ファッションの基本

50代60代がネクタイを外すとどうなるか?

昨日はネクタイの基本的な選び方を書いた。


今回はネクタイをしない、外したらどんな風に着こなせばいいのかを提案したい。


クールビズが叫ばれて以降、スーツの需要が減ったと言われている。


ファッションのトレンドもカジュアル化の波に乗り、スポーツ系、ストリート系のファッションを取り入れたものが多く出されるようになった。


クールビズは大体9月10月くらいまでだろう。しかし、今もネクタイをしていない人が結構いる。


スーツにノータイ。ジャケット+パンツにノータイ。


シャツの首元が開いたままの状態でジャケットを着ている人を多く見受ける。


ネクタイがない状態というのは首元になんだか寂しさを感じるのか、皆エグいシャツを着ている(エグいシャツについては前にも書いたのでここでは割愛する)。

シャツは襟の形で決まる。最もスタンダード一な形はレギュラーカラーと呼ばれるものである。


われわれ世代が見ても、ちょっと古めかしさが感じられる。おしゃれ上級者がするものと思ってもらおう。


セミワイドカラー。ネクタイを締めるにはこの形が一番だ。でも、ノータイの場合は話が違う。ノータイでするならば、おしゃれ初心者を卒業してからでいい。

https://strasburgo.co.jp/coord/1000009921?page=1&ke=PRIVATE_INSTA&areaid=spinstagram&cd=1000005597,1000009921&link=DETAIL_INSTAGRAM

選択肢が狭まってきた。ならばノータイではどの襟元のシャツがいいのか? 

ホリゾンタルカラーを選ぶ。襟の開きが180度開いたもので、開襟にすると様になる。逆におしゃれ初心者は、ネクタイを締めてカッコよく見せるのは難しいので避けた方がいい。


他にノータイで様になるがボタンダウンである。もともとノータイをイメージして作られたシャツなので開襟しても決まる。


余談だが、ボタンダウンにネクタイを合わせたイタリア、イギリス、そしてアメリカントラディショナルの要素を取り入れた着こなしは、アジア人がはじめたスタイルで、今世界のメンズファッションをリーダーするほどになっている。

まとめノータイにはボタンダウン、ホリゾンタルカラーのシャツが必須。ノータイだけけれど、きれいに見える着こなしが可能だ。

追記ノータイのシャツ以外をジャケットやアウターに合わせる着こなしは次回に詳しく書く。ご期待を。

50代、60代のおしゃれな人は絶対に着ない服とは?

世の中、いろんなところでモノを買ってもらいたかっている。リアルだってネットだって同じだ。

ブログを下にスクロールして行くと、必ずと言っていいほど商品の紹介が出てくる。


テレビも雑誌もDMだったそうだ。みんなモノ(またはサービス)を買わせたがっている。


あれもこれも買うことはできないので、何かを選ぶことになるが、選び方を間違うととんでもないことになる。


服だって同じ。みんな買わせようと躍起だ。


皆がみな買って良かったというものでもない。失敗もあるだろう。しかし、初めからダメだとわかっているモノを買う必要はない。


だから、わたしは敢えて買わないでいいモノを紹介していきたいと思う。


前にも書いたと思うけれど、もう一度復習のつもりで読んで欲しい。


シャツは装飾が何もないものがいい。シャツだけだと寂しい感じもしなくはないが、過剰なステッチ、ボタンの色、ボタンホールの色、二重になった襟など、間違いなくおしゃれな人は着ない。


これらが全然おしゃれでないことを理解しなければならない。


どんなに頑張ってコーディネートを考えてもも、このシャツを着ていたらおしゃれにはならないし、見えない。


これらのシャツは4,000円代からある。まあどちらかと言えばリーズナブルであろう。


しかし、大人のおしゃれを考えた場合、これらのシャツは4,000円でも高いのだ。おしゃな人は買わないからである。


同じ価格帯でもっとマシなものがある。鎌倉シャツならば、5,900円でまともな定番シャツを買うことができる。


このまともか否かという一線はとても大事だ。こういうシャツを着ないことがあなたのファッション改造に繋がる。


もし持っているならば、すぐに手放して鎌倉シャツでも麻布テーラーでもいいので新たなシャツを調達することをお勧めする。

50代、60代が注意しなくてはいけない着こなし

今回はこれやってはダメという着こなしを書いてみる。


当たり前に思っていることでもできていない人が結構いるので、参考にして欲しい。


まずは3つある上着のボタンの留め方について。上から第一、第二、第三ボタンという。3つボタンの場合、上から2つ目の第二ボタンを留めるのが正解。よく見かけるのは、第一ボタンと第二ボタンを留めている人。または全部のボタンを留めている人だ。


2つボタンの上着の場合は、上の第一ボタンを留める。


そして、座った時はボタンを外すこと。


さらにわれわれ世代の体型だとボタンが締まらない場合もあるだろう。そんな場合は無理して締めない方がいい。服が痛むし、ウエストに横皺が入って、却ってみっともないことになる。


上着を合わせる時、首周り、背中のサイズを合わせていくので、先にウエストを合わせてしまうと、上着がダボついてしまいジャストなサイズが得られなくなる。


残念だが、ウエストを広げてもらうか、ウエストは締められないままで着ることになる。

f:id:maxxkun:20191017214537j:image

第一ボタンを閉めてしまった着方。


ビジネスシューズにスポーツソックスは合わせない。これも当たり前のようだが、やってしまっている人が実に多い。

f:id:maxxkun:20191017214557j:image


素足で履くのはあくまでカジュアルな靴に限る。ローファー、スリッポン、ドライビングシューズなどだ。


スポーツソックス以外には白ソックス、厚手のソックスがNG。

これをビジネスに使ってしまう感覚が不思議だが、多いのも事実。


ソックスの基本は靴と同色系に揃えることである。黒のビジネスシューズならば、黒、チャコールグレイ、ネイビー。


茶の靴ならば、ネイビー、こげ茶、グレイ。


また、茶系は靴の濃淡やパンツの色によって多少使う色が違う場合がある。


今回はこの2例だけだが、画像がなくては説明しづらいので、画像が見つかり次第また説明したいと思う。

50代、60代、まだ憧れる車がある人はいるかな?

やっと暑さが通り過ぎていった。
このくらいの気候ならば、秋物が着られる。


今日は近隣の駅前で、車の展示会があった。
初めてのマセラティ試乗(座っただけ)。

並んでいたのは、グランスポーツ、ギブリ、SUVのレバンテの3車種。


グランスポーツは車高が低く、まさにスポーカー。身体が前滑りですぽっと填まった。フロントエンドは全く見えない。


ギブリは4ドアクーペ。マセラティの中でも一番厳つい顔で迫力がある。

黒のメタリックが一層精悍に見えた。また、トランクルームの広さはワゴン並みなのも驚きだった。


最後、SUVのレバンテ。でかい。ポルシェのカイエンくらいある。


この車の特徴は視界性とゴージャスな内装だ。もちろん走りは…いいに決まっていると思う。

こんどは走らせてみたい。やはり車は動かして体感しないとわからないことが多い。


見ているだけで判断してはならない。何回か試乗(動かしてみる)する必要がある。


ステアリングの感触。エンジン音。サスペンションの硬軟。他にもいろいろなものを身体で感じなくてはならない。


値段はさておき、ピュアスポーカーがこんなに身近に体験できるのは嬉しい限りだ。


ここまでが前振りとは言わないが、ファッションにも似たようなことが言える。


試乗=試着


体感すること。


先日に引き続き、耳にタコができるかもしれないが、試着して体感する。


高額商品だからというわけではなく、しっかりと体感するには試着、試乗が必要なのである。


プチプラ商品でも失敗しないためには試着。
高級ブランド商品でも同じ。


私事にて、これから何年かかるかわからないが、マセラティ、憧れの車だなあ。

50代、60代が既製服を探すなら試着は絶対に必要だ!

あなたは自分のサイズを知っているだろうか?


50代、60代は自分だけで服を買うことがあまりないと思われるので、自分のサイズを知らない人が多いのではないか。


サイズがわからなければ、適切な服は選べない。


ショップに行ってサイズを測ってもらうのもいいだろう。自分のサイズを把握しておくと、服を買う時の手間と時間が節約できる。


服を選ぶには、サイズ、形、色、素材を見て判断している。サイズがわかっているのなら、この中の形と色、素材を選べばいい。


サイズ選びは簡単そうでいてそんなに簡単ではない。


巷に溢れているサイズの合っていない服を着ている人々。こんなにも多くの人がサイズエラーを起こしているということは、適切なサイズの服を着ることができれば目立つ。人よりおしゃれに見える。(他人と比べるのもどうかと思うが)


的確なサイズを選ぶには試着をするしかない。服との相性を知る上で欠かすことができないことなのだ。


色、生地は着なくても見ること、触ることである程度はわかる。でも、形やサイズは試着してみないとわからない。


特に形は、吊るしてある平面に近い状態と着た時の立体的な状態では違っている。


だから、いろいろなブランド、サイズ違いの服を試着しまくって体験することが大切である。


質より量。量は質を凌駕する。


この時大事なのは、ショップスタッフにアドバイスを求めることである。ただ闇雲に試着すればいいというものでもない。適切なアドバイスをもらいながら、自分に合ったサイズを確かめていく。


余談だが、何でも勧めるスタッフはNG。肩幅から肩甲骨にかけて体と密着しているかを丁寧にに見てくれるスタッフがいい。


試着のメリットは自分に合うサイズがわかるだけではない。着た時の心地や雰囲気、服の形(デザイン)がわかることだ。


着心地は人によって様々である。Aという服がいいと思う人とBの方がいいと思う人もいる。どちらもその人に合っているのだから正解だ。


服はちょっとしたデザインで着心地が違ってくる。ビッグネームのブランド物でも体に合わなければ価値はない。


どうだろう。試着の重要性がわかっていただけただろうか。


オーダーした服も仮縫いという試着をする。既製服なら尚更、着てみなくては相性のいい服、おしゃれでカッコいい服に巡り合うことはできない。