ファッションの基本

50代、ファッションイメージを確立することとは?


ファッションはあなたが何者であるかを語ることができる

50代からのファッションを考えた場合、オフタイムでは自分本位な着こなしもさることながら、オンタイムでは自分のポジションを自覚すべきだ。

皆、様々なポジションに就いている。経営者、士業、医師、幹部社員、個人事業主。あなたのことを相手に伝えるためにはイメージを明確にしておいた方がいい。

あなたの持ちたいイメージをファッションを通して具現化する。例えば、若い女性にモテたい。もっと事業を拡大したい。そんなことでも構わない。

ファッションを用いて自己イメージを浸透させた例として、ユーグレナの出雲充社長がいる。常に緑色のネクタイで、ユーグレナのイメージをそのままを体現し、アピールした。


50代のファッションにジャケットは必要不可欠だ

私の場合、オーセンティックなスタイルの中にも爽やかを加えたい。だから好んで使う色は青、ブルー系だ。ネイビーではなく青色である。

言っておくがパーソナルカラー診断で決めたわけではない。長い間のファッション経験を通じての積み重ねから生まれたものだ。

スタイルは「スマートカジュアル」と言われるカテゴリーに属する装い。これも色と同じで結果としてこうなった。

余談だが、スマートカジュアルとはドレスコートの一つで、簡単に言うとジャケット+パンツのジャケパンスタイルのことである。

50代ならばジャケットは必要不可欠なアイテム。ブルゾン、コート、カーディガンなどの羽織物はカジュアルな場面には向いているが、ちょっとした宴席やパーティには向かない。ジャケットは何着か揃えておきたい。

経営者はこう。士業の人はスーツ。あなたのいるポジションから一般的にイメージされるファッションが絶対とは限らない。

あえて言えば、士業の人がジャケパンスタイルでもいいのである。でも、一回きりではダメだ。継続することであなたのイメージが相手に明確に伝わる。ここが大事である。先程の出雲社長がそうであるように。

ファッションイメージがてきたらブレずに継続すること

間違っても、おしゃれをするのだからと言って、あれもこれもと手を出してしまうのは厳禁。

世の中にはたくさんの物が溢れかえっている。さあファッショナブルになろうと、ブランド物に走る人もいるだろう。

ブランド物は分かりやすい。持っていることでステイタスを感じることができる。というのは遥かに昔のことだが。

本人的にはブランド物を持つことで他人に対して何かをアピールしたいと考えているらしい。だが、今は高校生でもブランド物を持つ時代。ブランド物を持っていても必ずしもステイタスの表現にはならない。言うなら自己満足でしかない。

自己満足に陥っていては先に進めない。問題は考え方が逆なのだ。物ありきではなく、自分が抱いているイメージをどうファッションで表現するかだ。

ファッションイメージができたら、ブレることなく継続である。続けることによって、あなたが何者であるかを明確に相手の脳裏に焼き付けられるのだ。

50代、中年太りを克服するファッションはあるのか?


50代のファッションは何処で何を買うがを考えること

50代中年から壮年と言われる世代は、体に脂肪が付いて太ってしまうことが多い。側から見てみっともいい体型とは言えない。おしなべて内蔵脂肪が付いたメタボ体型になっている。

こんな体型の人がどうしたらおしゃれに格好良く服を着こなせるのか。これも以前から言っている通り、まずは購入するショップを選ぶことから始めよう。

中年太りの人でもサイズが合うショップは少ない。XL以上の専門店もあるがそこにはおしゃれなアイテムというより、サイズを合わせることが優先されることが多い。


インポート物には大きなサイズがある

では、おしゃれで格好いい着こなしに対応しているものは何なのか?

ボトムスではテーパードラインのものをお勧めしたい。腰回りにゆとりのあるタック入り。これは出ているウエスト周りを少しでもカバーするためにいい。

比較的インポート物はサイズが大きいことがある。すべてがそうとは限らないが、LLやXLに対応している。

ボトムスなどはサイズがブランドによって様々である。同じウエスト50サイズでも履けるものと履けないブランドがあるし、形によっても大きさが違うものもある。

だから、同じブランドのアイテムでも試着することが肝心だ。同じタイプの大きさが同じ形も同じで、のせている生地が違うだけで履き心地は違ってくる。

上に挙げたサイズ50は、ボトムスのイタリアサイズ表記。50だと日本でのサイズではLサイズで腹囲が約90センチ。52ではXL、約94センチである。

詳細はこちらのサイズ表が役立つ。

また、セレクトショップの中で比較的大きなサイズが充実しているのはユナイテッドアローズ。サイズ54までカバーしているアイテムもある。頼りになる。


トップスはどうやって合わせたらいいのか。

トップスのシャツは腹囲と首回りに注意する。腹囲は座った時にボタンが外れそうにならないものを選ぶ。ネクタイを締めないのであれば、首回り、ネックは閉まらなくてもいい。腹囲を中心に選ぶことだ。

今は伸縮性のあるニットシャツが出ている。場面によってこんなものを活用するのも手だ。

Tシャツはピッタリだと出っ張った腹が目立つ。例外としてTシャツだけは少しゆとりのあるものにした方が良い。   

スーツやジャケットである。大き過ぎても見映えが悪いし、ピタピタだも太さを強調し過ぎる。合わせ方は肩幅で合わせてみる。袖や着丈は長さを調整できる。

大体太っている人は前身頃が閉まらない。ここはこれで許そう。肩で合わせて、袖丈、着丈を調整するのがいい。 

袖丈や着丈が短い場合は長くするのが困難なので見送る。


無理してすべてを隠す必要はない

総じて言えるのは、太っていることをすべて隠すのではなく、端正な着こなしをする方がが格好良く、相手に好印象を持ってもられる。隠し過ぎると50代が目指す大人のファッションから遠ざかってしまう恐れがある。

ゆとりのある服を着れば、多少なりとも体の線は隠れる。しかし、50代の年齢を考えるとリラックスしたシルエットが逆にだらしなく見えてしまうこともある。

30代、40代ならいろいろなファッションを取り入れても格好がつく。しかし、50代からファッションを見直すにはブレないことも肝心なのだ。

窮屈に感じるかもしれないが、基本をマスターしなければ先に進めない。あっちもこっちと言っていては今までと変わらないファッションに陥るだけだ。

太ってしまったからダメだと諦めず、そうした自分をファッションでよく見せることに努めて欲しい。

50代男性の9割がファッションを間違えている

50代男性、現実を知ることを避けてはいけない

このタイトルの裏を返せば、50代男性のたった1割の人だけがまともなファッションでいるということだ。

ほとんどの人がファッションを勘違いし、間違ったり、変だったり、ダサかったりする。

何でこんなことになってしまったのか?理由は簡単だ。ファッションについて何も習っていないからである。

教えてもらっていないのだから、皆が自分勝手、または独学で得た「こうだろうなあ」「ああだろうな」という感覚だけで、服を選んだり、着こなしたりしている。

学ぶための雑誌や今ではネットでも方法はたくさんあると思う。

間違いだらけのファッションになってしまうのはなぜか?

しかし、前にも書いたが基本が出来ていない、基礎的な知識がないからなのだ。

基本的なファッションの知識。選ぶアイテムや着こなしのコツを覚えれば間違うことはない。
至ってシンプルなことである。間違いを修正すればいいのだから。

趣味嗜好をどう取り入れるのか?

ファッションの基礎を築くならば、嗜好や趣味を考えてはいけない。極論すると、個人的な好き嫌いを言っている場合ではない。

それが出来るようになるのはもっと後。まずは9割の中から抜け出すことを優先すべきだ。他人から「おしゃれですね」と言われるようになってからでも決して遅くはない。

まずは基本的なアイテムを手に入れ、組み合わせ(コーディネート)を考える。これもある規則を覚えれば簡単だ。ほとんどコーディネートで悩むことはなくなる。

反論が出そうである。そんな画一的なファッションだと没個性で、似通ったものにならないか?

なるかもしれない。でもその着こなしがおしゃれなならば、ここは目をつぶってもいい。第一義は、間違った9割のファッションから抜け出し、あなたがセンス良くおしゃれになることである。

どのような方法で9割の間違ったファッションから抜け出せばいいのか?

まず買う場所を変えるだけで、大人のおしゃれへの一歩を踏み出せることができる。
皆さんにはあまり馴染みがないかもしれないが、50代が買うべき店は「セレクトショップ」である。「セレクト」という名が付いているだけに簡単に言うと「選ばれたもの」を集めた洋服屋と思っていただければいい。

このセレクトショップを利用することによって「余分なもの」「変なもの」を買う機会がぐんと少なくなる。それが最大のメリットだ。

代表的なセレクトショップは下記の通りである。

ビームス(BEAMS)

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

トゥモローランド(TOMORROW LAND)

シップス(SHIPS)

エストネーション(ESTNATION)

バーニーズニューヨーク(Barneys Newyork)

このあたりを押さえておくといい。50代の男性が着ても変にならないファッションと出会うことができる。

ただこれらのセレクトショップは価格面では既存のスーツ専門店やカジュアル衣料量販店には敵わない。品質は心配ないが、価格は高いのだ。

一式セレクトショップで揃えるのが難しければ、もう少し価格の低い店で購入すればいい。

セレクトショップ以外でもリーズナブルなアイテムは揃う

例えばシャツ。セレクトショップのオリジナルは1万円前後するが、鎌倉シャツならば税込7,452円ネクタイは6,372円だ。パンツはナノユニバースで1万円以下で購入できる。

探せば何とかなるものだ。50代だから全身ユニクロじゃちょっと寂しいし、逆にブランド物だけだと成金趣味的で痛い。

間違えないファッションを手に入れるために、まずは購入するお店を見直すことから始めてはいかがだろうか。

そして、なぜ百貨店をおすすめしないのか、その理由。セレクトショップ攻略法などは後日ブログをアップする。期待していただきたい。

まとめ

50代男性の9割が間違ったファッションをしている。

間違った9割から脱出するにはファッションの基本を学ぶこと。

50代はセレクトショップを最大限利用する。

探せばセレクトショップ以外にも優良店はある。

50代ファッションのゴールは、男性から「おしゃれだなぁ」と褒められることである



男性ファッションについて、女性は軽い気持ちで「おしゃれね」と言う。

タイトルに誤った表記があると思った人がいるのでは?  

「同性」ではなく「女性」からおしゃれと褒められることの間違いではないかと。

普通、女性に「おしゃれだ」と褒められることが男性にとって嬉しいはず。

でも違うのだ。女性は度々嘘をつく。嘘ということ語弊があるかもしれないが、お上手を言う。本音を隠す。

本音で言ってないのだから、その気になってはいけない。女性の言葉には注意が必要である。下手に煽てられて勘違いすることのないように。

よくある話に、洋服売り場の女性スタッフから「お似合いですね」と言われて、わからないまま洋服を買ってしまったというな経験のある人もいるだろう。

少なからず販売スタッフは、嘘でもお上手でも言って売れれば勝ちなのである。
またにそうではない信頼できる販売員もいるにはいるけど…。

女性はあなたのファッションが「変」とは言わない


おしゃれな女性、おしゃれがわかる女性は相手に向かって「おしゃれ」だとは言わない。暗黙の了解でお互いにわかるからだ。

逆に誰もあなたのファッションが「変です」とも言ってくれない。ほとんどの女性はこんな酷いことを口に出して言わない。言ったら自分がどんなふうに思われるか知っている。

優しい人でありたいから、つい「おしゃれですね」と褒めてしまう。

こんな不毛なやり取りから解放されるには本当におしゃれになるしかないのである。


おしゃれ度は同性からの褒め言葉で決まる

では、なぜ同性(男性)からの褒め言葉が出ることを目指すのか。

男性はお上手を言い難い。根が正直なので、ついおしゃれな人を見ると、「おしゃれですね」と口に出てしまう。それほど正直なのだ。

だから、正直な人の言うことは信じた方がいい。

自分の方から「俺のファッションどうかな?」と質問してみればいい。きっと的確な答えが返ってくるだろう。
「ダサあね」と。
ということで、われわれが目指すゴールは、正直な同性(男性)からおしゃれと褒められることである。


50代ファッション改造計画は慌てず焦らず


30代40代のファッションは、洋服をビジネスのツールとして戦略的に使う必要性があった。端正に外見を整えて相手に好印象を与えることだった。


しかし、50代のファッションは違う。軸足を少しプライベートファッションの側にシフトしていこう。


バリバリ仕事をしてきた実感のある人も、まだまだこれからだという人もプライベートを充実させるためにもファッションに気を使って欲しい。


どこで買ったか記憶のない服や何年も着ていない服を処分して、新たにワードローブを作る。
ケチって手持ちの服との着まわしなどを考えてはいけない。いくら頑張ってもおしゃれな着こなしにはならないので、無駄な努力はしないことだ。


手持ちのスーツは何着かあるけれど。


もし気にいるスーツがなければ、一着だけ新調してみるといい。最後に購入するスーツだと思って多少値が張ってもいいじゃないか。

間違えないスーツの選び方をすればいい。スーツを選ぶには前にも話したように、サイズ感が重要だ。

そしてドレスシャツを着て試着に臨むこと。ぴったりのサイズ感のスーツが選びやすくなる。

一方オーダースーツならば、信頼できる仕立て屋を探すことだ。リーズナブルだからと言ってすぐに飛びつかないように注意して、じっくり行こう。

※オーダースーツについては後日詳しく書きたいので、ここではこのくらいにする。

50代のファッションはプライベートなおしゃれがメインになる

普段着って何を着てるだろう。例えば、家着、近所着、町着、おしゃれ着の段階別に考えるとどうだろうか?


えっ、近所着って何? 町着とおしゃれ着は違うの?疑問があるだろうが、これは私の個人的なプライベートファッションの分類である。


家着…家の中だけでいるもの。スエットやパーカー、パジャマ。


近所着…コンビニ、スーパーストアなどに行く時に着る服。


町着…近くのショッピングモールに行く時に着る服。


おしゃれ着…都会(例えば六本木、青山、銀座など)
のようなイメージで分けている。


この中で他人の目に触れるのは、近所着〜おしゃれ着である。家着はほとんどない。


プライベートなファッションを充実させるにはこの3つ、この際、近所着は外してもいいだろう。町着とおしゃれ着、この2つのファッションをブラッシュアップすればいい。


先ほど触れたけれど、今持っているワードローブをある程度処分しなければ先には進まない。

一歩を踏み出せば、成果は後からついてくる 
今更(50代にもなって)、ファッションを整える意味なんてないんじやない? と思う人もいるだろう。


何歳になってもファッションを、おしゃれを楽しむことはできる。ファッションが決まれば外に出たくなる。おしゃれになれば注目を浴びる。自信がつく。人と会いたくなる。だから老けにくい。


アンチエイジングは何も美容だけに限ったことではない。ファッションにだってできるのだ。

まとめ


女性の「おしゃれですね」には気をつけよう


同性から「おしゃれだなぁ」と言われることがゴールである。


50代のファッション改造計画はワードローブの整理から。


お気に入りのスーツがなければオーダーしてお仕立てする。


50代のおしゃれはプライベートファッションがメインになる。

50代ファッションおしゃれになるための5つの基本とは?

サイズ感とは何か?

あなたの着ている服は動きやすいだろうか?

サイズ感、サイジングという言葉を知っているだろうか?もちろん、知らなくても問題はない。この言葉(言葉の概念)はとても大切なのでこれから詳しく説明していく。


例えば、スーツの上着が重いと感じたり、動いていると背が抜けたりすることはないだろうか?


また、手のひらの半分を隠してしまう袖丈。お尻をすっぽり覆ってしまう着丈。
これらが一つでも該当すれば、大きすぎるサイズの服を着ていることになる。これを先程の言葉を使うと、サイズ感が違うとなる。

簡単な例をいくつが出してみた。詳しく書くともっといろんなことが言えるのだが、ここでは割愛する。先に進もう。では、大きすぎるサイズの服を着ていると、他人にどう見られるだろうか?

服に着られている印象を持たれる。着ている人が貧相に見えてしまう。清潔感がなく見える。仕事ができそうに見えない。年より老けて見える。ほとんどいいことがない。

それ以上に深刻なことである。自意識過剰で他人の視線ばかり気にしているわけではないが、他人は思ったよりあなたを見ている。そのことを気づくべきだ。

勘違いして欲しくないのは、ゆとりがあってリラックスした服と、サイズが大きすぎる服を混同しないこと。最近はゆとりのあるビッグサイズの服も出てきている。トレンドに従っていれば、こういう服もありだが、50代からはトレンドを意識しすぎる必要はない。

どうすれば大きいサイズの服から解放されるのか?

大きめの服のことや体に合ってしていない服のことを、「サイズ感が合わない」ということは先程も書いた。
大切なポイントはサイズ感があっている服を着ることである。これだけで着こなしの7割方が完成したと言っても言い過ぎではない。


人にもよるが、このサイズ感を自分で意識できるようになるまでが最初のステップだ。
自分に合ったサイズを探すにはいろいろな服を着て試していくしかない。


既製服(吊るしの服、スーツ、ジャケットなどの完成品)の場合、着てみないと、どれが自分に合っているかわからない。


こんなことが起こる。同じMサイズ(サイズ46)というAメーカーのスーツとBというメーカーのスーツでは大きさや着心地が違うことは大いにあり得るのだ。


「自分は昔からMサイズなので、Mサイズならどれでも合うはず」という思い込みを一度捨ててもらいたい。


実際に試着することによって、サイズは変わってくるし、もしかしたら自分が思い込んでいたサイズ自体が間違っているかもしれない。


若い頃に比べ、一般に50代になると体の変化は著しい。タフな運動でもしていなければ、加齢と共に体が緩んできたりする。30代の時と同じ体型だと思ってしまうと、サイズ選びを間違うことになる。


とにかく試着を繰り返すこと。これは服選び鉄則である。

どこで買うかはとても大切なことである

皆さんはどこで服を買っているのだろう。

服選びを自分だけでしている人はあまりいないのではないだろうか。いかがか?

もう一歩進めて、自分で選んで買っているが、目的意識を持っている方はいるだろうか。

続きを読む