50代、60代が既製服を探すなら試着は絶対に必要だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたは自分のサイズを知っているだろうか?


50代、60代は自分だけで服を買うことがあまりないと思われるので、自分のサイズを知らない人が多いのではないか。


サイズがわからなければ、適切な服は選べない。


ショップに行ってサイズを測ってもらうのもいいだろう。自分のサイズを把握しておくと、服を買う時の手間と時間が節約できる。


服を選ぶには、サイズ、形、色、素材を見て判断している。サイズがわかっているのなら、この中の形と色、素材を選べばいい。


サイズ選びは簡単そうでいてそんなに簡単ではない。


巷に溢れているサイズの合っていない服を着ている人々。こんなにも多くの人がサイズエラーを起こしているということは、適切なサイズの服を着ることができれば目立つ。人よりおしゃれに見える。(他人と比べるのもどうかと思うが)


的確なサイズを選ぶには試着をするしかない。服との相性を知る上で欠かすことができないことなのだ。


色、生地は着なくても見ること、触ることである程度はわかる。でも、形やサイズは試着してみないとわからない。


特に形は、吊るしてある平面に近い状態と着た時の立体的な状態では違っている。


だから、いろいろなブランド、サイズ違いの服を試着しまくって体験することが大切である。


質より量。量は質を凌駕する。


この時大事なのは、ショップスタッフにアドバイスを求めることである。ただ闇雲に試着すればいいというものでもない。適切なアドバイスをもらいながら、自分に合ったサイズを確かめていく。


余談だが、何でも勧めるスタッフはNG。肩幅から肩甲骨にかけて体と密着しているかを丁寧にに見てくれるスタッフがいい。


試着のメリットは自分に合うサイズがわかるだけではない。着た時の心地や雰囲気、服の形(デザイン)がわかることだ。


着心地は人によって様々である。Aという服がいいと思う人とBの方がいいと思う人もいる。どちらもその人に合っているのだから正解だ。


服はちょっとしたデザインで着心地が違ってくる。ビッグネームのブランド物でも体に合わなければ価値はない。


どうだろう。試着の重要性がわかっていただけただろうか。


オーダーした服も仮縫いという試着をする。既製服なら尚更、着てみなくては相性のいい服、おしゃれでカッコいい服に巡り合うことはできない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*