのです。
 
だから、50代の大人が清潔感を持てるような端正な髪型は、ショートからミディアムショートまでです。
 

②理髪店、ヘアサロンはどんなふうな髪型になるかを通うお客から探ります

実際にやってカットしてもらわない。どんなヘアスタイルの技術があるのかわからない。
 
まずは情報を集めましょう。
 
私の経験では、お店に通うお客さんの髪型がカッコ良かったからという理由でサロンを決めました。
 
宣伝に迷わされずに済みました。ヘアスタイルのサンプルはネットを見るという手もあります。
 
実際の仕上がり具合がどうかを見極めることが肝心です。
 

③理容店&ヘアサロンでは、ただイメージを伝えるのでなく、実際にしてほしい髪型(ヘアスタイル)を伝えるべき

ファッションが苦手な人ほどイメージを言葉にしようとしてしまっています。
 
簡単にしてほしい髪型があれば、写真を見せて、「これと同じに」「これと似たように」と言うべきです。
 
スタイリストが理解できるようにリクエストすることが大切です。
 
まとめ
数多くの理髪店やヘアサロンの中から、自分に合うところを選ぶのは簡単ではありません。
 
ネームバリューを鵜呑みにして違ったということもあります。実際の仕上がりがどうなのかを調べることがいいでしょう。

知らないと損をするヘアケアについて

①髪の毛が少なくなったからと言ってもしっかりと髪のケア、頭皮ケアをします

50代、シニア世代に入ることを考えると世間では半老人です。
 
加齢によって体臭や抜け毛も気になります。
 
何よりも清潔にしていることが老けさせない一つの方法だからです。
 
フケがジャケットの肩に散らばっている。不潔ですね。
 
髪が薄くて、無理矢理カバーしようと不自然な髪型になっているのもおしゃれとは程遠いものです。
 
あまり作りすぎずにナチュラルな感じになるように髪の毛を労りましょう。
 
薄毛でもシャンプー、コンディショナーを使って清潔に努めます。
 

②ヘアケア商品は、出来れば理髪店やヘアサロンにあるものを選びたい。または男性専用のヘアケアもいいでしょう。

左からオルビスのMr.、THREEのシャンプー&コンディショナー、Aesopのシャンプー、スカルプD

サロンで使用されているヘアケア商品。ミルボンとスプリナージュ。

実際に使われているヘアケア製品は理髪店やサロン専用のものが多い。
 
そのような製品は安心して使うことできるからです。
 
またここ最近は化粧品メーカーのメンズ物が提供されています。
 
サンプルがあれば試してみるのもいいでしょう。
 
女性化粧品や男性専用の基礎化粧品を提供しているメーカーから質のいいヘアケア製品が多数出ています。
 
年齢を考えると、ヘアケア製品も選ぶ基準が若者向けとは違ってきます。

③ヘアケアの方法は、理髪店やヘアサロンで実際にしてもらっている通りにやってみます

やはりプロがやっていることを真似るのが一番のいいのです。
 
洗髪の方法もただゴシゴシと指先で掻くのではなく、優しく頭皮をマッサージするようにします。
 
頭皮の血行を良くしていくのです。
 
プロを信頼してヘアケアの方法をマスターしてみましょう。
 
まとめ
頭皮は顔の皮膚から続いています。顔だけをケアするのではなく、頭皮もしっかりとケアしておきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました