50代60代、スーツの着こなしのまとめ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、前にも書いているが、スーツの着こなしを完成させるにはネクタイとジャケットの色、柄のバランスが要である。


下の写真はネクタイの主な種類とコーディネートの仕方を示している。


スーツの基本はネイビーとグレー系を選んでみた。


1 レジメンタルタイ

f:id:maxxkun:20191122230119p:image
1 レジメンタルタイ

f:id:maxxkun:20191122223941j:image
2 小紋タイ

f:id:maxxkun:20191122223949p:image
3 ソリッド(無地)タイ

f:id:maxxkun:20191122224100j:image
4 ペイズリータイ

f:id:maxxkun:20191122224113p:image
5 ニットタイ

中でも上3つ、1、2、3のタイは定番と思っていい。まずはこれらを揃えること。


色はネイビー系、赤系(茶系)は必須である。

1はレジメンタルタイを使ったベーシックなコーディネート。ジャケットのネイビーを拾って青系のタイにしている。


2は反対色のコーディネート。ネイビー×赤系はグッと主張がある組み合わせだ。


3はグレンチェック柄の水色のヘアラインから拾った青色系をネイビーのタイとポケットチーフで揃えている。


4は同色系でもペイズリーのタイで遊びを入れたもの。

4、5はジャケットとタイを同色系で揃えている。5はワントーンコーデと言って同色系の濃淡でコーディネートしたもの。

3、5は胸ポケットにチーフを挿している。これがおしゃれ度を上げるポイントだ。


チーフの基本は白無地。あとはジャケットやタイの色を一色拾って挿す。濃淡はありだ。

5は柄物のチーフを持ってきた。嫌味にならない程度が全体にメリハリを与えてくる。

f:id:maxxkun:20191122224303p:image

反対色のコーディネートで最も使われているのは、青系と茶系の組み合わせだ。「アズーロ(青色) エ マローネ(栗色、茶色)」はイタリアサイド人の必須な色コーデ。


われわれもマネしたい組み合わせである。

最後にシャツの説明を。
シャツの基本は白のブロード織。長袖。襟元はセミワイドスプレッド。前立ては裏前立て(フレンチフロント)。ボタンは白蝶貝。

追記
ベルトと靴の色は揃えること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*