アイテム

50代60代ジャケットの下には何を着るか?

前回はジャケットの下にノータイでシャツを合わせる着こなしを書いた。 


今回はシャツ以外のアイテムでは何があるのか紹介していこう。


しゃかのVゾーンを埋めるのはニットが合う。この季節のマストアイテムであるニットを合わせる。


首周りの形はクルーネック、タートルネック、ハイネックがいい。


Vネックも合わせられないことはないが、ちょっとおしゃれ初心者には難しいのでここでは取り上げない。


ニットの種類は首周りだけでなく、素材、編み方でもいろいろな顔を見せてくれる。


素材の代表格はウール。このウールに化繊やシルク、カシミアをブレンドしたものもある。


化繊の混紡は価格が低くなるメリットがある。逆にウール100%やカシミア、シルクなとを使っているほど価格が上がってくる。


また化繊だけのものや化繊の混紡はできれば避ける。手触りや作りは安っぽさが出てしまうからである。


大人はあまり安い素材を選ばずに、カシミア100%やシルク混紡などの高級素材を合わせてみよう。素材の抜け感が出てくる。


次に編み方。ニットにはハイゲージからローゲージと言われる編みの方法がある。ハイゲージは細い毛糸で編んだもの。逆にローゲージは太い毛糸で編む。

f:id:maxxkun:20191112105341p:image


仕上がりはハイゲージが薄く軽やかな感じになり、ローゲージは重厚感のあるリッチな雰囲気で防寒になる。

ではジャケットの下にはどちらが合うのか?


ハイゲージならば今から即対応できる。ニットの上にジャケットを羽織るだけだからだ。でも、本格的な冬場はジャケットの上にもう一枚コートやダウンが必要だ。


一方、ローゲージのニットはこの時期ならば上に羽織らずに一枚で事足りる。冬場はジャケットとの併用よりもコートの方が合う。 

f:id:maxxkun:20191112105245j:image

ミドルゲージのニット
 

因みにハイゲージ、ローゲージの中間にはミドルゲージがある。


ジャケット(コート)+ニットは極めてベーシックなコーディネートである。必ず着こなせるようにしたいものだ。

50代60代はこのネクタイ以外するな!

百貨店でも紳士服専門店でもいろんな柄のネクタイが並んでいる。


しかし、この中の8割は使えないと思っていい。使えないというのはネクタイが変だからだけではなく、おしゃれ初心者、50代60代には向かないということも含んでいる。


シャツ同様、ネクタイも日本独自の広がりを見せている。


良くあるのはキャラクターをプリントしたもの。いいオヤジは絶対にしてはいけないものだ。


今日も50過ぎのオヤジがゾウが散りばめられたネクタイをしていた。ジョークなら許せるが、本人が至って真面目なほどヤバい。


あと気をつけたいネクタイはエルメスのもの。
ネクタイだけで見ているときれいで美しいと感じるが、これスーツと合わせるとなると難しいのだ。おしゃれ上級者向き。


これをダボダボのスーツに何気なく合わせてしまっている人たちは多い。


失敗コーディネートの出来上がりだ。


ネクタイにもスーツに合わせやすいものとそうではないものがある。


エルメスのネクタイはその特徴的な柄が締める人を選んでしまう。


プレゼントに受け取ったことのある人も、もっとおしゃれ上手になってからにして、今はやめておいた方がいい。


さて、ネクタイの基本的ものは何か?

f:id:maxxkun:20191109224511j:image
レジメンタルタイ


小紋タイ


f:id:maxxkun:20191109222856j:image
ソリッドタイ


f:id:maxxkun:20191109222900j:image
ペイズリータイ


f:id:maxxkun:20191109222910p:image
ニットタイ


中でも上3つは定番と思っていい。
まずはこれらを揃えること。


色はネイビー系、茶系は必須。
あとはスーツなりジャケットに合う色を選ぶ。


ここで間違っても女性に選んで貰ってはいけない。なぜなら女性はネクタイそのものが良ければと思って、ジャケットなどとのコーディネートを考えないからである。


しかもそれ以上にネクタイの知識がないから危険である。


折角の親切が仇になる。 


わからなければ、ショップスタッフに聞くや。その時、合わせるスーツ、ジャケットは着て行くのが常識だ。


なぜなら、何に合わせるかでネクタイの選び方が違ってくるからである。

50代、60代のおしゃれな大人はこんな革靴を履かない

「いらない」シリーズの第3弾は革靴を取り上げてみた。


ビジネスシューズの説明は、値段よりも形から入れということを書いた。


その前に買ってはいけない革靴、ビジネスシューズがある。


これから紹介していこう。


まずはこちらの写真の革靴だ。
なぜか年齢を重ねるとこういった靴に向かってしまう傾向にある。

これは短靴本来の流れからしても亜流になる。革靴の聖地イギリスやイタリアにはまるでこのような革靴がなかなかはないが、稀である。


いわゆるオッサン靴の代表選手のようなものである。

f:id:maxxkun:20191022073500j:image


50代、60代のわれわれが履くと結構収まりがいいのが特徴と言える。だからこれらの靴を履いてしまう人が多いのだ。


若い頃からこの類の靴にハマったら抜け出せない。他の革靴の存在を知らないから、ビジネスシューズはこれだけだと思い込んでいる。


人の考えなんて狭いもので、知らなくても生きていけることがたくさんあるのだ。


次の写真は鼻先が滅法長く、爪先が尖っていて上を向いているのが特徴である。

f:id:maxxkun:20191022073520j:image

これを変な靴だと思えないならば、あなたの感覚は結構ヤバいと思った方がいい。


このブログを読んで一つ一つファッションを理解していってもらいたい。得られるものがきっとあるはずだ。


頭が固くなり、感覚が鈍ってきた世代なので、いろいろと難しいこともあるだろう。


もし、理解ができないことがあれば、気軽に問い合わせてほしい。出来る限り読者に寄り添っていきたいと思っている。

50代、60代のおしゃれな人は絶対に着ない服とは?

世の中、いろんなところでモノを買ってもらいたかっている。リアルだってネットだって同じだ。

ブログを下にスクロールして行くと、必ずと言っていいほど商品の紹介が出てくる。


テレビも雑誌もDMだったそうだ。みんなモノ(またはサービス)を買わせたがっている。


あれもこれも買うことはできないので、何かを選ぶことになるが、選び方を間違うととんでもないことになる。


服だって同じ。みんな買わせようと躍起だ。


皆がみな買って良かったというものでもない。失敗もあるだろう。しかし、初めからダメだとわかっているモノを買う必要はない。


だから、わたしは敢えて買わないでいいモノを紹介していきたいと思う。


前にも書いたと思うけれど、もう一度復習のつもりで読んで欲しい。


シャツは装飾が何もないものがいい。シャツだけだと寂しい感じもしなくはないが、過剰なステッチ、ボタンの色、ボタンホールの色、二重になった襟など、間違いなくおしゃれな人は着ない。


これらが全然おしゃれでないことを理解しなければならない。


どんなに頑張ってコーディネートを考えてもも、このシャツを着ていたらおしゃれにはならないし、見えない。


これらのシャツは4,000円代からある。まあどちらかと言えばリーズナブルであろう。


しかし、大人のおしゃれを考えた場合、これらのシャツは4,000円でも高いのだ。おしゃな人は買わないからである。


同じ価格帯でもっとマシなものがある。鎌倉シャツならば、5,900円でまともな定番シャツを買うことができる。


このまともか否かという一線はとても大事だ。こういうシャツを着ないことがあなたのファッション改造に繋がる。


もし持っているならば、すぐに手放して鎌倉シャツでも麻布テーラーでもいいので新たなシャツを調達することをお勧めする。

50代、60代。ハイブランドから専門ブランド、どんな選択をしますか?

ルイ・ヴィトンのストール
193×73、ウール100%、73,700円。

f:id:maxxkun:20191019224501j:image

https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/monogram-cosy-scarf-nvprod1640027v

ロロピアーナのストール
200×70、カシミア70%、シルク30%、81,000円。

f:id:maxxkun:20191019223917j:image

https://jp.loropiana.com/ja/p/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%95/Golden-Garza-FAI6875?colorCode=WC34

ジョンストンズ
カシミア100% 37,000円。

f:id:maxxkun:20191019223939j:image

https://lea-mills.jp/item/johnstons/wa000020-ru5917.html

グッチのストール
200×70、ウール100%、50,600円。

f:id:maxxkun:20191019223945j:image

https://www.gucci.com/jp/ja/pr/women/womens-accessories/womens-hats-soft-accessories/womens-scarves/gg-wool-stole-with-web-p-6009504G2009766?position=103&listName=ProductGrid&categoryPath=Women/Womens-Accessories/Womens-Hats-Soft-Accessories/Womens-Scarves


ビームズF
シルク100%、24,200円。

f:id:maxxkun:20191019224025j:image

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/fashiongoods/21450466427/


10万円以内でストールを買うとなったら、何を選ぶか?


ここに挙げたストールだけでも、これだけの価格差がある。


50代、60代の大人は、この中でどれを選ぶのが最適なのかについて考えてみたいと思う。
 
みな機能的には同じ「寒さを防ぐ」ためのものである。価格が低いからと言って機能面で大きく劣ることはない。


安いストールが寒さを凌げないことはないからだ。


ただ、着け心地良さとか、柔らかさとか、軽さなどは違ってくるだろう。


こんな細微なことが価格に反映されているのも事実である。


例えば、巷でもウールとカシミアだったら、カシミアの方が柔らかくて、着け心地がいいと思われている。


当たらずも遠からずで、この価格(10万円)を超えるものにウール100%のストールがある。ウールの中でも特別なもので、価格はもっと高いのだ。


ウール、カシミアと一言で言っても千差万別であって、一概にカシミアの方が高級というわけではない。


上の上位2ブランドはウール100%とカシミア70%、シルク30%の混紡である。


価格はロロピアーナの方が若干高い。両方ともに高級品だ。


ルイ・ヴィトンは誰でもわかるから、もう一方のロロピアーナについて触れたいと思う。


ロロピアーナは服地の生産も行なっている生地マーチェントだ。自分のところの最高級の生地を踏んだんに使えるメリットがある。


ここに紹介してたストールは、カシミアの柔らかいふんわり感とシルクの光沢が絶妙な滑らかさに仕上がっている。


あまり聞き慣れないブランドはジョンストンズだろう。創業200年以上続くスコットランドのニットメーカーである。カシミアを用いたストール、マフラー、ニットを得意としている。 


この中にあってジョンストンズのストールは、比較的価格が抑えられていてリーズナブルと言えないだろうか。


ルイ・ヴィトンやグッチはウール100%で81,000円と50,600円だ。ブランドの意匠代と言われるものが乗っかっているのだろうか?


実際のプロダクトの質から比べるとブランド物はやはり高い感がある。


もっともコスパがいいのはビームズFのオリジナルだ。シルク100%でこの価格である。


ストールだけでも探せばこんなに価格が違うものがある。そして、これはストールだけの話ではない。


50代、60代はわかりやすいブランド物に頼りすぎることなく、もっと視野を広げてプロダクトを選択して欲しい。

世界にはまだあなたの知らない名品が隠れているからである。

50代、60代の革靴は値段でなく形で選べ!

「おしゃれな足元から」
ファッションの話の中によく出てくるフレーズである。


意味合いとしては、足元(ディテール、細かなこと)までおしゃれに気を使っているということ。


全身で表現するファッションは頭のてっぺんから足先までを抜かないことで、全体のバランスが保たれる。


例えば、上質なスーツとネクタイを締めているのに、靴が汚れていたらどう思われるだろうか?


もったいないな。折角いいスーツで決めているのに。


靴があれじゃあダメだな。繊細さがない人だ。


なんて他人に思われてしまうかも。


ファッションの中でも靴の大切さの占める割合はあなたが思っているより大きい。


靴フェチやコレクターになれというのではない。最低の知識がないとんでもない靴を持つことになる。


靴はおしゃれのバロメーターである。


世の中には大丈夫かこの靴というくらい変な靴がある。


特にその傾向が強いのがビジネスシューズだ。黒の革靴っぽく見せているけれど
、ちょっとでもファッションを齧ったことのある人ならば変なことに気づく。


まあこんな靴を避けながら、本来のスーツに合う革靴を探してみよう。


革靴の値段は一足30万円するものから1万円くらいのものまで振り幅が物凄く大きい。


実はどの価格帯のものが適切かということは
言えないのだ。


見た目で比べてもその違いがわかる人は殆どいない。わかるのはおしゃれ通くらいだ。


だから、革靴を値段で区切ることはしない。その代わり革靴の形で話を進めていこう。


一番最初に揃えてもらい靴は黒のストレートチップだ。写真を見て貰えばわかると思うが、甲に横一文字の縫い目があるのでこう呼ばれている。


この靴は冠婚葬祭にまで履いていける万能シューズと言っていい。革靴の中では一番ドレッシーな形となる。


逆にローファーを見てみよう。この靴はかなりカジュアルなもので、ビジネススーツに合わせることはしない。専らジャケパンに合わせるとすんなりと落ち着く。


このように革靴は用途によって選ぶべ形が決まってくる。


こういうルールを知っているとそうではないのではおしゃれ度が違う。


もっと言うと様々なルールがあるのだが、今回はここまでにしておこう。


揃えるべき革靴の形。


黒はストレートチップ(これは必須)。

f:id:maxxkun:20190930042922j:image

黒のプレーントゥ(甲部分になんの飾りもないもの)

f:id:maxxkun:20190930042933j:image

茶色のキャップトゥ

f:id:maxxkun:20190930042950j:image

茶色のモンクストラップ

f:id:maxxkun:20190930042958j:image

黒のローファー

f:id:maxxkun:20190930043007j:image

写真の靴はすべてジョンロブだけれど、形のみ参考にしてほしい。

50代、60代のパンツの選び方とは?

パンツのシルエットは股下(レングス)と裾幅、わたり幅(腿の辺りの幅)で決まる。


50代、60代が穿くパンツは細すぎず太すぎずがいい。


最近の傾向として、腰回りはゆったりしたシルエットのものが出てきた。腰回りがゆったりだとちょい太の体型でも股ずれなく穿けるのがメリットだ。


私も人のことは言えないが、中年太りになった。知らぬ間に腿が太くなっていて股ずれを起こす。


そうなるとノータックのパンツは腿周りが張ってしまって歩きづらい。だからタックの入ったパンツは重宝している。

f:id:maxxkun:20190928064352j:image
ウエスト周りがゆったりしている。裾にかけてかなり細くなっているテーパードラインのパンツ。丈はノークッションに近い。

腿周りはわたり幅の2倍になる。わたり幅が長ければ太い人は穿きやすいパンツと言える。


また細身の人ほど、スキニーなどの極端に細いパンツは穿かない方がいい。なぜなら若い人ならスリムと思われるが、年齢がいった人は貧弱に見えたり、歳取ったように見られてしまうからだ。


この微妙なシルエットが合うパンツかそうでないかでおしゃれさが決めるのだ。


極論を言うと、膝から下に向かって細くなっているテーパードラインのパンツならほぼ間違いないだろう。


スーツのボトムスやスラックスは、裾幅20センチ前後。裾幅が広くなるに従って、クラシック感が漂う。

f:id:maxxkun:20190928065122j:image
ノータックのスッキリとしたウエスト周り。膝から下に向かって細くなっている。裾の長さはハーフクッション。美脚パンツである。


われわれの世代ならこのくらいがベターだと思う。


裾幅はわかった。でも、実際に購入してからすぐに穿けないのがパンツだ。パンツの長さを調整しなくてはならない。


パンツの丈。レングスはどのように考えればいいか?
これは裾幅と深い関係がある。


裾幅を短く細く取れば、丈を短めにすること。ノークッションがいい。


先程のスラックスなどドレッシーなパンツは、ワンクッションかハーフクッション。
履く靴にもよるが私の場合はハーフクッションが多い。


これも短く取るとカジュアル感が増す。本当に微妙なところであるが、間違えると悲惨なパンツになってしまうので注意したい。


よく見かけるのは裾幅が20センチくらいなのに、ノークッションもしくはそれより短いクロップド丈にしている人だ。


これだと見た目がツンツルテンのパンツにしか見えない。


また逆のパターンは長すぎるのである。歳がいくにしたがって、長い丈のパンツを穿いてしまう傾向にある。

f:id:maxxkun:20190928065158j:image
今までこんなパンツを穿いていたのでは?
丈長、幅広の典型的なオッサンパンツだ。


裾が長くないと落ち着かないみたいだ。ここから意識を変えてもらいたい。


自分が良しと思っていることが正しいとは限らない。ましてや苦手なファッションのこと。他人の意見や他人目線を受け入れる余裕が欲しい。


人の視線は初めに上半身を見る。それから引いて全体を見る。この時にパンツが見に飛び込んでくる。


疎かになりがちなアイテムでかるが、決して侮れないものだ。


上半身だけ下半身だけがいいというおしゃれはない。全体のバランスでおしゃれさが決まる。


これらのことを踏まえてパンツ選びを楽しもう。

50代、60代は実用性+ファッション性がある眼鏡をしよう

年齢とともに目が悪くなる。老眼である。好き嫌いに関わらず、老眼になると必然的に眼鏡が必要になってくる。

眼鏡がない生活は考えられなくなる.

そんな眼鏡、どんな物をしている?
コスパのいい眼鏡もあるし、フレームとレンズで十何万するものもある。

値段はさておき、眼鏡は必須。せっかくだから、実用性だけではなくて、かけた時におしゃれに格好良く見えた方がいい思う。

多くの人、約8割方の人は眼鏡をファッション性を加味して選んでいない。実用あるのみだ。それはもったいない。

眼鏡をかけることで野暮ったくなる。ファッション性から言うと、眼鏡とあなたの顔の不一致が起こっている状態だ。

眼鏡をかけることで、普段のあなたのイメージを良くする演出ができるのだ。

眼鏡の種類、あなたの顔とのマッチングによって、もう一人のあなたを作ってみても面白いと思う。

眼鏡をかけているだけで野暮ったいと思われていた時代は過去のもの。

50代、60代の大人が進んで眼鏡をかけてフッショナブルになる。なれる。

簡単に眼鏡の持つイメージを紹介しよう。

f:id:maxxkun:20190907200929j:image

セルフレーム(素材はプラスチック。色や柄など豊富な加工がしやすい)。柔らかい印象。おどけた印象も演出できる。温かい。

メタルフレーム(金属製のフレーム)。シャープな印象。クール。

フレームだけの分け方でも、こんなにイメージが違ってくるのだ。普段のあなたのをイメチェンするにはとてもよいものだと思う。

f:id:maxxkun:20190907201019j:image

眼鏡も他のアイテム同様に使い方次第で多くのメリットがあるのだ。

実用も必要、ファッション性も必要。両方を兼ね備えた眼鏡を探してみて欲しい。

50代、60代にとっていらないモノとは何か?

われわれの年齢になると、少しずつでも手持ちのモノを減らしていったほうがいい。

箪笥にしまいっぱなしの服なんてほとんど、いや絶対着ないに決まっている。

3年も5年も箪笥の肥やしにしている服は処分する。1年前のモノでもでもいい。

たぶん、残ったモノの方が少ないかもしれない。でも、それでいいのである。

処分が済んだここからが始まりだ。

買うモノを選ぶにしても、またすぐにいらなくなるであろうモノを買ってしまわないように、買わずにいいものの代表格を挙げてみた。

ファストファッションの服

つい広告の安売りを見て買ってしまった。ショップで安さに釣られて買ってしまった。

買ったモノのうちどれだけ使っているのだろう。買ったはいいが着ていない。家に帰って着てみたが合わなかった。

安い服は失敗してもいいやという安易な気持ちがある。

だから、ちょっとでもいいから高額のでも良質なモノを選んだほうが長く持っていられる。

ビニール傘

こんな便利なものを、と思ったらマズい。この安さはなくなってもいいかという安易さにつながる。でも、なぜか増えていく。安いから次々と買ってしまうのだ。

こんな無駄なことはない。この際、一本高額の傘に買って大切に持つことを覚える。高いと失くすことに気をつけたり、扱いが丁寧になる。

コレクターなら話は別だが、モノは集めるだけではダメ。使ってナンボ。使わなければ、そのうち飽きていらなくなるのがオチだ。

バブルを経験したわれわれの世代は、どちらかと言えば所有欲の強い世代だと思う。

だからこそこの年齢になったらモノを大切に使い、感謝するくらいになりたい。

50代、60代男性、今さら聞けないインナーパンツのお話

ユニクロのインナーパンツはどうか?
今季、積極的に使ったのはユニクロのAIRism(エアリズム)のボクサーパンツだった。

素材の軽さと肌への密着感がよく、パンツを履いていないかのような(大袈裟かも)感じがした。

ともあれ夏前半はこのAIRismのパンツで過ごしていた。

本当はローライズのボクサーパンツがいいのたが、ローライズだと前閉じはあっても、前開きがない。

まあ、形よりも使いやすさを優先させた感じだ。

何週間か使っているうちにちょっと気づいたことが出てきた。

汗をかく(暑いと下半身も汗をかく)。先のエアリズムパンツは吸水性はあるようだが、撥水性がイマイチ物足りなく感じた。

汗の匂いがこもってしまうのだ。かなり強烈だった。

それが嫌になって、コットン70%の混紡パンツに変えてみた。結果はそんなに匂わない。 

コットンパンツの履き心地は決して悪くない。ただ軽さや密着度が違う。

しかし、嫌な匂いには勝てず、コットンパンツに変えた。 

ユニクロのコットンパンツは、コットン70%の混紡で、やはり前開きのものを選んだ。    

履き心地はまあまあ。一つ注文したいことは、前開きの切れ込み方の角度があまり良くないのと、切れ込みが浅いようだ。

もう少しユーザーの立場で作って欲しかった。他メーカーはこの部分での不快感はほとんどない。

折角のコスパがいい良品なのであと一歩が欲しかった。是非パターンを見直してもらいたい。

また、この季節の定番と言えるメッシュ素材のものはどうか?

年を考えるとおススメはしない。恥ずかしいことだが、残尿があった場合とても困るからである。

われわれはこういうことも考えなくてはならない年齢になったのだ。自覚しよう。

ワコールメンのすそピタパンツ

その他、高価格になるが、ワコールメンのパンツ、SEEKのパンツなどがおススメである。

SEEKのすそが切りっぱなしのボクサー

但し、試着できないので、出たとこ勝負となってしまう。なるべく失敗のないようにしたいものだ。