50代からのショートパンツの選び方、履き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

まだまだ暑い日が続きそう。昨日お伝えした夏の定番アイテム、ショートパンツの選び方を考えてみよう。

写真にもあるように膝上丈。シルエットはかなりタイトで、足に引っ付く感じである。

下の写真のようなゆったりめのシルエットのものもある。これが年を老けさせる形なのだ。
また、極端に短いパンツは、とっちゃん坊やに見えてしまうからやめよう。

長過ぎる裾丈。野暮ったく見えてしまう。
短いパンツと靴下の絶妙なアンバランス。大人のファッションとは言えない。

細い大会の人は貧弱に、太った人は大きく見えてしまう。
まずは膝上丈&タイトシルエットなものを選ぼう。

選んだらすぐに履いて外に出て行きたい気持ちもわからないではないが、足元を見ていただきたい。

スネ毛を処理しよう。

膝から下にスネ毛がぼうぼうと生えている。太ももの部分はパンツで隠れるが、膝下は無理。まずはこれを考え簡単にでもいいから処理しよう。

最近は脱毛処理のツールがたくさん出ている。中でもお勧めはパナソニックのだ。永久脱毛ほどではないが、自宅で処理するには適当た。

また、クリーム城の薬剤もあるけれど、肌への影響は人それぞれ違うので試してみたい方はトライしてみて。

足元もきれいに仕上がった。あとは合わせるとアイテムだ。ショートパンツの場合、靴下は履かずに裸足か、インビジブルソックスを履いて靴下が見えないように合わせる。
間違っても普通丈のソックスを履いてはいけない。  

足元がサンダルの場合は素足になる。
他にはちょっとドレッシーに決めたければ、ドライビングシューズやカジュアルローファーを合わせると良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お問い合わせ

コメントを残す

*