ファッションの基本

50代60代、スーツの着こなしのまとめ 

さて、前にも書いているが、スーツの着こなしを完成させるにはネクタイとジャケットの色、柄のバランスが要である。


下の写真はネクタイの主な種類とコーディネートの仕方を示している。


スーツの基本はネイビーとグレー系を選んでみた。


1 レジメンタルタイ

f:id:maxxkun:20191122230119p:image
1 レジメンタルタイ

f:id:maxxkun:20191122223941j:image
2 小紋タイ

f:id:maxxkun:20191122223949p:image
3 ソリッド(無地)タイ

f:id:maxxkun:20191122224100j:image
4 ペイズリータイ

f:id:maxxkun:20191122224113p:image
5 ニットタイ

中でも上3つ、1、2、3のタイは定番と思っていい。まずはこれらを揃えること。


色はネイビー系、赤系(茶系)は必須である。

1はレジメンタルタイを使ったベーシックなコーディネート。ジャケットのネイビーを拾って青系のタイにしている。


2は反対色のコーディネート。ネイビー×赤系はグッと主張がある組み合わせだ。


3はグレンチェック柄の水色のヘアラインから拾った青色系をネイビーのタイとポケットチーフで揃えている。


4は同色系でもペイズリーのタイで遊びを入れたもの。

4、5はジャケットとタイを同色系で揃えている。5はワントーンコーデと言って同色系の濃淡でコーディネートしたもの。

3、5は胸ポケットにチーフを挿している。これがおしゃれ度を上げるポイントだ。


チーフの基本は白無地。あとはジャケットやタイの色を一色拾って挿す。濃淡はありだ。

5は柄物のチーフを持ってきた。嫌味にならない程度が全体にメリハリを与えてくる。

f:id:maxxkun:20191122224303p:image

反対色のコーディネートで最も使われているのは、青系と茶系の組み合わせだ。「アズーロ(青色) エ マローネ(栗色、茶色)」はイタリアサイド人の必須な色コーデ。


われわれもマネしたい組み合わせである。

最後にシャツの説明を。
シャツの基本は白のブロード織。長袖。襟元はセミワイドスプレッド。前立ては裏前立て(フレンチフロント)。ボタンは白蝶貝。

追記
ベルトと靴の色は揃えること。

50代60代おしゃれ初心者向け、オーダースーツを作るコツとは?

f:id:maxxkun:20191115160041j:image

巷に溢れるオーダースーツは基本的にはフルオーダーではない。


フルオーダーは採寸から型紙を起こして一着一着を縫い上げていき、仮縫いをしてサイズ補正していく。


この工程を簡略化したものがセミオーダーであり、イージーオーダーである。


イージーオーダーは、既存の型紙から体型に合うものを選び縫い上げていく。


型紙は既存のものを使うので完璧なものではない。仮縫いもないので、出来上がった服を補正してより体型に近く服を作り込んでいく。


既存の型紙がピシャリと合えば何の問題もない。ただ合った型紙が見つからないと出来上がった段階でサイズを補正していくしかない。服の出来上がりに一抹の不安が残る。


実際、フルオーダーは高い。押し並べて20万円以上である。


逆に言うと、この価格を切るフルオーダーは考えた方がいい。別の不安があるからだ。


オーダー物の難しいところはその場で完成したものが手に取れないことだ。


だからオーダーなのであるが、やはり最初のオーダーは慎重にならざるを得ない。


セミオーダー、イージーオーダーの流れを簡単にまとめると、  


生地を選ぶ
生地のランクで価格が違ってくる。もちろん高級生地ほど高くなる。


形を決める
多くのオーダーサロンではいくつかのバリエーションを揃えている。大別するとイタリア型やイギリス型となる。


ディテールを決める
ボタンの種類。裏地、パンツの裾をシングルかダブルか。タックはどうするのかなど細かい部分を決めていく。


採寸する
体の寸法を測る。


ざっと書くとこんな感じである。


どこでスーツを作っても大体同じようなものであろう。


ここでのポイントは生地選びと形の決め方である。


おしゃれ初心者でなくても生地はどうやって選んだらいいのかわからない人も多いと思う。


いきなりバンチ(生地サンプルを閉じた本のようなもの)を見せられて、どれにするかと言われても迷うばかりだ。


ここは担当してくれるスタッフにとことん聞くか、服に詳しい人と一緒に行くしかない。


生地選びはとてもデリケートもので、間違えると出来上がった服がイメージと違うものになり失敗してしまう。


最初でも生地は化繊の入ってないものを選ぼう。折角のオーダーだから少し値が張ってもいいものを作ること。


高級海外生地ブランド
エルメネジルドゼニア
ロロピアーナ
スキャバル


有名海外生地ブランド
ドーメル
カノニコ
レダ


次に形であるが、自分の体型と好みの形をうまく掛け合わせて、納得のいく服に近づけていきたい。


ちょっとでも不安や違和感があれば、即座に質問すること。素人なのだからいろいろなことが分からなくて当然だ。


もし、形で迷ったらイタリア型のものを推奨する。今はどちらかというと、柔らかな着心地とスタイルがカッコがいいとされているからである。


ディテール
裾上げはダブルで、裾幅4センチから4.5センチ。シングルの方がよりフォーマルに近い。


袖口は本切羽。ボタンは重ねボタン。襟型はノッチドラペル。


ボタンはプラスチックは避け、水牛にする。


裏地は派手にさせずに、表地と同色のものを選ぶ。素材はキャプラ。


これくらい知っていればよい。この機会にぜひオーダーしてみたらどうだろうか。

50代60代の皆さん、持つ物と身につける物の違いについて考えよう

ファッションのことに限っていうと、持つ物の代表格はバッグがある。まあ肩から下げていると身につけているようでもあるが、バッグを身につけるとはあまり言わない。バッグは持つという。


身につけるものの代表格と言えば服。服を着ることは身につけることである。


この2つの事柄から何が言えるのかというと、持つ物は人を選ばないが、身につける物は人を選ぶということである。


これはおしゃれの感度が関わっている。


おしゃれじゃなくてもバッグはバッグに見えるけれど、おしゃれじゃないと服はダサく見える。


この違いは大きい。


持つ物はおしゃれ度をあまり問わないけれど、身につける物はおしゃれ度が問われてしまうのだ。


おしゃれになるには「持つ物」に注力するよりも、「身につける物」に注力すべきなのだ。


故にバッグや財布のような「持つ物」にいくら凝っても、お金を費やしてもおしゃれ度は上がらない。


やはり、「身につける物」に投資して、失敗しながらでも(なればないに越したことはない)、おしゃれ度を上げる努力をした方がいいのである。


多くの人が勘違いしているのは、ブランド物のバッグや財布を持てばイケてるような錯覚に陥ってしまうことだ。


おしゃれでないダサい人がいくら高価なブランド物のバッグや財布を持ってもダサいまま変わらないのが現実である。


まずは「身につける物」、服をいかに着こなせるかを考えて、高価なバッグを持つに相応しいおしゃれな人になってからでも遅くはない。


もしかしたら50代60代は簡単に「持つ物」から入っていないだろうか?


まずは形からと高価な物で埋め尽くしていないだろうか?


形から入るならば、「身につける物」からである。あと先の順番が入れ替わってはいけない。

50代60代がネクタイを外すとどうなるか?

昨日はネクタイの基本的な選び方を書いた。


今回はネクタイをしない、外したらどんな風に着こなせばいいのかを提案したい。


クールビズが叫ばれて以降、スーツの需要が減ったと言われている。


ファッションのトレンドもカジュアル化の波に乗り、スポーツ系、ストリート系のファッションを取り入れたものが多く出されるようになった。


クールビズは大体9月10月くらいまでだろう。しかし、今もネクタイをしていない人が結構いる。


スーツにノータイ。ジャケット+パンツにノータイ。


シャツの首元が開いたままの状態でジャケットを着ている人を多く見受ける。


ネクタイがない状態というのは首元になんだか寂しさを感じるのか、皆エグいシャツを着ている(エグいシャツについては前にも書いたのでここでは割愛する)。

シャツは襟の形で決まる。最もスタンダード一な形はレギュラーカラーと呼ばれるものである。


われわれ世代が見ても、ちょっと古めかしさが感じられる。おしゃれ上級者がするものと思ってもらおう。


セミワイドカラー。ネクタイを締めるにはこの形が一番だ。でも、ノータイの場合は話が違う。ノータイでするならば、おしゃれ初心者を卒業してからでいい。

https://strasburgo.co.jp/coord/1000009921?page=1&ke=PRIVATE_INSTA&areaid=spinstagram&cd=1000005597,1000009921&link=DETAIL_INSTAGRAM

選択肢が狭まってきた。ならばノータイではどの襟元のシャツがいいのか? 

ホリゾンタルカラーを選ぶ。襟の開きが180度開いたもので、開襟にすると様になる。逆におしゃれ初心者は、ネクタイを締めてカッコよく見せるのは難しいので避けた方がいい。


他にノータイで様になるがボタンダウンである。もともとノータイをイメージして作られたシャツなので開襟しても決まる。


余談だが、ボタンダウンにネクタイを合わせたイタリア、イギリス、そしてアメリカントラディショナルの要素を取り入れた着こなしは、アジア人がはじめたスタイルで、今世界のメンズファッションをリーダーするほどになっている。

まとめノータイにはボタンダウン、ホリゾンタルカラーのシャツが必須。ノータイだけけれど、きれいに見える着こなしが可能だ。

追記ノータイのシャツ以外をジャケットやアウターに合わせる着こなしは次回に詳しく書く。ご期待を。

50代、60代のおしゃれな人は絶対に着ない服とは?

世の中、いろんなところでモノを買ってもらいたかっている。リアルだってネットだって同じだ。

ブログを下にスクロールして行くと、必ずと言っていいほど商品の紹介が出てくる。


テレビも雑誌もDMだったそうだ。みんなモノ(またはサービス)を買わせたがっている。


あれもこれも買うことはできないので、何かを選ぶことになるが、選び方を間違うととんでもないことになる。


服だって同じ。みんな買わせようと躍起だ。


皆がみな買って良かったというものでもない。失敗もあるだろう。しかし、初めからダメだとわかっているモノを買う必要はない。


だから、わたしは敢えて買わないでいいモノを紹介していきたいと思う。


前にも書いたと思うけれど、もう一度復習のつもりで読んで欲しい。


シャツは装飾が何もないものがいい。シャツだけだと寂しい感じもしなくはないが、過剰なステッチ、ボタンの色、ボタンホールの色、二重になった襟など、間違いなくおしゃれな人は着ない。


これらが全然おしゃれでないことを理解しなければならない。


どんなに頑張ってコーディネートを考えてもも、このシャツを着ていたらおしゃれにはならないし、見えない。


これらのシャツは4,000円代からある。まあどちらかと言えばリーズナブルであろう。


しかし、大人のおしゃれを考えた場合、これらのシャツは4,000円でも高いのだ。おしゃな人は買わないからである。


同じ価格帯でもっとマシなものがある。鎌倉シャツならば、5,900円でまともな定番シャツを買うことができる。


このまともか否かという一線はとても大事だ。こういうシャツを着ないことがあなたのファッション改造に繋がる。


もし持っているならば、すぐに手放して鎌倉シャツでも麻布テーラーでもいいので新たなシャツを調達することをお勧めする。

50代、60代が注意しなくてはいけない着こなし

今回はこれやってはダメという着こなしを書いてみる。


当たり前に思っていることでもできていない人が結構いるので、参考にして欲しい。


まずは3つある上着のボタンの留め方について。上から第一、第二、第三ボタンという。3つボタンの場合、上から2つ目の第二ボタンを留めるのが正解。よく見かけるのは、第一ボタンと第二ボタンを留めている人。または全部のボタンを留めている人だ。


2つボタンの上着の場合は、上の第一ボタンを留める。


そして、座った時はボタンを外すこと。


さらにわれわれ世代の体型だとボタンが締まらない場合もあるだろう。そんな場合は無理して締めない方がいい。服が痛むし、ウエストに横皺が入って、却ってみっともないことになる。


上着を合わせる時、首周り、背中のサイズを合わせていくので、先にウエストを合わせてしまうと、上着がダボついてしまいジャストなサイズが得られなくなる。


残念だが、ウエストを広げてもらうか、ウエストは締められないままで着ることになる。

f:id:maxxkun:20191017214537j:image

第一ボタンを閉めてしまった着方。


ビジネスシューズにスポーツソックスは合わせない。これも当たり前のようだが、やってしまっている人が実に多い。

f:id:maxxkun:20191017214557j:image


素足で履くのはあくまでカジュアルな靴に限る。ローファー、スリッポン、ドライビングシューズなどだ。


スポーツソックス以外には白ソックス、厚手のソックスがNG。

これをビジネスに使ってしまう感覚が不思議だが、多いのも事実。


ソックスの基本は靴と同色系に揃えることである。黒のビジネスシューズならば、黒、チャコールグレイ、ネイビー。


茶の靴ならば、ネイビー、こげ茶、グレイ。


また、茶系は靴の濃淡やパンツの色によって多少使う色が違う場合がある。


今回はこの2例だけだが、画像がなくては説明しづらいので、画像が見つかり次第また説明したいと思う。

50代、60代、まだ憧れる車がある人はいるかな?

やっと暑さが通り過ぎていった。
このくらいの気候ならば、秋物が着られる。


今日は近隣の駅前で、車の展示会があった。
初めてのマセラティ試乗(座っただけ)。

並んでいたのは、グランスポーツ、ギブリ、SUVのレバンテの3車種。


グランスポーツは車高が低く、まさにスポーカー。身体が前滑りですぽっと填まった。フロントエンドは全く見えない。


ギブリは4ドアクーペ。マセラティの中でも一番厳つい顔で迫力がある。

黒のメタリックが一層精悍に見えた。また、トランクルームの広さはワゴン並みなのも驚きだった。


最後、SUVのレバンテ。でかい。ポルシェのカイエンくらいある。


この車の特徴は視界性とゴージャスな内装だ。もちろん走りは…いいに決まっていると思う。

こんどは走らせてみたい。やはり車は動かして体感しないとわからないことが多い。


見ているだけで判断してはならない。何回か試乗(動かしてみる)する必要がある。


ステアリングの感触。エンジン音。サスペンションの硬軟。他にもいろいろなものを身体で感じなくてはならない。


値段はさておき、ピュアスポーカーがこんなに身近に体験できるのは嬉しい限りだ。


ここまでが前振りとは言わないが、ファッションにも似たようなことが言える。


試乗=試着


体感すること。


先日に引き続き、耳にタコができるかもしれないが、試着して体感する。


高額商品だからというわけではなく、しっかりと体感するには試着、試乗が必要なのである。


プチプラ商品でも失敗しないためには試着。
高級ブランド商品でも同じ。


私事にて、これから何年かかるかわからないが、マセラティ、憧れの車だなあ。

50代、60代が既製服を探すなら試着は絶対に必要だ!

あなたは自分のサイズを知っているだろうか?


50代、60代は自分だけで服を買うことがあまりないと思われるので、自分のサイズを知らない人が多いのではないか。


サイズがわからなければ、適切な服は選べない。


ショップに行ってサイズを測ってもらうのもいいだろう。自分のサイズを把握しておくと、服を買う時の手間と時間が節約できる。


服を選ぶには、サイズ、形、色、素材を見て判断している。サイズがわかっているのなら、この中の形と色、素材を選べばいい。


サイズ選びは簡単そうでいてそんなに簡単ではない。


巷に溢れているサイズの合っていない服を着ている人々。こんなにも多くの人がサイズエラーを起こしているということは、適切なサイズの服を着ることができれば目立つ。人よりおしゃれに見える。(他人と比べるのもどうかと思うが)


的確なサイズを選ぶには試着をするしかない。服との相性を知る上で欠かすことができないことなのだ。


色、生地は着なくても見ること、触ることである程度はわかる。でも、形やサイズは試着してみないとわからない。


特に形は、吊るしてある平面に近い状態と着た時の立体的な状態では違っている。


だから、いろいろなブランド、サイズ違いの服を試着しまくって体験することが大切である。


質より量。量は質を凌駕する。


この時大事なのは、ショップスタッフにアドバイスを求めることである。ただ闇雲に試着すればいいというものでもない。適切なアドバイスをもらいながら、自分に合ったサイズを確かめていく。


余談だが、何でも勧めるスタッフはNG。肩幅から肩甲骨にかけて体と密着しているかを丁寧にに見てくれるスタッフがいい。


試着のメリットは自分に合うサイズがわかるだけではない。着た時の心地や雰囲気、服の形(デザイン)がわかることだ。


着心地は人によって様々である。Aという服がいいと思う人とBの方がいいと思う人もいる。どちらもその人に合っているのだから正解だ。


服はちょっとしたデザインで着心地が違ってくる。ビッグネームのブランド物でも体に合わなければ価値はない。


どうだろう。試着の重要性がわかっていただけただろうか。


オーダーした服も仮縫いという試着をする。既製服なら尚更、着てみなくては相性のいい服、おしゃれでカッコいい服に巡り合うことはできない。

50代、60代にとって一生モノとは? マイホームを例にとって書いてみると。

雑誌のタイトルに「一生モノ」なる言葉が書かれていることがある。


服で言えば、定番=一生モノなのか?


一生モノはあるのか? ないのか?


この2つをマイホームに例えるとわかりやすい。一生モノがあると思っている人は家を買う派。逆にないと思う人は家を借りる派である。


ある特定の場所を想定すると、月額ローン7万円。この人は賃貸料を払うよりもローンの方が月々の支払いが抑えられていいと思っている。この場所で月額7万円では住めるところがない。


また、ローンを払い終われば家は自分のものになる。


一方、借りる派のメリットは月額の支払いは大きくなるが、頭金という初めの大きな出費は必要ない。また、一定の場所に囚われないで済む。


さあどちらが得か?
というよりどっちが好きか?
どちらがあなたに向いているかだろう。


話をファッションに戻すと、家を買う派が一生モノがあると思っている人。借りる派がないと思っている人となる。

一生モノある派は、服は仕立てるものと考えていて、既製品は考えていないのかもしれない。


仕立て服ならば素材が古くたっても構わないし(ビンテージの生地を使うことを考えると生地自体が古い)、形はある範囲までならお直しすることができる。


一方ないと思っている人は、服の形や素材は毎年に変わっていく。大きく変わるのか、微妙に変わるのかは様々であるが、変わることを考えると、一生モノとしてお付き合いはできないと思っている。


こんな疑問があるからこそ、一生モノはないと断言する人がいるのは当然だろう。


拘りの服をリフォームしながら着るのか。こまめに服を継ぎ足し取り替えていくのか。


私はどちらも正解だと思う。
アイテムによって、一生モノになるものと、そうではないものに分かれる。


スーツやジャケット、靴なんかは一生お付き合いできるアイテムであろう。


しかし、先端の素材を使った、例えばダウンパーカーだと一生お付き合いはできない。


その筆頭はインナーウエアだ。直接肌に触れるものは一定期間で取り替えていく。まあヘタるのも早いが。


結局、一生モノはリーズナブルとは言えないが、長いお付き合いを考えると決して高い買い物ではないと思う。


どちらかというと私個人は、6対4て一生モノ派に近いのかもしれない。

50代、60代の男性が着る、女性に喜ばれる服とは?

女性に喜ばれる服、格好いいと感じてくれる服の筆頭はタイドアップしたスーツである。


なんだかんだ言っても女性は働く男の姿に魅了されるのだ。


但し、スーツを着てネクタイを締めればいいというものではない。どう見せるかが重要ある。


昔よくサラリーマンのグレイスーツをどぶネズミルックと揶揄された。そんな着方は論外。


女性はスーツを格好良く着ている姿に憧れるのだ。 


問題は格好よく着て見せることだが、手持ちのスーツをどうやったらできるのか?


はじめに答えを言うと、無理である。


手持ちのスーツでは女性ウケしない。理由はスーツ自体がダメだからである。


また、あなたが今まで購入している店で新しいスーツを買ったとしても結果は同じだ。


ダメなスーツをいくら新調しても推して知るべしだ。


これは既成スーツ、オーダースーツ問わず、ダメなものはダメ、いいものはいいと区分がしっかりとできているのだ。


だから、ダメなスーツを着て、おしゃれを頑張ってみても女性には響かない。


どんなスーツなら女性が喜んでくれるのか?
写真のように体をしっかりと包み込むようなスーツである。

ネイビーブルーのスーツは体と一体になっている。
このくらい体にフィットしていると美しさが出る。

スーツと体が一体になっている。大きくもなく小さくもない、ジャストなサイズの服。


例えが昔話で恐縮たが、スキーを例にとると、ゲレンデでスキーウエアに身を包んだ男がきれいなフォームで滑降してくる。この姿に女性は見惚れてしまう。


後日、その彼と都会で会ってみた。驚いたことにスキーウエア姿とは別人のスーツを着たダッサい男の姿が目の前にあったのだ。


相手の着ているものによって感情、特に女性の場合は変わる。


スーツも然り。女性の感情を震わせるようなスーツを着るべきである。


最初の一歩は無地のネイビースーツだ。タイドアップしたネイビースーツを着こなすのは簡単なようでそうでもない。


多くのスーツの中からあなたに合ったジャストサイズを選ぶのだ。オーダーでも同じ。オーダーの方が難しいかもしれない。


変なオーダー屋に頼むとダボダボのスーツが上がってくるから慎重にすべきである(オーダースーツの件についてはまたの機会に詳しく説明する)。


写真のようなシルエットのスーツが正解だ。このようなスーツを着て女性に喜ばれる演出をしてもらいたい。

f:id:maxxkun:20190923225052j:image
シンプルなネイビースーツを着こなせれば、女性に喜んでもらえる。