アイテム

シャツの下に着るインナーは何を選んだら良いのか?

まだ夏の名残りが続く。

日差しは和らいだが、湿度は高い。蒸し暑い。歩くと汗をかく。

シャツの話をしよう。 西洋人はシャツは下着と考えているからシャツの下には何も着ないと言われている。

わたしも何年か前まではこの教え(?)に従ってシャツの下にはインナーに着なかった。

どうなったかというと汗でシャツが張り付いてしまう。15分ほど歩くとそうなる。

特に背中が汗ばんでいるのがわかる。気持ち悪い。

他人が見たらさぞかしみっともなく映っていただろう。

そんな経験からインナーを着ようと思うようになった。

しかし、わたしが望んでいるインナーはなかなか見つからない。

条件は、インナーがシャツに透けて見えない。シャツの第2ボタンを外してもインナーが見えない。汗をちゃんと吸収してくれる。

こんな3つの条件を満たしてくれるインナーはどこにあるのか?

冬物でもお世話になった、SEEK(シーク(というブランドを探してみると、あった。

まず、胸元が深く、シャツのボタンを外してもインナーが見えない。条件を一つクリアした。

インナーが透けてシャツから見える。白ではなく肌の色に近い物を選んだお陰で、これもクリアした。

多くの人が間違っているのは、インナーは白ならいいも思い込んでいること。白シャツ、サックス(淡い水色)の下に白いインナーは透けて見えてしまう。

インナーを見せたくなかったら、肌に近い色と覚えておいて欲しい。

3つめの条件。繊維が進化して、軽くて涼しいものが出ている。わたしの場合はSEEKのメッシュタイプを選んだ。

というわけで、SEEKはすべての条件をクリアした。

次にユニクロのAIRism(エアリズム)はどうか?

これらを着ることによって、みっともない格好ではなくなる。

コスパは最高だ。990円(税別)。メッシュタイプはないが、AIRismなので軽く、涼しい。速乾性がイマイチなところくらいだ。もちろん肌色がある。肌色のメッシュタイプがあればもっといいのにと思うが…。

みっともなくないことはファッションにとってとても重要なことである。

追補
クルーネックのインナーだと首元から覗いてしまうので避ける。必ず深めのUネックを選ぶこと。

そして、シャツに響かない縫い目もないシームレスなら万全だ。

50代、60代の秋冬物の先物買いは何を買ったらいいのか?

まだ、暑さの残る今、晩夏物や初秋物が少しずつ揃い始めている。

今、立ち上がっているシーズン物はあまり点数が多くないのが特徴だ。

メリットは、まず人とかぶることが少ない。秋の終わり、冬の始まりまで着ることができる。思っているよりもシーズン中長く着られるのである。

この晩夏物、初秋物で手に入れたいのは定番に限る。トレンドは無視していい。

細番手(細かな網目の薄いもの)のウールセーターやカーディガン、タートル、長袖のポロニットだ。

新色は避けてここは定番の色を選んでおきたい。黒、グレー、白の無彩色。ネイビー、ベージュ、ブラウンなど。

素材はウールかカシミア。あとはウール、カシミア、シルクなどの混紡も良いだろう。

ブランドによって打ち出し方が異なるのでショップで確認しながら選ぶこと。

ジャケットはネイビーからグレー、カラー、柄物の順で揃えていく。きれいな柄物に心が傾きがちになるかもしれないが、50代、60代のファッション初心者にとってはハードルが高いので控えておこう。

それでもという方はベーシックな定番物を揃えてからチャレンジしていただきたい。

パンツはカジュアルでは厚手のデニム、厚手のコットンパンツが定番である。

ドレスパンツはウールまたは混紡のものがある。

最近は履きやすさにウエイトを占めるようになって、伸縮性のある生地を使っているものが多くなった。ストレッチ素材が入っているのとそうではないものの違いは歴然としている。入っている方が履きやすさは抜群にいい。

しかし、スーツでは、ストレッチが効いているものはカジュアル感が強くなるので控えたい。年齢を考えると、ストレッチが入ったものはカジュアルなパンツだけにした方がいいだろう。

服は形だけでなく、素材表示を確かめてから買うことも習慣にしておきたい。

50代からのショートパンツの選び方、履き方

まだまだ暑い日が続きそう。昨日お伝えした夏の定番アイテム、ショートパンツの選び方を考えてみよう。

写真にもあるように膝上丈。シルエットはかなりタイトで、足に引っ付く感じである。

下の写真のようなゆったりめのシルエットのものもある。これが年を老けさせる形なのだ。
また、極端に短いパンツは、とっちゃん坊やに見えてしまうからやめよう。

長過ぎる裾丈。野暮ったく見えてしまう。
短いパンツと靴下の絶妙なアンバランス。大人のファッションとは言えない。

細い大会の人は貧弱に、太った人は大きく見えてしまう。
まずは膝上丈&タイトシルエットなものを選ぼう。

選んだらすぐに履いて外に出て行きたい気持ちもわからないではないが、足元を見ていただきたい。

スネ毛を処理しよう。

膝から下にスネ毛がぼうぼうと生えている。太ももの部分はパンツで隠れるが、膝下は無理。まずはこれを考え簡単にでもいいから処理しよう。

最近は脱毛処理のツールがたくさん出ている。中でもお勧めはパナソニックのだ。永久脱毛ほどではないが、自宅で処理するには適当た。

また、クリーム城の薬剤もあるけれど、肌への影響は人それぞれ違うので試してみたい方はトライしてみて。

足元もきれいに仕上がった。あとは合わせるとアイテムだ。ショートパンツの場合、靴下は履かずに裸足か、インビジブルソックスを履いて靴下が見えないように合わせる。
間違っても普通丈のソックスを履いてはいけない。  

足元がサンダルの場合は素足になる。
他にはちょっとドレッシーに決めたければ、ドライビングシューズやカジュアルローファーを合わせると良い。

50代からのスーツの選び方

50代、60代は一着を慎重に選ぶこと

まだ暑い日が続くけれど、スーツの選び方を考えでみよう。

なぜかと言えば、6カ月かかるオーダースーツを作るとなると、仕上がりは2月になってしまう。

今は短納期の仕上がりが売りのスーツもある。こちらは低価格が売りだ。

50代、60代のスーツ選びは30代40代とは違う。それは極力無駄を省くことである。だから二着で5万円とかいう買い方はしない。まずは一着を慎重に選んでいきたい。

オーダースーツのメリットデメリット

オーダースーツのメリットの一つには体にフィットしたものが着られることである。

基本は採寸から始まる。手間をかけたオーダースーツは体にジャストフィットし、着心地がなんとも言えずいい。

デメリットは、先にも書いたように時間がかかることと作る店の選び方である。すぐに出来あがりが見られないので合う合わないの判断がつかないのもリスクが高い。

そしてオーダースーツで気をつけたいもう一つの点は、安かろう悪かろうのものがあるという事実だ。安さや短納期を売りにしているものの中には極力作り込みを省略しているので、見た目や着心地が悪いものがある。

オーダースーツを作る際には、店選びをよく検討する必要がある。

既製スーツのメリットデメリット

既製スーツのメリットは時間を短縮でき、見て触って試着をすれば、合う合わないはその場で判断できる。

既製スーツはいろいろなところで手に入る。百貨店、スーツ専門店、セレクトショップなどでだ。

スーツを選ぶ際に大切なのはサイズである。このサイズ選びが難しいのだ。50代、60代のわれわれが選べる範囲は狭い。

メタボ体型の人はイタリアサイズで、50か52になる。これは日本サイズのLとXLに相当する。
大きいさを考えると、イタリアブランドがいいだろう。

これらはセレクトショップやメンズ専門の百貨店に置いてある。

ラルディーニ

タリアトーレ

ボリオリ

ビームス

バーニーズニューヨーク

ユナイテッドアローズ

ストラスブルゴ

エストネーション

ISETAN MENS

阪急MENS

どこまで体に合うかは何回も試着しないとわからないことがある。着丈が合っているが、袖が長かったりすることもあるのだ(袖丈はアンフィニッシュなものがあり調整できるものもある)。

以上、スーツについて見てきた。他のアイテムよりも安い買い物ではないので、確実に心地よく着られるものを選びたい。

50代、高級時計をする前に考えたいこと

高級時計に惹かれる50代

ブランド好きな人や逆にあまりブランドに興味ない人たちは、服にお金かける前に高級時計を目がいくようだ。その多くはROLEXの時計だったりする。

ROLEXが悪いというわけではない。ただ時計と着ている物が不釣り合いな人を多く見かける。
庭での水撒きのような格好なのに、高級時計はかなり変に映るし、全身がちぐはぐなファッションなのに高級時計は合わない。時計だけが浮いて見えてしまうからだ。

せっかく高級時計をするのなら、全身のファッションを底上げしたほうがいい。何も時計と同じように高級なファッションをしなさいということではない。ちょっと時計の分を服に回すだけでいいのだ。

時計と共にファッションも考えよう

ファッションはディテールも大切だけれど、全身の見た目がどう映るかで他人に評価されてしまう恐ろしさを秘めている。

おしゃれな人は全身のバランスに気を抜かない。決して時計だけが悪る目立ちするファッションはしないのだ。

これは高級時計に限ったことではなく、肌身離さず持つブランド物バッグでも同じことが言える。

そこそこのファッションをしていれば、変に映ることはない。先ほど書いたスタイルの例は異質ではなく、多くの人が陥っていることである。

ブランド物は自己表現にならない

時計とかバッグは他人にわかりやすい自己表現となるらしい。付けているだけでどのブランドかわかるし、付けていることで自己を表現していると思っている。

しかし、これはかなり危険な思い込みだ。高級時計や高級バッグはともすると、その人をブランドに頼っている人と見られてしまうことになる。ブランド物を付けることで高評価を得ていると勘違いしてしまう。

これが一点豪華主義の悪い面を助長しないことを願う。

ファッションが全身のバランスの上に成り立っていることは書いた。トータルなバランスは一点豪華主義とは対極にある。

高級時計をする前に一度ご自身のファッションを見直してみてはいかがだろうか。