バブル期オヤジたちよ、もっと格好良くなれ!(自分を含めて)

ファッションが苦手で、なかなかおしゃれになれないあなたでも時には自分対してエールを送ってみることも必要かと思う。


私にとってはおしゃれをすること、ファッションについて考えることは楽しくてしょうがないけれど、全く逆の人もいるわけで、とても気の毒に思うのと、このブログで何とかそういう人に少しでもファッションの楽しさを感じてもらえたらなあと思って書いている。


50代60代というバブル期の初期もしくはバブル期前の若い頃のわれわれは、ファッションにはそんなに縁遠くなかったように思う。


ただ昔と違うのはファッションって学ばなければいけないの?という大変さがわかってしまったことだ。


最新の流行に身を包んで、これ見よがしに着ていたあの頃を思うと恥ずかしさもある。


心底カッコいいと思っていたし、センスがあるとも思っていた。


年齢を重ねるにつれてファッションから離れていった人も多いだろうし、若い頃から全然興味がなかった人もいるだろう。


そんな若者が人生の半分まで来て、まだカッコいいと思われたい、おしゃれでいたいというのはとても格好いいことだと思う。

f:id:maxxkun:20190929070534p:image

オヤジがジジイが、カッコつけて悪いことはない。誰かのためするファッションの割合を減らして、自分自身のためのファッションを作り上げよう。


そりゃ他人に対して迷惑をかけたり、不快な思いをさせるのは論外。


自分本位のおしゃれはできる。でも、ただ服を着ればいいというのではない。カッコよく着るには知識がいる。知識はセンスに昇華する。


このブログで私が書いてきたことを実践するば、自ずとカッコよくおしゃれなオジさんになれる。


やるかやらないかはあなた次第だ。 

f:id:maxxkun:20190929070342p:image


ファッションはある程度の出費がかかる。50代、60代は全てをユニクロで済ますわけにはいかない。


ましてや着まわしなんてできるわけがない。今まで持っている服がダメだからカッコ悪くなるのであって、もったいながっている場合ではない。


新調するのはごく僅か。その全てに4番打者になってもらうのが理想だ。


ファッションに囚われず、ファッションを楽しむ。まだまだ50代、60代。おしゃれでカッコいいオヤジを目指して行きましょう。頑張れ、自分!

50代、60代のパンツの選び方とは?

パンツのシルエットは股下(レングス)と裾幅、わたり幅(腿の辺りの幅)で決まる。


50代、60代が穿くパンツは細すぎず太すぎずがいい。


最近の傾向として、腰回りはゆったりしたシルエットのものが出てきた。腰回りがゆったりだとちょい太の体型でも股ずれなく穿けるのがメリットだ。


私も人のことは言えないが、中年太りになった。知らぬ間に腿が太くなっていて股ずれを起こす。


そうなるとノータックのパンツは腿周りが張ってしまって歩きづらい。だからタックの入ったパンツは重宝している。

f:id:maxxkun:20190928064352j:image
ウエスト周りがゆったりしている。裾にかけてかなり細くなっているテーパードラインのパンツ。丈はノークッションに近い。

腿周りはわたり幅の2倍になる。わたり幅が長ければ太い人は穿きやすいパンツと言える。


また細身の人ほど、スキニーなどの極端に細いパンツは穿かない方がいい。なぜなら若い人ならスリムと思われるが、年齢がいった人は貧弱に見えたり、歳取ったように見られてしまうからだ。


この微妙なシルエットが合うパンツかそうでないかでおしゃれさが決めるのだ。


極論を言うと、膝から下に向かって細くなっているテーパードラインのパンツならほぼ間違いないだろう。


スーツのボトムスやスラックスは、裾幅20センチ前後。裾幅が広くなるに従って、クラシック感が漂う。

f:id:maxxkun:20190928065122j:image
ノータックのスッキリとしたウエスト周り。膝から下に向かって細くなっている。裾の長さはハーフクッション。美脚パンツである。


われわれの世代ならこのくらいがベターだと思う。


裾幅はわかった。でも、実際に購入してからすぐに穿けないのがパンツだ。パンツの長さを調整しなくてはならない。


パンツの丈。レングスはどのように考えればいいか?
これは裾幅と深い関係がある。


裾幅を短く細く取れば、丈を短めにすること。ノークッションがいい。


先程のスラックスなどドレッシーなパンツは、ワンクッションかハーフクッション。
履く靴にもよるが私の場合はハーフクッションが多い。


これも短く取るとカジュアル感が増す。本当に微妙なところであるが、間違えると悲惨なパンツになってしまうので注意したい。


よく見かけるのは裾幅が20センチくらいなのに、ノークッションもしくはそれより短いクロップド丈にしている人だ。


これだと見た目がツンツルテンのパンツにしか見えない。


また逆のパターンは長すぎるのである。歳がいくにしたがって、長い丈のパンツを穿いてしまう傾向にある。

f:id:maxxkun:20190928065158j:image
今までこんなパンツを穿いていたのでは?
丈長、幅広の典型的なオッサンパンツだ。


裾が長くないと落ち着かないみたいだ。ここから意識を変えてもらいたい。


自分が良しと思っていることが正しいとは限らない。ましてや苦手なファッションのこと。他人の意見や他人目線を受け入れる余裕が欲しい。


人の視線は初めに上半身を見る。それから引いて全体を見る。この時にパンツが見に飛び込んでくる。


疎かになりがちなアイテムでかるが、決して侮れないものだ。


上半身だけ下半身だけがいいというおしゃれはない。全体のバランスでおしゃれさが決まる。


これらのことを踏まえてパンツ選びを楽しもう。

50代、60代の男性が着る、女性に喜ばれる服とは?

女性に喜ばれる服、格好いいと感じてくれる服の筆頭はタイドアップしたスーツである。


なんだかんだ言っても女性は働く男の姿に魅了されるのだ。


但し、スーツを着てネクタイを締めればいいというものではない。どう見せるかが重要ある。


昔よくサラリーマンのグレイスーツをどぶネズミルックと揶揄された。そんな着方は論外。


女性はスーツを格好良く着ている姿に憧れるのだ。 


問題は格好よく着て見せることだが、手持ちのスーツをどうやったらできるのか?


はじめに答えを言うと、無理である。


手持ちのスーツでは女性ウケしない。理由はスーツ自体がダメだからである。


また、あなたが今まで購入している店で新しいスーツを買ったとしても結果は同じだ。


ダメなスーツをいくら新調しても推して知るべしだ。


これは既成スーツ、オーダースーツ問わず、ダメなものはダメ、いいものはいいと区分がしっかりとできているのだ。


だから、ダメなスーツを着て、おしゃれを頑張ってみても女性には響かない。


どんなスーツなら女性が喜んでくれるのか?
写真のように体をしっかりと包み込むようなスーツである。

ネイビーブルーのスーツは体と一体になっている。
このくらい体にフィットしていると美しさが出る。

スーツと体が一体になっている。大きくもなく小さくもない、ジャストなサイズの服。


例えが昔話で恐縮たが、スキーを例にとると、ゲレンデでスキーウエアに身を包んだ男がきれいなフォームで滑降してくる。この姿に女性は見惚れてしまう。


後日、その彼と都会で会ってみた。驚いたことにスキーウエア姿とは別人のスーツを着たダッサい男の姿が目の前にあったのだ。


相手の着ているものによって感情、特に女性の場合は変わる。


スーツも然り。女性の感情を震わせるようなスーツを着るべきである。


最初の一歩は無地のネイビースーツだ。タイドアップしたネイビースーツを着こなすのは簡単なようでそうでもない。


多くのスーツの中からあなたに合ったジャストサイズを選ぶのだ。オーダーでも同じ。オーダーの方が難しいかもしれない。


変なオーダー屋に頼むとダボダボのスーツが上がってくるから慎重にすべきである(オーダースーツの件についてはまたの機会に詳しく説明する)。


写真のようなシルエットのスーツが正解だ。このようなスーツを着て女性に喜ばれる演出をしてもらいたい。

f:id:maxxkun:20190923225052j:image
シンプルなネイビースーツを着こなせれば、女性に喜んでもらえる。

50代、60代が守るべき5つのファッションルールとは?

ファッションにはルールがある。ああしたらいい、こうしたらいけないという5つのルールだ。

これがわかっているといないでは雲泥の差である。

ファッションは何でも着れればいいというものではない。

アイテムを組み合わせてみることで形が完成する。

われわれはこの先も自分で服を着ることができなくなるまでこの行為は続く。

せっかくなので、服を着る楽しさが実感できたら、面倒な服選びも楽になるだろう。

そこで、服を着こなすための最低限のルールを紹介しよう。

当たり前と思われることでもそれをキッチリできている人は少ない。

ルール1
適正サイズの服を着る。
多くの人が間違っているサイズ選び。50代、60代はどちらかというと大きめのサイズの服を選びがちだ。全身ダボダボの服を着ている。

端正な着こなしはサイズが適正であるかどうかにかかっている。

f:id:maxxkun:20190921192625p:image
寸分狂わないサイズ。きれいに体を包み込んでいる。

ルール2
購入する場所を選ぶ。
服を購入するには百貨店、ショッピングモール、セレクトショップ、専門店、ネットなどがある。

われわれが進んで購入するものはどこに行ったらあるのかを知っておく必要がある。まったく的外れなところ行っても、50代、60代のファッションは出来上がらない。

f:id:maxxkun:20190921192701j:image
f:id:maxxkun:20190921192654j:image
f:id:maxxkun:20190921192651j:image

ルール3
奇抜な服を選ばない。
クラシックと言っては古いものと思われがてだが、ここでのクラシックとは伝統に則ったものという意味合いで使いたい。

違う言い方をすると、オーセンティックでる。だから、見かけが 凝ったものではなく、極めてシンプルなものでいい。

f:id:maxxkun:20190921192713j:image
オーセンティックなフライのシャツ

ルール4
実際に服を着てみること。試着。
オーダー服ならいざ知らず、既成の服はあなたの寸法通りに作られてはいない。だから、試着をして体に合う服を見つけることだ。

メーカー、ブランドによってあなたに合うものは違ってくる。AというブランドではMサイズだったのに、BというブランドではLだったということはよくあることだ。

ルール5
着こなしの基本は清潔感があるかどうかだ。 
服は自分だけのものと思ってはいけない。着ることで他人に見られているからである。他人を目の前にするのだから、汚くては話にならない。最低でも清潔に見えるようにすべきだ。

50代、60代が参考にできるNHKキャスターの着こなし術

ファッションはどこからでも学ぶことができる。電車の中、繁華街、ショッピングモール、そしてテレビの中。

昨今、NHKが批判の対象になっているが、社としてのNHKはさておき、番組の中に登場するキャスターやゲスト俳優などのファッションは見るべきものがある。

NHKのニュースウォッチ9を久しぶりに観た。いつもは女性キャスターの桑子さんに目がいってしまうのだが、この日は違った(たまたま桑子さんがお休みだからか?)。

男性キャスターの有馬嘉男さんのストライプスーツ姿に格好良さを感じた。

スーツだけ見ると何の変哲もない大ぶりなストライプ柄のスーツだが、シャツ、グレイの柄ネクタイ、グレイのポケットチーフの組み合わせが絶妙なバランスだった。

そして、もう一人、スポーツキャスターの一橋忠之さんも同じように格好いい着こなしをしていた。

ネイビーのネッブのスーツに白シャツ、ネクタイ、白のポケットチーフ。こちらも完璧なコーディネートだった。まったく隙がない。基本的な着こなしのすべてが揃っている。

両キャスターの締めるネクタイはディンプル(ネクタイの結び目の下につくる窪みのこと)がきれいにできていて締め方も緩くない。

写真はイメージです。

かたや民放はどうかというと、これはどうかなという着こなしが多い。民放の方がファッションに気を遣ってそうだが、そんなことはない。
ネクタイの締め方は緩いし、色合わせもなっていない。

些細なことかもしれないが、画面からでもここまでは伝ってしまうのだ。

相手の目線は顔、上半身を見る。テレビ画面のキャスターたちもデスクを前にして、ほとんど上半身が映る。

だから、相手と近い距離で面と向かうということはどれだけ緊張すへき瞬間か推して知るべしだ。

ファッションが苦手な50代、60代には、ちょっと難しいかもしれないが、なるべく近いうちにこんなコーディネートができるようになってほしい。

写真はイメージです。

彼らのファッションのツボを押さえたコーディネートは、多くを学べる絶好の教科書である。