コーディネート

そろそろジャケットの出番かな。50代、60代が選ぶジャケットとは?

台風一過の後、結構暑くなった。36℃は堪える。

早く秋らしくなってくれるといいんだが。クールビズが終わり近づき、これからは本格的な羽織物の出番。

50代、60代が着る羽織物とはどんなものかを考えてみたい。

羽織物には、カーディガン、ジャケット、ブルゾン、ジャンパーなどがある。

中でも50代、60代はジャケットに注目したい。

この時期に買うジャケットはまだ 寒さが堪えるようではないので、厚手の生地のジャケットよりも長い期間使用できるものを選びたい。

イージーカジュアルな定番コーディネート。ボトムスはデニムを合わせた。

ちょっと寒くなれば、中にセーターやカーディガン、ベストを合わせることもできる。

ジャケットを着ることで着こなしの幅が広がることは前にも書いた。

ジャケット+パンツのいわゆるジャケパンスタイルは、特に50代、60代におススメだ。

まずはネイビーのジャケットから着こなしていただきたい。

ボトムスに同色のパンツを合わせたコーディネート。パンツはスリムなストレッチが効いたもの。

着方は、遥か以前アイビールックやアメカジが流行った時の紺ブレの要領だ。

ブレザーはどんな時代にも不変と言えるアイテムなので、押さえておいて間違いない。

ネイビージャケット、紺ブレから始めて、色のバリエーション、柄のバリエーションへと進めればいい。

ただしファッションが不得意だと思う人は、ボトムスを替えて変化をつける。

ボトムスに変化を加えたコーディネート。ジャケットがネイビーならパンツはグレイが鉄板だ。

いきなりあれもこれもとジャケットを変えるよりも、ハードルを低くくして定番ジャケットのネイビー、紺ブレを使う。

プライベートで活躍するジャケパンスタイル。ファッションを楽しむためにも是非マスターしておきたい着こなしだ。

50代からは、着こなしを良くしたい目的をしっかり考えること

なぜおしゃれになりたいのか。なぜファッションを良くしたいのか。

自分を変えたいことには目的があるはず。下世話なことでもいいので、はっきりしておいた方がいいと思う。

なぜなら目的によって着ものが違ってくるし、着こなし方も間違ってくるからである。

おしゃれな父親になって、子供の晴れの日に備えてたい。

格好良くなって、部下の女性に慕われる上司でありたい。

素敵な社長という立場から社員に尊敬されたい。

これらに共通するのは、他人からどう思われているかという、他人目線だ。

まずはおしゃれな父親像とはどんなものなのかを自分なりに考えてみる。
考えてもはっきりしたイメージが掴めないかもしれない。仮にイメージが掴めていれば迷ったりはしないはずだ。

私が考えるおしゃれな父親というのは、シンプルはアイテムをきちんと着こなしている人。ジャケットにパンツを組み合わせたジャケパンスタイルがいい。いまどき、どこに行くにもスーツの上着を着ているのはNGだ。

女性に慕われるには、清潔感は欠かせない。女性は減点法で値踏みしてくる。結構シビアだと思う。ベーシックなネイビーのスーツをさりげなく着こなす印象だ。ネクタイも色味を抑えたものにしたい。

社長という立場ならば、威厳のあっても親しみやすい印象を与えたい。グレーのスーツをビシッと着こなせたらいい。ネクタイは親しみやすい明るめの色で。

シチュエーションによって着こなし方も変わる。目的に沿わない着こなしをしても「ただのおしゃれな人」と思われるだけだ。

私たちの目標は、おしゃれを何かの行動に役立てることである。おしゃれをすることだけが目的なのではない。

おしゃれはあなたを引き立てるツールであり、その先におしゃれを楽しめたらいいのだ。

雑誌、メデイアの記事は格好いいけれど、現実の50代ファッションには向かない

雑誌に出ているコーディネートは使えるか?

批判と受け止められるタイトルから始めたけれど、雑誌の誌面で見られるコーディネートや、紹介されているアイテムは現実には難しいことが多い。

今夏は7月は冷夏。8月に入ってうだるような暑さが続いている。こんなときに「セーターで一味違ったコーディネート」というのはいかがかなものか。

格好良く見映え良くなればいいというのは、ちょっと違うと思う。

雑誌やメディアはシーズンの先取りをすることや誌面を格好良く構成することを命題にしている。

ネットが普及するまでは良かったが、ネットが今ここにある現在のファッションを提供し始めてから流れが変わったように思うのだ。

シーズンの先取りはわかる。これからのことは多くの人が知りたいことでもある。それにつけても無茶なコーディネートが許されるということには異論がある。

ストールを巻いたコーディネート。

ジャケットを着たコーディネート。

夏向けのコーディネートをしよう

Tシャツでも汗をかくくらいなのだから、この暑さには、それなりのファッションをした方ががいい。いい格好をしていても、汗だらけになりながらでは、いくらファッションがきれいでも元も子もない。

ショートパンツ。

裸足。

サンダル。

使う場所、使い方を間違えなければ、これらのアイテムは夏の定番と言える。

50代、60代のファッションは過度にいろいろなものを付けるのは憚れる。アイテムを盛って足していくプラスのコーディネートではなく、余分なものを着ないマイナスのコーディネートをお勧めしたい。

小物などのアクセサリーはいいけれど、ジャケットやセーター類をプラスするのは見ているだけで暑く苦しく映るだけである。

これらを使ったコーディネートは、ファッション誌やメディアなどでは当たり前に載っているが、これからは一般的なメディアに頼らずに自分のファッションを作ることが必要だ。

どんなにコーディネートの提案をしても、ファッションのアドバイスをしても最終的にはあなたの判断になるからだ。

人に頼らずにファッションをコーディネートできるようになることが一つの目標となる。