ブランドの変化は進化か退化か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベルルッティはどこに向かっているのか?

50代、60代の方でちょっとでも靴のことを知っていれば、ベルルッティをご存知だろう。

高級紳士靴ベルルッティはフランスのパリで産ぶ声を上げた。今から120年以上前のことてある。

そして月日は流れ現在、LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)の傘下に入り、ラグジュアリーメゾンの一員となった。

三代目当主オルガ・ベルルッティが退き、エルメジルド・ゼニア出身のアレッサンドロ.・サルトリが継いだ。

ハイダー・アッカーマンはわずか一年で交代し、今はクリス・ヴァン・アッシュが担っている。

一人目のアレッサンドロ.・サルトリまでは彼が作るプロダクトが理解できた。

三代目当主オルガ・ベルルッティへの尊敬と信頼があるものを作っていたように思う。

サルトリの服や靴はシンプルさの中に上品さを加え、ベルルッティの歴史観を表現していた。
サルトリが作ったグッドイヤーウェルトの靴もベルルッティの新たな一面を開いたと思える。

ここまでは靴に軸足があり、アパレルはまだチャレンジの域を出ていなかった。

だから、高級革靴店というイメージが残っていた。銀座店を除く各店舗は店内の8割が靴で占められていた。

私はこの空間が好きだった。ベルルッティの最大の特徴であるヴェネチアレザーに囲まれた店内は、ベルルッティの世界感を表現していた。

ベルルッティは変わった

ビッグメゾンではアーティスティックディレクターの交代は特に珍しいことではない。2、3年ごとに交代している例もある。

ディレクターが変わるたびに、あの靴屋だったベルルッティは薄れていった。私が好きだったベルルッティは姿を消した。

ほとんどのプロダクトにカリグラフィーが付けられている。わかりやすいアイコンを手に入れたのが、今のベルルッティである。

靴はイタリア製。ベルトはスペイン製。フランスの香りがなくなっていくようだ。

あまりに感傷的になり過ぎただろうか。

ファッションは決して同じところに止まらない。それは進化なのか退化なのか?

ベルルッティの変貌は、どう捉えられるのだあろうか。

ブランドの変貌をどう捉えるかは人それぞれだが、多くを求めない50代、60代のわれわれは、トレンドに惑わされず、良い物を手に入れていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*